BRUTUS (ブルータス) 2013年 8/15号 [雑誌]

  • 92人登録
  • 3.59評価
    • (3)
    • (7)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
  • 7レビュー
  • マガジンハウス (2013年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910277530833

BRUTUS (ブルータス) 2013年 8/15号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • 山口晃氏に釣られて. 総じて良い雑誌でした

  • 日本美術ってどんなもの?な人にオススメ。
    キャプションやタイトルが面白く、苦手意識を持っている人でも楽しく読める。
    書の観賞のツボの特集もあり、興味深く読んだ。「書はわからない!」と思っていたが、この記事が取っ掛かりになりそう。

  • それぞれの時代の現代風の言葉を交えた解釈がおもしろかった

  • 日本文化好きだけどちょっとディープ過ぎや…。・゜゜(ノД`)

  • BRUTUSなんぞ普段は絶対に買わないが特集が興味深かったもので。

    各時代、見開き2〜4ページで簡単な概略と代表作品を並べた形。ページ数もそれほどないので内容としては中学の日本史レベルだったが、「トーハク」にこれだけの美術品があるという方に驚いた。そういえば行ったことなかったので、一度行ってみるべきか。上野は使い方次第で面白そう。

  • 弥生時代
    用の美

    飛鳥奈良時代
    仏教伝来

    平安時代
    地震、飢饉... 密教と浄土宗

    鎌倉・南北朝時代
    運慶

    室町時代
    世阿弥

    安土桃山時代
    狩野永徳

    江戸時代
    浮世絵 歌川国芳

    写実画風 円山応挙、伊藤若冲

    明治時代
    黒田清輝 印象派に学ぶ
    伝統美術の復興 フェノロサ、岡倉天心 横山大観

  • 書を捨てて、美術館へ行こう(とは書いてませんが、、、)

    マガジンハウスのPR
    「縄文時代から明治時代までの、国宝138件、重要文化財884件、収蔵総数およそ11万6千件(寄託品を含む)。トーハクこと東京国立博物館の平常展(総合文化展)では、この数の収蔵品が年間300回も入れ替えられながら展示されています。

    「用の美」が際立つ弥生時代、和様の文化が育ち始めた室町時代、西洋美術とのせめぎあいを繰り広げる明治時代。トーハクに行って国宝重文の数々を眺めれば、日本美術の全時代、全方位が見えるのです。分かるんです。

    山口晃さんの書き下ろし作品が表紙を飾る今号では、各時代のトーハク収蔵品から数点を選びながら、日本美術総まとめをしてみました。その時代の背景を読むことで、日本美術への理解も味わいもより一層深くなっていきます。さらに、ブルータスは「書いてみること」も勧めます。現在、東京国立博物館で開催中の特別展『和様の書』で展示されている作品は、解説だけではなく“練習”ページも設けました。書くことで日本美術を感じてください。糸井重里さんも「書」を観て、書きました。

    1冊を読み終える頃には、“本物”を見てみたい気持ちがムクムクと湧き上っていることでしょう。迷うことはありません、東京国立博物館へ足を運んでください。展示を見ていると、今度は今号を読み込んでみたくなるはずです。こうして、アートラバーへの道を歩んで行くのもいいかも知れません。」
    http://magazineworld.jp/brutus/760/read/

全7件中 1 - 7件を表示

BRUTUS (ブルータス) 2013年 8/15号 [雑誌]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

BRUTUS (ブルータス) 2013年 8/15号 [雑誌]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

BRUTUS (ブルータス) 2013年 8/15号 [雑誌]を本棚に「積読」で登録しているひと

BRUTUS (ブルータス) 2013年 8/15号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする