ST 警視庁科学特捜班 黒いモスクワ (講談社文庫) [Kindle]

  • 24人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 今野敏
  • 講談社 (2004年1月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (186ページ)

ST 警視庁科学特捜班 黒いモスクワ (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 科学特捜班が殺人事件を解決する話。
    今回はなぜか都合よくモスクワで全員集合。都合のよすぎる展開に少し驚いたが、2時間ドラマを見ているような安定感がある。

  • STシリーズの第三作目。
    今回の舞台はなんとロシア・モスクワ、お馴染みSTの面々がポルタ
    ーガイスト現象等を含んだあまりにオカルティックな事件に挑む、
    という刺激的な展開。

    今野敏の得意分野と言えば、まずは警察、そしてスパイ、さらに
    陰陽道などのオカルト系に加え、空手・古武術を中心とした格闘技系
    などが上げられる。このST・初期シリーズの最終作は、それらの要素
    を全てぶち込んだ意欲作。

    柔術の達人、黒崎勇治を軸に話は進むのだが、この作品ではこれまで
    冴えないキャップという定位置に甘んじていたキャリア、百合根友久
    が存在感を存分に発揮。ここに来てキャスト全体がそれぞれ特異な
    個性を持つ超頭脳派集団として改めてアピールすることに成功している。

    さて、お次は色シリーズ。
    ちょっとだけお休みして、一気に行くつもりですよ、ええ。

  • ついいに海外出張編。
    言葉が自由に通じすぎ、なんて野暮は無いしで。
    赤城さんの俺様と、STのスキルは
    モスクワ秘密警察相手に通じるのかしらん。

  • 急に海外って、どうなの?と思いましたが、それぞれのキャラクターはどこへ行っても変わらない姿勢が良かったです。
    今回出て来たキャラクターもなかなか魅力的だったし・・・シリーズの他の作品も読んでみたいです。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ST 警視庁科学特捜班 黒いモスクワ (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ST 警視庁科学特捜班 黒いモスクワ (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ST 警視庁科学特捜班 黒いモスクワ (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ST 警視庁科学特捜班 黒いモスクワ (講談社文庫)はこんな電子書籍です

ST 警視庁科学特捜班 黒いモスクワ (講談社文庫)の文庫

ST 警視庁科学特捜班 黒いモスクワ (講談社文庫)の新書

ST 警視庁科学特捜班 黒いモスクワ (講談社文庫)のAudible版

ツイートする