宝石の国(1) (アフタヌーンコミックス) [Kindle]

  • 237人登録
  • 3.78評価
    • (10)
    • (22)
    • (13)
    • (4)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 市川春子
  • 講談社 (2013年7月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (198ページ)

宝石の国(1) (アフタヌーンコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 役割がなければ生きている意味はないのか?シンシャに答えを渡せる日は来るのか?月人の秘密は?たのしみ〜!

  • 虫と歌、以来の市川春子。危険な香りがプンプンするので安易に手を出さずにいたのだが、一気に最新巻まで読んでしまった。漫画だと動きがよくわからんのでアニメもチェックした。あと漫画は顔の判別が難しくて読むのに時間がかかる。登場人物の思考回路に無理があるような気もするが、そんなの気にならないくらいの世界観。

  • Kindle無料版で。
    アニメ鑑賞中。
    アニメが面白くて、原作も良かった。

  • 2巻発売時から追いかけてますが、とうとうアニメ化したんですね…!独特なキャラと世界観が好きです。

  • 流行物は好かないって常々言い張ってるのになー。
    アンターク、アンターク。

  • 毎回先の展開が気になる話運びと、魅力的なキャラクターたち。3巻まで読むと、話の軸が主人公フォスフォフィライトの成長なのだとわかってくる。読み返すとフォスは全く人に話を聞いていないという。頑張れフォス。シンシャがお前を待っている!

  • 擬人化された宝石たちが暮らす星の物語。宝石たちは,各々の特性に似合う仕事をし,月から来る敵から自らを守る。擬人化といっても人の形をして喋るだけで,本当に宝石。脆いフォスフォフィライト。毒のシンシャ。同じダイヤモンド属でも純粋で弱いダイヤモンド,最強のボルツなど。とても変わった世界観の変わった物語。絵も独特。

  • 人型をした宝石生命体/バトル/ファンタジー
    17.06.21 07巻up

    1-07巻 続

  • 不思議なお話だった。

  •  宝石擬人化マンガ。
     0円になっていたので購入。
     世界観が幻想的で惹き込まれる。しかし、もう一度読み返したいかと言われれば微妙。綺麗なのだが、内容はそんなにないと思った。
     宝石に詳しくないので、名前が金剛先生とダイヤ以外ピンと来なかった。
     恋愛云々と言っていたが、宝石に性別があるのか、性別関係なくそういった感情があるのか。

全11件中 1 - 10件を表示

市川春子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

宝石の国(1) (アフタヌーンコミックス)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

宝石の国(1) (アフタヌーンコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

宝石の国(1) (アフタヌーンコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

宝石の国(1) (アフタヌーンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

宝石の国(1) (アフタヌーンコミックス)のコミック

ツイートする