劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 超豪華版(初回限定生産版) [Blu-ray]

  • 50人登録
  • 4.10評価
    • (6)
    • (11)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
監督 : 佐藤卓哉  浜崎博嗣  若林漢二 
出演 : 宮野真守  花澤香菜  関智一  今井麻美  後藤沙緒里 
  • 角川書店 (2013年12月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111900975

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 超豪華版(初回限定生産版) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 助手が可愛すぎました。

  • シュタインズゲートに到達し紅莉栖を救ってから1年後を描いた劇場版。
    アメリカから1年ぶり秋葉原へと帰って来た紅莉栖と再会した岡部だったが、突如激しい頭痛に襲われ、脳裏に別世界線での記憶が蘇った。
    岡部は過去に繰り返した歴史改変とリーディングシュタイナー発動の代償として、R世界線に飛ばされ、皆の記憶から消えてしまった・・・
    紅莉栖は彼の記憶が薄れてしまった世界線で「この世界に足りないもの」を取り戻す為、タイムリープする・・・
    といったプロローグ。

    TVアニメ版は岡部が中心となってまゆりや紅莉栖を救う物語だったのに対し、この劇場版は牧瀬紅莉栖が主人公となって岡部を救う物語。
    また、岡部が何故「鳳凰院凶真」を名乗るようになったかも判明します。
    よく出来た続編(エピローグ)だったように感じます。
    よかったらチェックしてみて下さいな♪

  • シュタゲの完全新作。後日談。尺が短いのか、後半が「え?これ時間内に終わるの?」と不安になる程かなり駆け足気味に感じられた点を除けば、ひたすらに良いお話でした。いろいろと切なすぎる。ちなみに小説版の方はその辺きちんと省略せずかなり細かに描写されているので、併せて読むことを強くおすすめします…。なおTV未放送のスペシャルエピソード、25話がほんの少し前提として入ってくるので、できればそっちを先に見てからの方がいいかも。また原作プレイ済みの人でないと分からないカットも中にはあったりしてかなり嬉しかった記憶があります。
    特典の新録ドラマCD、「現存在のアポステリオリ」もこれまた本編の補完になっていてよかった。こちらは本編視聴後に聴くことを推奨します。また、付属のサウンドトラックやブックレット、買い逃していたコンプティークからの再録ドラマCDにも大満足。
    総合的に見て、買ってよかったと胸を張れる作品でした。これでもう少し尺があれば…。

  • 劇場版シュタインズゲート負荷領域のデジャヴです。

    シュタゲはゲーム、アニメと最高でしたが、
    劇場版はどうかっ!?
    結論から言うと最高でしたヽ(・∀・)ノ

    生きている意味なんて考えたこともないけど、
    大切な人を失うのツラすぎます。
    劇場版の為、恋愛要素は強めなんだけど、
    牧瀬紅莉栖視点でそぅきたかとっ!
    紅莉栖かわいすぎるっ( ゚д゚)w

    この作品に出会えて良かったヽ(・∀・)ノ

  • 2013年。製作国日本。声の出演宮野真守 花澤香菜。

    いくつか「よい」と言えるシーンがある。「だっこ」と名前を思い出すシーンと、雨宿りのシーン。すべて助手がらみ。本当は星2つなんだけど、この3つはよかったのでおまけである。

    だがそれ以外は脚本、演出ともに不合格である。不満だからなので何から書いたらいいか分からない。脚本を3回書き直していただくのは当然として、それでもなお残る不満は、演出の緩急が物語の緩急と全くいない、という点だろうか。カーブでアクセルを踏み、直線でエンジンブレーキ、みたいな印象を受けた。

    劇場に観に行こうかと思っていたのだけど、行かなくてよかったかな。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 超豪華版(初回限定生産版) [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 超豪華版(初回限定生産版) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 超豪華版(初回限定生産版) [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 超豪華版(初回限定生産版) [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする