女子をこじらせて [Kindle]

  • 77人登録
  • 3.61評価
    • (5)
    • (12)
    • (8)
    • (1)
    • (2)
  • 17レビュー
著者 : 雨宮まみ
  • ポット出版 (2011年12月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (139ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
雨宮 まみ
又吉 直樹
ジェームス W....
三浦 しをん
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

女子をこじらせての感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こじらせ女子という言葉の作り手でもあり、AVライターというちょっと特殊な職業に就いている雨宮さんが、「自らがどうやって女子をこじらせてきたか」を書く。

    前半はちょっと退屈だけど、後半から「男の世界で働くことで生まれる、ジェンダーとの葛藤」「こじらせ女子たちよ、うまく生きろ」みたいな話が出てきて面白かった。まるで殴り書きのように、感情の赴くままに書いてていいな。本人も言ってるように「ほぼ言い訳の構成(笑)」だけど、きれいに書くと伝わらないこともあるのかもしれない。すべてのこじらせ女子たちに捧ぐ本だからこそ、言い訳がましいのが効くのではないかなと。

    久保ミツロウさんとの対談なんて、めちゃくちゃ面白かったので、ぜひ一読あれ。

  • すごい面白くて一気読みした本。
    AVライターという仕事をしていた雨宮まみ女史の、その珍しい仕事に辿り着くまでの自伝ともいえる、一冊。
    かなり性的にごちゃごちゃした幼少期を過ごしていて、恥ずかしながら, 女性でもこんなに面倒臭い性欲を抱えるのか、と驚きました。
    性に関する悩みって、男・女で分けれるものではなくて、本当に個々人の問題である。
    所謂「いい大人」の年齢になって、本当に恋愛でダメージを負って、みっともないともいえる弱い姿を人に出せるようになったことなど、著者の赤裸々とも言える告白には、きっと多くの人が勇気付けられたんだと思います。
    また男社会で生きる女性の生きづらさみたいなものも、うまいこと言語化されてるなと思いました。
    面白かったし、考えさせられたし、デリカシー欠如と言われる自分を罪深く思いました。男性にもおすすめです。

  • わたしとはまたちがうベクトルのこじらせかた

  • すごい。
    わたしは昔から「女って複雑でよく分からない」と思っていたが、その「複雑」ってこういうことだったんだ!と目からボロボロ鱗が落ちた。

    わたしは同じ女性なのに「女子をこじらせる」という意味がちっとも分からない(しかもわたしは「こじらせ女子」という言葉をつい2ヶ月ほど前に知ったくらいだ)。この本に共感する女性が多かったので流行語になったと思うが、なぜ彼女らはそんなに自分の中に「男性」を内面化させてしまうのだろう。

    でも結局はそのことについては彼女らの中では「自明」であるとしか思えなかった。なぜならそのことについての考察がなかったから。ひたすらひたすら自分の生きる道を探そうとして、そしてどんどん追い込まれていく。

    なんだか読んでてとても苦しかった。

  • 3割読んで限界でした。エネルギーチャージできたらまた続きを読もうと思います。

  • 読んでいると自分の黒歴史もずるずると引っ張り出されることになり辛かったが、なにより辛いのは、本人が何かを悟り、読者も救われたような気分になれた展開が何回かあった一方で、結局著者はもうこの世にいないという事実である。彼女が実家に助けを求めたのは二回で、両方とも直接的には男が原因だったと読んだけれど、今回は逃げられなかったのかなあ、なんて、ほんとうの死因は知らないけれど。

  • ・自分をがんじがらめにしていたのは「自分の中にある他者の視線」
    ・「わからない人もいれば、わかってくれる人もいる」という当たり前なこと
    ・男目線で自分を鑑定し、あまりにも理想の女とかけ離れているがために、自分を否定することの繰り返しで自分に自信がもてなくなる。
    ・辛い思いをするために全部自分のせいにしなくていいということ
    ・がんばっても「もっとがんばらなきゃだめだ」としか言われないことで自己否定感が強くなったのかな〜と思わなくもない

  • 亡くなられて気になっていたので。岸さんの追悼文を読んだので。

  • 20161220読了

  • 2016年11月、40歳で急死した著者の自伝的エッセイ。
    非モテ系から「職業・AVライター」に、「こじらせ女子」という流行語の生みの親とも言われる著者の「こじらせ」た女であることの生きづらさが綴られている。
    男社会の中で女であるが故に評価されていると思うこと、女であるが故に一人前と見られないこと等々、共感できることが多々あった。
    (電子書籍 kindle)

全17件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

女子をこじらせてを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

女子をこじらせてを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

女子をこじらせてはこんな電子書籍です

女子をこじらせての単行本

ツイートする