目白台サイドキック 女神の手は白い (角川文庫) [Kindle]

  • 13人登録
  • 2.60評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 太田忠司
  • KADOKAWA / 角川書店 (2013年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (191ページ)

目白台サイドキック 女神の手は白い (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 文章が読みやすく、キャラクターも一人一人が個性があって楽しく一気に読むことができました。

    ただ続編に続けるためか事件についての真相があいまいな部分も多く、
    この1冊だけではすっきりしなかった印象もありました。

  • 面白くはあったけれど。
    最後の最後で、アレ??な感じに。

    確かに伏線はありましたけれど。
    その設定必要……だと、著者さんは思われたんですね。
    私は面白いと思いましたけど。(もごもご。)
    続編でスッキリすると良いなと期待致します。

  • どう評価していいか悩む作品。
    ミステリ的には凡庸。太田忠司に求めているところもそんなにはない感じ。只、この先の続編が見えているのでその辺りでいい感じになるのかもしれず。しかし、いろいろな問題はあるにせよ作者は終わってない作品が多いのでその辺りも心配といえば心配。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

目白台サイドキック 女神の手は白い (角川文庫)を本棚に登録しているひと

目白台サイドキック 女神の手は白い (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

目白台サイドキック 女神の手は白い (角川文庫)はこんな電子書籍です

目白台サイドキック 女神の手は白い (角川文庫)の文庫

ツイートする