ボクを包む月の光−ぼく地球(タマ)次世代編− 1 (花とゆめコミックス) [Kindle]

  • 17人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 日渡早紀
  • 白泉社 (2005年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (188ページ)

ボクを包む月の光−ぼく地球(タマ)次世代編− 1 (花とゆめコミックス)の感想・レビュー・書評

  • Kindle期間限定無慮版にて。
    「僕の地球を守って」と「ふしぎ遊戯」は僕を少女マンガ嫌いから救ってくれた2作品。
    というわけで「ぼくたま」の続編があるということで喜び勇んで読む。
    が・・・
    まったく「ぼくたま」の内容を忘れてしまっているので、全然わからなかったのである。
    いやあ、すっかり忘れているよ。
    だいたいのあらすじは思い出せたが、何があってどんな結末だったか全く忘れているよ。
    登場人物も全然覚えてないよ。
    そんなわけで終始「???」であった。

  • ボク地球が大好きで、この本も発売当初に買って読んだのだけれども、前作のシリアスとは違って戸惑って、あの頃は上手に読めなかった作品。
    時が経ってもう一回読んでみようと思い、再び手に取る。
    初めて読んだ時とは、自分の置かれている環境も違うせいなのか、今読むと泣けて仕方なかった。
    蓮を思う輪くんと亜梨子もそうだけど、何よりも木蓮と紫苑の包み込む温かい愛情が泣けるなぁと。

  • Yahooコミ無料だったから。ボク球は中学生ぐらいの時にどはまったが、結構忘れちゃってるな。それはどれとして。輪とアリスの子蓮の物語。だけど、木蓮や紫苑たちの影響は残っていて。どんな話になるんだろ。

  • 2013 9/13読了。Kindle版をiPhoneで読んだ。
    『ぼくの地球を守って』を全巻読んだ勢いでこちらも全巻一気読み。
    感想は末尾にまとめて。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ボクを包む月の光−ぼく地球(タマ)次世代編− 1 (花とゆめコミックス)を本棚に登録しているひと

ボクを包む月の光−ぼく地球(タマ)次世代編− 1 (花とゆめコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ボクを包む月の光−ぼく地球(タマ)次世代編− 1 (花とゆめコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ボクを包む月の光−ぼく地球(タマ)次世代編− 1 (花とゆめコミックス)はこんな電子書籍です

ボクを包む月の光−ぼく地球(タマ)次世代編− 1 (花とゆめコミックス)のコミック

ツイートする