天使と悪魔 文庫 上・中・下巻 完結セット (角川文庫) [文庫] [Jan 01, 2003] [文庫] [Jan 01, 2003] [文庫] [Ja... [文庫] [Jan 01, 2003] [文庫] [Jan 01, 2003]

  • 51人登録
  • 4.31評価
    • (6)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
  • 2003年発売
  • Amazon.co.jp ・本

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

天使と悪魔 文庫 上・中・下巻 完結セット (角川文庫) [文庫] [Jan 01, 2003] [文庫] [Jan 01, 2003] [文庫] [Ja... [文庫] [Jan 01, 2003] [文庫] [Jan 01, 2003]の感想・レビュー・書評

  • これがロバート・ラングドン博士のシリーズ1作目。
    映画とは順序が違う。

    ローマに行ってみたい。
    「天使と悪魔」はまるでガイド・ブックのよう。
    時々googleマップ確認すると面白いかもー

    このシリーズの中で、
    「天使と悪魔」、「インフェルノ」が好き。

  • 「ダヴィンチコード」に引き続き、やっと読了。
    「ダヴィンチコード」にて真犯人の正体がしてやられた感じがあったので、今回は注意深く、してやられないように犯人を推測しながら読んだ。

    犯人は結局、予測はしていたけれども、それでもやっぱりなんかしてやられた感は否めなかった。それほど面白かった。

    舞台がローマで実際に行ったこともあってか、街並みとか想像がつきやすくて良かった。
    何か、宗教って人にとってどんな存在なのかちょっと考えさせられたりも。
    この小説を読んでローマに、ヴァチカンに遊びに行けばもっと楽しかっただろうーなー

    映画も見てみたいなー

  • はらはらどきどき。
    ためになる。
    キリスト教。
    絶対原作の方がおもしろい。
    個人的にはダビンチコードより好き
    でも下巻の一番の見せ場は無理やりすぎたし犯人の犯行計画もむりやりすぎ
    ん?ってなってしまった
    このひとのサスペンスのおちって大体一緒なんだなーってわかったよね。

  • ダヴィンチ・コード、インフェルノのダン・ブラウンさん。フィジカルの弱いインディ・ジョーンズシリーズ。ヴァチカンの名所を回りながら謎を解いていく様はお遣いRPGを彷彿とさせますが、テンポが良いので飽きません。Falcomゲー、テイルズ、スターオーシャンをやったことあるひとにもお勧め。

  • 先日、ローマにいった勢いで読んでみました。何をいまさらという感じかもしれませんが、まだ記憶に残るローマー・ヴァチカンの情景とともに楽しめました!
    たぶんダビンチコードはまた、来欧したときに(余裕があれば)読みます。

  • 面白かったー
    読み終わってからDVDを借りて見たら、本の方が全然面白い。次はダヴィンチコード読みます。

  • ダンブラウンの小説はいつもワクワクドキドキなのでどんどん読み進めていくことができる。
    システィナ礼拝堂や四大河の噴水、聖女テレサの法悦など実際に見てみたいと思う。

  • ダン・ブラウンさんの作品はダヴィンチ・コードから。
    相変わらずのテンポのよさ、面白い!!
    ただダヴィンチコードに比べると感動しなかったかなー。

  • 『ダ・ヴィンチ・コード』も読みかけなのですが
    共通するテーマがなんとなく見えたような気がしてます。
    思想・精神・信念・信仰…そんな類のものなのかな、と。

    上手く言えないけど…そういったものが人を突き動かし
    見えるものを見えなくさせ、聞こえるものをかき消しうるんだってこと。

    もうひとつ、大きなテーマと思えるのが「神とは何か?」という問い。
    信仰とかぶるけどね。
    とにかく、唯一無二の神を否定している感じ…だと思う。

    各々の世界の中心が異なることを肯定してて、
    それが有形物である必要もない…。こんな流れ。
    その上で、「神とは何か?」みたいな。

    信仰の自由と、信仰を理由にした行動に対する責任っていうのかな。
    それを訴えるような。

    この本のタイトルに関して考える要素もちらほらと出てきます。
    簡潔に言ってしまえば、「相対性」「表裏一体」ではないかと。
    光があれば影ができるように、相反するものでありながら
    どちらかがなくなれば存在することが適わない。
    そういった意味で、敵でありながら友とでもいうべきか
    両極端でも同じ直線上にあって、手をつなぐことか可能なもの。
    そんな理解で、私はいます。
    もうひとつ思うのは、この本に出てくるある人物を示しているのでは、とか。

全10件中 1 - 10件を表示

天使と悪魔 文庫 上・中・下巻 完結セット (角川文庫) [文庫] [Jan 01, 2003] [文庫] [Jan 01, 2003] [文庫] [Ja... [文庫] [Jan 01, 2003] [文庫] [Jan 01, 2003]に関連する談話室の質問

天使と悪魔 文庫 上・中・下巻 完結セット (角川文庫) [文庫] [Jan 01, 2003] [文庫] [Jan 01, 2003] [文庫] [Ja... [文庫] [Jan 01, 2003] [文庫] [Jan 01, 2003]を本棚に登録しているひと

天使と悪魔 文庫 上・中・下巻 完結セット (角川文庫) [文庫] [Jan 01, 2003] [文庫] [Jan 01, 2003] [文庫] [Ja... [文庫] [Jan 01, 2003] [文庫] [Jan 01, 2003]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

天使と悪魔 文庫 上・中・下巻 完結セット (角川文庫) [文庫] [Jan 01, 2003] [文庫] [Jan 01, 2003] [文庫] [Ja... [文庫] [Jan 01, 2003] [文庫] [Jan 01, 2003]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天使と悪魔 文庫 上・中・下巻 完結セット (角川文庫) [文庫] [Jan 01, 2003] [文庫] [Jan 01, 2003] [文庫] [Ja... [文庫] [Jan 01, 2003] [文庫] [Jan 01, 2003]を本棚に「積読」で登録しているひと

天使と悪魔 文庫 上・中・下巻 完結セット (角川文庫) [文庫] [Jan 01, 2003] [文庫] [Jan 01, 2003] [文庫] [Ja... [文庫] [Jan 01, 2003] [文庫] [Jan 01, 2003]はこんな本です

ツイートする