フェルドマン式知的生産術 ― 国境、業界を越えて働く人に [Kindle]

  • 21人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • プレジデント社 (2012年10月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (143ページ)

フェルドマン式知的生産術 ― 国境、業界を越えて働く人にの感想・レビュー・書評

  • 欧米では「情報と情報をつないで、そこに新たな意味を見いだせる人」が専門家として認められます

    既知の情報から未知の知見を探す、なかなかできません。ルール形成に関連して、よく特許情報と睨めっこしてますが、なかなかこれというのが浮かんできません。

    もっとよく見ろということなのでしょうか、そもそも見方が悪いのでしょうか。途方に暮れても何も始まらないので、睨めっこを続けながら、ルール形成の本を読み漁りたいと思います。

  • アマゾンのセールで購入。これから使えそうな技がたくさんあった。

  • ☆4.0
    フェルドマンさんの「一流のアナリストの「7つ道具」」の増補版。
    日本経済最新講義で著者に興味を持ったため読んでみようと思った。
    普段意識されていることなどを纏めている本で、使えることも多く書いてあった。

    【以下抜粋・要約】
    <序章>
    どんなに才能があっても、自制心に欠けている人は成功できない。「自制心のなさ」という一点で、他の才能の価値もゼロになってしまうのです。

    <混沌から意味を引き出す「分析力」>
    日本人に「専門家」とはどういう人ですか、と聞くと、たいていは「特定の分野についての情報(知識)をたくさん持っている人」という答えが返ってきます。これは欧米人の考える「専門家」像とはかなり違います。欧米では「情報と情報をつないで、そこに新たな意味を見いだせる人」が専門家として認められます。
    専門家の能力として共通しているのは「AとBという情報を持っていること」ではなく、「AとBという情報からCという結論が導き出せること」つまり「情報と情報の関係をつくる力」なのです。それが分析力です。
    インターネットの時代には情報が溢れています。説明を受ける顧客の側もアナリストと同じ情報を持っているのです。いまや、「単なる情報」は売り物になりません。「情報から導き出した絵=結論」を売らなければいけない時代になっているのです。
    グローバル化した時代に働く人はそれぞれの文化的ギャップを乗り越えて、顧客を納得させる技術を持っていなくてはなりません。そのためには日頃から、同じセットの情報から複数の仮説を立て、そのなかから最も説得力のある仮説を選ぶ訓練をしておくことが大切です。情報のつなげ方にはそれぞれクセがありますので、それを自覚し、別の見方もできるように心がけましょう。

    人に何かを伝えるには、最初に目的を決めることが大事です。
    何のために、誰に向けて、何を伝えようとしているのか。そこから逆算することで、プレゼンの方法が決まります。
    ☆文章の上達のためには、「ルールブック」となる本を探すことをお勧めします。(著者の場合、The Elements of Style:E・B・ホワイト)
    一九一八年に初めて出版された『The Elements of Style』(ホワイトはこれに補足して再出版しました)は、B7サイズで五〇ページにも満たない小さな本ですが、簡潔でわかりやすい文章を書くためのルールがびっしり詰まっています。
    私が最も参考にしているルールを五つ紹介しましょう。
    ①いらない言葉を省く  文章を書いたあと、不必要な部分は思い切って削り、短くします。短い文章のほうがかえって相手に強い印象を与えます。  文章を短くするのは著者の責任です。読者の時間を無駄遣いしないために、自分の時間を使うべきです。
    ②二重否定を使わない  日本語の文章でも「そうならないとは限らない」という二重否定の文章をよく見かけます。これは読者を混乱させます。わざとぼやかしたり、曖昧にしたりするという「意図」がない場合、二重否定は使わないほうがいいでしょう。
    ③文章は単純な構造に  文章にはさまざまな構造があります。時間軸に沿って、最後に結論を持ってくるピラミッド型の構造もあれば、結論を最初に述べて、「なぜなら……」とその根拠を明かしていく、逆ピラミッド型の構造もあります。  どちらもよく使われるものですが、大切なのは最初に構造を選ぶこと、そして、選んだらそこから外れないことです。
    ④能動態を使う  日本の新聞には「○○が明らかになった」と受動態で書かれた記事がよくありますが、これは不親切です。主語をはっきりさせた形で書かなければ、何が言いたいのか読み手にわからなくなってしまいます。
    ⑤強調したい言葉を文章の最後に持ってくる  文章のなかで最も強調したいところを文章の最後に置くと、読者の印... 続きを読む

  • フェルドマン式知的生産術 ― 国境、業界を越えて働く人に

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

フェルドマン式知的生産術 ― 国境、業界を越えて働く人にを本棚に「読みたい」で登録しているひと

フェルドマン式知的生産術 ― 国境、業界を越えて働く人にを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

フェルドマン式知的生産術 ― 国境、業界を越えて働く人にを本棚に「積読」で登録しているひと

フェルドマン式知的生産術 ― 国境、業界を越えて働く人にはこんな電子書籍です

フェルドマン式知的生産術 ― 国境、業界を越えて働く人にの単行本

ツイートする