凶悪―ある死刑囚の告発― [Kindle]

  • 69人登録
  • 4.03評価
    • (10)
    • (12)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
制作 : 「新潮45」編集部 
  • 新潮社 (2009年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (214ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
ジェイムズ・P・...
朝井 リョウ
伊坂 幸太郎
横山 秀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

凶悪―ある死刑囚の告発―の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 恐ろしい事件の詳細がよくわかり、取材の丁寧さが表れていた。
    事件のことを著者が調べた事実だけが述べられたものなので、ミステリー小説のように犯罪者の心理にせまった表現はないが、心理がわからないがために不気味で、また事件自体が事実であることが相まって余計に恐ろしかった。

    最後に売上が下がる一方の雑誌のあり方について述べられていた部分が印象的だった。
    深掘りしていない適当な情報は山ほどネットにある。
    雑誌が生き残る道は、深く調査し、十分に精査した情報を載せることでそれらと差別化すること。そのためには丁寧な取材が大事で、それを全うしていれば生き残れるはずだという内容。
    とても共感し、納得した。

  • "先生"が本当に普通にその辺にいそうな顔してて怖い。

  • 不動産取引と保険、やけに親切にしてくれる人には気をつけよう、と思った。

  • 既に起訴が行われている被告人(求刑は死刑)が檻の中から、自分が行ってきた新たな犯罪を自白するとともに、共犯者を告発。告発内容を信じることとした週刊誌ジャーナリストは少しずつ調査を行い、やがて犯行を確信するのだが・・・。
    実際に起こった事件について、週刊誌の報道が引き金となって捜査が進み、最終的には逮捕まで至るという、小説さながらの展開についてまとめたのが、本書である。こういう感じで「警察が認知していない犯罪」というのはもっとあるんだろうし、これから高齢化が進むともっと増えてくるんだろう。重い内容のわりには文体のおかげでサラッと読める。

  • 茨城県を中心に行われた殺人事件の真相を究明するノンフィクション作品.実行犯による暴露から「先生」と呼ばれた首謀者を追い詰めるまでの過程を描いている.土地勘がある場所が舞台だったので妙にリアリティがあって怖かったなぁ.

  • 元暴力団組長の死刑囚が、獄中から連続殺人事件の余罪を告白。その主犯はまだシャバにいるというのだ。雑誌「新潮45」に掲載され、大きな反響を呼んだノンフィクション。 

    山田孝之×ピエール瀧×リリー・フランキー競演の映画があまりに素晴らしいかったので、原作へと逆引き。どこまでが真実で、どこからが脚色なのか、実際にはどんな結末をたどったのかを知りたかった。

    筆者が事件を想像して再現してみせるくだりは、やり過ぎかと思ったが、事件自体があまりに衝撃的なので、そんな欠点もなんのその。人間の深い闇を見せられるような事件だが、怖いもの見たさであっという間に読み終えてしまった。

    映画は本年度ナンバーワンというべき傑作。見てから読むか、読んでから見るか。今なら、映画を見てからどうぞ、と言っておこう。

  • 世の中にはきっと、こんな風に表に出てこないことが沢山あるんだろうな・・・。
    お金を沢山稼ぐには仕事で成功するか、こんな汚いことをするか。
    一生懸命まじめに働いている多くの人達は結局いつも報われない。
    そんな世の中ってやっぱり間違っていると思う。

  • いわゆる「上申書殺人事件」を扱った犯罪ノンフィクションの傑作。事実は小説より奇なりの言葉通りの展開で一気に読んでしまった。単行本の初版が書かれたのは、事件が立件される前。したがい、上申書の対象である「先生」の本名は「文庫版でのあとがき」までは明かされず、「先生」の不気味さを醸し出している。
    ノンフィクションの要となるのは上申書を提出した死刑囚と人の命をなんとも思わない土地ブローカーである「先生」の対決。両者とも共通しているのは類のない凶悪人であること。「先生」の指図によって、死刑囚が犯した3件の殺人の真相に「新潮45」の記者が迫ってゆく。
    最高裁に上訴中の死刑囚が上申書を提出して、犯罪のパートナーであった「先生」の犯罪を暴いてゆくという事実が前代未聞。半信半疑が記者が、地道な取材によってだんだんと死刑囚の言葉を裏付けてゆくという過程は読んでいて快感を得た。ただ、殺人の描写はリアルすぎて読めず。映画化もされるそうだが、たぶん見ないだろう。

全10件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

凶悪―ある死刑囚の告発―を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

凶悪―ある死刑囚の告発―はこんな電子書籍です

凶悪―ある死刑囚の告発―の単行本

凶悪―ある死刑囚の告発―の文庫

ツイートする