PRESIDENT (プレジデント) 2013年 8/12号 [雑誌]

  • 89人登録
  • 3.36評価
    • (2)
    • (7)
    • (10)
    • (3)
    • (0)
  • 8レビュー
  • プレジデント社 (2013年7月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910276520835

PRESIDENT (プレジデント) 2013年 8/12号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • 状態目標を達成するために、行動目標を設定。
    自己アピールをする。
    仕事の報酬は仕事
    全員がリーダーとしての意識を持つ。

  • 社内で目の前の仕事に集中しているか。
    行動目標を立てているか。
    なりたい自分をイメージして演出しているか。
    仕事の報酬は仕事を意識。

  • 役に立った記事は、
    「5分で氷解!難しそうで読めなかった話題の書」、特に統計と科学の項。科学の欄で取り上げられていた『はじめての現代数学」と『光と物質のふしぎな理論』を読んでみたいと思った。
    小宮一慶氏の重読する書籍は、菜根譚(洪自誠)、論語の活学(安岡正篤)、道をひらく(松下幸之助)、実践経営哲学(松下幸之助)、修身教授録(森信三)、道は開ける(カーネギー)、抄訳マネジメント(ドラッカー)、巨富を築く13の条件(ナポレオン・ヒル)。
    また、小宮一慶氏の「地位が上がるほど多くの勉強が必要となってくる」の解説図が絶妙。地位が上がるほど業務部分の勉強は不要となってきて、人生観を養うことが必要となってくる。
    また、飯島勲氏のコラムで、野田佳彦前総理を評価していたが、これには同感。強烈なリーダーシップはなかったが、民主党をうまくまとめ、総理大臣としての職務を果たせた人だったと思う。

  • 自戒と未来将来。意識付け。

  • 「上位2割に入る人と、それ以外の人。何の差といえば、勉強量の差です。同じ大学を出て、入社答辞はほぼ同様の能力でも、30代後半から40台前半のころになると、そのサガ想像以上につく。勉強を怠っていた人がそのとき気づいても後の祭りです」といってなげてしまってはいけません。

  • 20代;実務と勉強をサンドウィッチ的に行う 30代;数字に鋭くなる、数字から他の人と違うことを読み取るセンスを磨く 40代;古典を読む 50代;経営幹部候補担った人は自己否定と自己反省。出世とは無縁の人は人間力のよさや自分の培ってきたスキルを社外で披露することで再就職につなげる。教養をつけることも重要

    英語について;Skype英会話、英作文をチェックしてもらう、話す・聞く・読む・書くの4つの力を同時強化する

全8件中 1 - 8件を表示

PRESIDENT (プレジデント) 2013年 8/12号 [雑誌]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

PRESIDENT (プレジデント) 2013年 8/12号 [雑誌]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

PRESIDENT (プレジデント) 2013年 8/12号 [雑誌]を本棚に「積読」で登録しているひと

PRESIDENT (プレジデント) 2013年 8/12号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする