ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮 [DVD]

  • 83人登録
  • 3.42評価
    • (1)
    • (18)
    • (14)
    • (1)
    • (2)
  • 12レビュー
出演 : マッツ・ミケルセン 
  • アルバトロス (2013年10月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4532318407432

ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • デンマークの闇の部分。
    衣装や宮廷内の装飾が良い。
    あのダンス、他の作品でも見たことがある。
    マッツとアリシア素晴らしかった。
    終盤、その後息子がクーデターを起こすと書いてあって胸が熱くなった。

  • 処刑に向かうマッツの演技よかったね

  • マッツ目当てでレンタル。堪能。史実だそうで。

  • 18世紀のデンマーク王室で実際にあった話だそうだ。
    クリスチャン7世にイギリスから嫁いだ王妃キャロライン・マティルダ・オブ・ウェールズ。最初から王は少し気がふれていたようだ。それに耐えて暮らす王妃。そこへ王に新しい侍医ヨハン・フリードリヒ・ストルーエンセがやってきた。
    この3人の不倫関係。王を演じたミケル・ボー・フォルスゴーさんいい味出てた。侍医のマッツミケルセンさん、ハンニバルの人だ。ちょっと老けて見えてあんまり魅力を感じなかった。口が徳永英明にそっくり。
    面白かったけど長く感じた。



    キャロラインデンマーク王妃・・・ アリシア・ヴィキャンデル
    ヨハン(ドイツ出身の侍医)・・・マッツ・ミケルセン
    クリスチャン7世・・・ミケル・ボー・フォルスゴー

  • マッツ・ミケルセンが見たくて借りたデンマークの映画。
    クリスチャン7世とその王妃カロリーネ、そして侍医のストルーエンセの三角関係?のお話。

    イギリスから嫁いだカロリーネ、しかし王は(おそらく)発達障害。嫌気がさしていたところへ外遊から帰って来た王が、侍医としてルースエンセを連れてくる。枢密院に牛耳られていた国政を、啓蒙主義者であるルースエンセが王の力を借りて王女とともに改革していくが、貴族たちの反感を買い、不義を密告されて最後には処刑されてしまう・・・という悲しいお話。それでも最後のテロップで、カロリーネとクリスチャンの子であるフレデリクが16歳で宮廷クーデターに成功して革命を起こす、と出たことで少し救いがありましたが。

    全編を通して北欧のくらーい雰囲気満載w
    それでもマッツ・ミケルセンはほんっとうに美しい。デンマーク語の響きも心地よい映画でした。クリスチャンも最初は腹立たしかったけど、最後にはなんとなく憎めなくなっているから不思議。

    137分という長さに怖じ気づいてなかなか見られなかったけどw美しいマッツを堪能できたので良かった。いつかデンマークに行ってみたくなりました。

  • 随分ご無沙汰だったのに突然嫁が迫ってきたら浮気を疑えってアレですねw
    そりゃあんな環境で思想が似通った異性が近くにいたら無理もないか…って思ったりするけど、現代と違ってバレたら打ち首だよ?勇者にも程がある!
    しかしそのくらいの度量がないとあんな大胆な改革は無理だったろうし、後半は改革を急ぐあまり、かなり無茶をやってたり。そう考えたらストルーエンセはそうなる前に…って覚悟があったからのかな?って思ったり。

  • やばい。マッツ・ミケルセンの色気が。やり過ぎてしまったが故に命を狙われる男。バカな国王。

  • 北欧の至宝マッツ・ミケルセンがよかった。
    デンマーク語ってドイツ語に似てるのかな。

  • 時代はベルばらのほんの少し前当たり。舞台はデンマーク王室。本当にあった醜聞を元に作られた映画。展開に飽きたりとかってことはなかったけど、不倫を擁護してる感じが漂っていて心地よくない。国王が可哀想。これを見て、アントワネットとフェルゼンとの背徳行為を快く思わなかった民衆の気持ちがわかりました。
    主演のマッツ・ミケルセンという俳優さんを見ていると江波杏子を思い出してしまう。

  • 18世紀デンマーク王朝。王妃と侍医の禁断の愛...。愛は美しく残酷と思ってしまいがちだけど、ただのエゴにしか感じられませんでした。

  • 劇場で鑑賞[2013.07.19]

全12件中 1 - 12件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする