ドラマCD(囀る鳥は羽ばたかない)

  • 77人登録
  • 4.39評価
    • (15)
    • (16)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
アーティスト : (アニメCD) 
  • フロンティアワークス (2013年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4562207987875

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

ドラマCD(囀る鳥は羽ばたかない)の感想・レビュー・書評

  • MaaaaaaaaaAAAAAAaaaaarvelous!!!!!


    原作既読で、「あのセリフはどうなるだろう」「あのシーンはどうなるだろう」とどきどきそわそわしながら発売を心待ちにしておりました。

    矢代さんの若頭の貫録と、ちょっとビッチMな雰囲気、そして優しい声!?まあなんか言いつくせないですけど、すごくエロかったです!!ずっとエロかったです!!
    こりゃ~~百目鬼さんが見惚れるのも仕方がないわ~~と聞き惚れておりました。

    そしてこれ、完全に主観的意見、贔屓目ですけども。
    三角さん(CV大川さん最高でした…////)の部下役の越田さんの声があの~~~よくってですね?
    大川さんのオラァ声の後をサ~ッと吹き通って行くそよ風のようでした……どんな表現やねん…いやでも、そうでした。
    とてもよかったです。美人声で。

  • 羽多野渉×新垣樽助 安元洋貴×小野友樹 組

  • (百目鬼力) 羽多野渉×新垣樽助 (矢代)
    (影山莞爾) 安元洋貴×小野友樹 (久我)

  • ちんぴらにぃちゃんと医者のお話。
    と、変態どえむさんと忠犬わんこのお話。
    キャストさんが濃くて濃くて…
    低くて素敵な声ばっかで幸せだったv
    残酷シーンが結構あるのがたまにツライ。

  • 新垣さんの矢代が矢代そのもので感動。

  • 新垣さんの矢代がすばらしい。登場人物がそれぞれ胸に抱えるやるせなさや切なさに何度涙したかわからない。こんなに心が震える作品に出会ったのは久しぶり。2巻の発売が今からとても楽しみ。それまで毎日聴きます約束します。

  • 凄く良かった。
    矢代がとても歪なのに健気で、業が深いし奥も深い。切ないキャラだった。
    演じる新垣さんも繊細に、丁寧に息を吹き込んでいらして素晴らしい。

  • キャストに対しては、原作連載を読み始めた時から思い入れがあったので、予約も直前まで迷ったが、結果、2枚組作品で「損をした」とは思わずに聴き切った。
    こうやって聴いてると、矢代がなんで自分じゃなかったんだ…って思うのは当然だよなー、って思うよなぁ。影山は火傷フェチって言う歪みがあるけど性的嗜好はノンケだったから、久我と違ってクラスメイト=友達と言う出会いをしてしまったから性的なものが入る余地が影山の中に生まれなかったのか…フェチはあるけど友達に手を出すほど腐っちゃいない、と言う所が矢代の悲劇を生んでるよなー。影山、イケる口やったのに…ってそりゃ思って当然だ。
    矢代と影山の高校時代の関係性ってやっぱ「秘密の友達」だよなー。影山が嫌がれば、矢代は自分から表立って近づかないだろうし。なので、影山の泣き顔が見たくて葬式に行ったんじゃないよなぁ…矢代自身気付いてないけど、やっぱり悲しんでるだろうから傍に痛いと言う感情面の方が先走ったのを、自分の性癖と言うものにすり替えて誤魔化してるよなぁ…影山への気持ちを自覚しない様に本能的に予防線張ってんだよ…泣ける。想像の中での影山はタチでもネコでもなかった、ってモノローグが証明してる気がする。コミックス読んでた時はそこ気付いてないよ…やっぱ音になって耳から入って来ると原作考察が改めらるのがいい。矢代は奥が深い…あんなに虐げられてる過去がありながら精神的にS側である、なんて、相当な精神力だ。自分の強さの裏側に「感情」があったと気付いた『漂えど沈まず、されど鳴きもせず』…人間は両面を持ち合わせて一個になるんだなぁ、と聴いてて改めて思った。
    矢代の事を組員が噂してる中で「お上品な面」って言ってたのがいいなー、「女みたいな綺麗な顔」とか「美人」とか言わずに「お上品な面」と言う表現を選択してるとこが虚構の中のリアルを追及している気がする。
    火傷フェチ以外の所がとことん普通、ってとこが影山の罪でもあるよ。久我にひと目で惹かれた根っこ、矢代の存在抜きには発動しなかったんじゃ…ただのエロ親父になり下がっとるじゃないかよ(笑)。
    大の男が寄ってたかって食いついてもびくともしないしなやかで強靭な肉体を持つ矢代はやっぱ、キング・オブ・びっち(クイーン・オブ・びっちとも言うかもしれんが)の称号が相応しいな。『堕天使の島』のクリスと並んで。寂しいような悲しいようなBGMのピアノの音が良く合ってる。自分の境遇を可哀想と思わない精神力が無いと「びっち」とは呼べない、って事がよく解る。
    あんげんは、影山のむっつりスケベな感じが凄い出てる、いや、分かってたけどさ、合うのは。おのゆーと新垣さんの声のトーンが同じラインに聴こえるなぁ…一番不安だった、声の認識してない声優さんの新垣さんの矢代は、私のしょーもない不安をかる~く凌駕して下さいましたねぇ…。逆に矢代の新垣さんはBLで滅多と聴かない人の声、どんな演技されるかも全く知らない、と言うあまりない状況が最高の結果をもたらす、と言う代物だったんじゃなかろうか。あんあんがお上手過ぎる。変に力入ってない感じで、抜け感が良かった。高校時代の影山の前で道化師的な役回りを演じてる感じとかもよく解ったし。BLの他のキャラで聴いてない、と言うのが矢代と言うキャラのオリジナリティーを醸し出せた結果じゃないかと思った。新垣さんの矢代は素晴らしかった!!百目鬼と喋る時、高校時代に影山と喋る時、組の部下と喋る時、百目鬼の妹と喋る時、で喋り方を微妙に変えてるよねぇ、人がそうして他者と喋る様に。さり気にここが一番スゲェな、って思ったの。原作読む時ってこのキャラはこんな感じの抑揚でこの台詞を話す筈、ってのが自分の頭の中で出来あがってて、それと大きく違う言い回しされると聴いてる時に違和感感じたりするんだけど、今気付いたけど矢代は一切感... 続きを読む

  • 新垣さん初めて聞く声優さんだったけど好きな声。いい感じだった。安元さんとか三宅さんたちの低音ボイスに混じって渉さんが目一杯低音で頑張ってるのがよかった。

全9件中 1 - 9件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ドラマCD(囀る鳥は羽ばたかない)を本棚に「聴きたい」で登録しているひと

ドラマCD(囀る鳥は羽ばたかない)を本棚に「いま聴いてる」で登録しているひと

ドラマCD(囀る鳥は羽ばたかない)を本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

ドラマCD(囀る鳥は羽ばたかない)を本棚に「いつか聴く」で登録しているひと

ツイートする