だいじょうぶ3組 DVD(2枚組)

  • 34人登録
  • 3.16評価
    • (1)
    • (6)
    • (9)
    • (1)
    • (2)
  • 10レビュー
監督 : 廣木隆一 
出演 : 国分太一  乙武洋匡  榮倉奈々  田口トモロヲ  余 貴美子 
  • 東宝 (2013年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104077745

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

だいじょうぶ3組 DVD(2枚組)の感想・レビュー・書評

  • 乙武洋匡さんの実話本の映画化で本人が本人役で出演。実際、いろいろ大変だったんだろうけど、子どもたちには「障害って」ってことが身を持って理解してもらえるクラスだったんだろう。きっとかけがえのない体験だったんだろうと思う。教員として迎えた学校も”実験”だったろうけどすごいよね。

  • 「だいじょうぶ。だいじょうぶ。」
    真摯な先生だからこそ、生徒を救えるなんて簡単には言わない。
    けれどそんな先生が言ってくれる「大丈夫」だからこそ、生徒の心に響く。
    大切な人に「大丈夫」といってあげたくなる。
    そして大切な誰かに「大丈夫」といってもらいたくなります。

  • 人との関わり、これこそが教育の原点じゃないかなぁ。
    どんな人に出会って、どんな関わりをして、何を感じ、どうするか。それが大事なんだと思う。

    教育によって成長することは、自分自身のためでもあるけれど、たぶん、誰かのためでもあるんじゃないかな、とも思った。
    成長した自分が、誰かのために何かしたいとか、貢献したいとか、そういう気持ちって、あるんじゃないかな、と。
    そういう気持ちが、社会でいきるってことに繋がるんだよなー、とか。

    金子みすゞさんの詩が出てきたけど、素敵な授業してるなって思った。みんな違ってみんないいってことは、私も子どもたちに伝えていきたいと思うことのひとつ。

    いいところもみんな違っていい。苦手やできないことだって、みんな違っていい。
    映画観ながら私も授業受けさせてもらった気分。
    一瞬でも方の肩が抜けた。

    あと、全然違うシーンだけど
    「強い人」だって言われた主人公の先生が、「弱いから強いふりをしてるだけ」って答えたその言葉がすごく印象的だった。

  • 子どもの演技力が、大いに求められ、難しかったろうに。いつも乙武さんには教えられるばかり。

  • 原作を読んだ後の視聴。
    二時間に纏めたため、駆け足の印象であった。一つ一つのエピソードにかける時間が短く、生徒・赤尾先生双方の成長のきっかけになるには薄く感じられる。そのため、生徒が赤尾先生に厚い信頼を寄せていたことに違和感を覚えた。
    映画ではなく連続ドラマとして放映していればよかったように思う。

  • やっと見る気になる。最後のメッセージが完成したからかな。結果より成長、ほんとだね。みんなちがって、みんないい。私は○○だけど、○○だよ。子どもって無限の可能性を秘めてて、その近くで成長を見守る親や教師ってやっぱりいいなって心の底から思った。ありがとう、だ。20140320.

  • 乙武さんの講演を聞いたばかりなので、この映画はぜひ見たかった。

    素直にこどもたちの成長を映画の中にも感じられて
    感動できる映画です。

    乙武さんが実際に小学校の講師として働いた経験が散りばめられて
    いることも素直に受け入れられる内容になっています。

    現場は乙武さんをバックアップするために相当な苦労があると思いますが
    それでも、こどもたちにとっては何にも替え難い経験になると思います。

    それをたくさんの人に知ってもらう機会になったこの映画は
    やっぱりすばらしい!!

  • だんなさんが観たいといっていた『だいじょうぶ3組』
    神戸にて鑑賞。びっくりしたのが、木曜レイトとは言え、なんと私達だけ!
    貸切状態で(苦笑)

    映画は原作にほぼ忠実で、加えて国分くんの出番も多め仕様で、
    でもとにかく乙武くんてほんとすごいなーと思いながら、
    こちらも笑って、泣いての感動でした。
    観てよかったです。

    乙武くん最優秀新人賞は確実。

    http://onionmovie.jugem.jp/

  • 松浦西小学校5年3組の担任教師として手足のない障害者の赤尾先生が赴任してくる。
    赤尾先生の幼馴染で補助職員の白石先生には、以前は教師だったが子供達への接し方がわからなくなり教育委員会へ異動した過去があった。

    予告編 http://youtu.be/niM-zBGMUsE

    乙武さんの同名小説を、赤尾先生から補助職員の白石先生に視点へ変えて映画化。
    原作からはプールとか転校とかバレンタインのエピソードは削られてる。
    子供たちが生き生きと自転車を走らせるシーンは子供の頃を思い出す映像だったな~。
    泣けるシーンも多数。文乃役の子役がすごいがんばってた。

全10件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

だいじょうぶ3組 DVD(2枚組)はこんな映画です

ツイートする