ボクを包む月の光−ぼく地球(タマ)次世代編− 2 (花とゆめコミックス) [Kindle]

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 日渡早紀
  • 白泉社 (2005年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (188ページ)

ボクを包む月の光−ぼく地球(タマ)次世代編− 2 (花とゆめコミックス)の感想・レビュー・書評

  • また泣いてしまった。。
    今度泣いてしまったのはモコヤマ(うーん!モコの漢字が出ない)先生の話。
    すごく先生の気持ちがわかって、心にジーンと響いたなぁ。
    そして蓮が段々やんちゃになってきて、先生は子どもを描くのが上手だなぁと思ったり。

  • まぁ、こんな生活をして、こんなレッテルを貼られたら、なかなか、こうもまっすぐには育ちにくいと思います。
    それは、物語の「嘘」ということで。そして、その物語が好きならば、その「嘘」も真実になるのかも。

    今回のありすの絡んでくるお話は、けっこういいなぁと思って読みました。
    生身の人間の弱いところなんかを感じさせてくれます。
    弱いだけではなくて、優しい。そして、弱いままでも、大丈夫だよというメッセージ。

    この人も、「ツバサ」のさくらと同じく、存在感が大きすぎて、作者にとって脇役として動かすのは難しい人なのかもしれません。

  • 2013 9/13読了。Kindle版をiPhoneで読んだ。
    『ぼくの地球を守って』を全巻読んだ勢いでこちらも全巻一気読み。
    感想は末尾にまとめて。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ボクを包む月の光−ぼく地球(タマ)次世代編− 2 (花とゆめコミックス)を本棚に登録しているひと

ボクを包む月の光−ぼく地球(タマ)次世代編− 2 (花とゆめコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ボクを包む月の光−ぼく地球(タマ)次世代編− 2 (花とゆめコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ボクを包む月の光−ぼく地球(タマ)次世代編− 2 (花とゆめコミックス)はこんな電子書籍です

ボクを包む月の光−ぼく地球(タマ)次世代編− 2 (花とゆめコミックス)のコミック

ツイートする