天使の分け前 [DVD]

  • 183人登録
  • 3.29評価
    • (6)
    • (28)
    • (47)
    • (11)
    • (1)
  • 35レビュー
監督 : ケン・ローチ 
出演 : ポール・ブラニガン  ジョン・ヘンショー  ガリー・メイトランド 
  • 角川書店 (2013年11月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111245052

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

天使の分け前 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • ケン・ローチ監督。天使の分け前とは、ウィスキーが樽の中での熟成中、年に2パーセントほど蒸発するその減り分のことを言う。

    主人公は、喧嘩っ早く、車の止め方が悪いというだけで暴行を働いた罪で捕まる。懲役は免れたけど、ケンカ仲間からは狙われている。もしまた暴力事件を起こすと刑務所という状況だ。子どもが出来たことでなんとか普通の生活をしたいと思っているが、不良グループに狙われている。意に反してまた暴力事件を起こすという悲劇のドラマかと思ったら、ウィスキー泥棒の話になる。どうあがいても負の連鎖から抜け出せないという話でも成りなっている作りだ。社会奉仕活動をする少し間抜けな仲間や親身に世話をする社会活動の監督ハリーのキャラが立っている。

    傷害事件の被害者の状況がかなり悲惨であるとか、間違えて他の人の単車を壊ししまって平気とか、メインの話のウィスキー窃盗も立派な犯罪であるとか、一方的にキレイごととしては描いていない。彼に批判的な見方もできると思う。
    天使の分け前で、ハリーに盗んだ酒をあげということでいい話にしてしまって、終わりよければ全てよしである。少し脱力系のイギリスらしいいい話でした。
    これはアマゾンプライムで見る。アマゾンプライムがなかったらまずは見なかった作品だろう。アマゾンプライムの存在に感謝。
    - カンヌ国際映画祭、審査員賞

  • ☆☆☆☆
    ロビーと彼の周りにいる仲間たちの関係に憧れる。
    ふと私の人生を振り返ると、
    大人になって“社会”(小さな意味での)にでるとそこに適応して、成功していくこと、あるいはそこで生計を立てていくことに四苦八苦するベルトコンベアに乗せられて、“幼なじみ”や“仲間”は、社会での苦役をねぎらい合う存在になってしまっていた。

    私が失った温かさが漂う映画。

    このスコットランドのどうしょうもない仲間たちは、確かに犯罪を犯しても反省もしないし、まともに働くこと、にではない別の方法で、どうにか生きていこうという方法を探そうとする。
    でも、そんな彼らからしたら、我々日本人のほうが“変”に映っているに違いない。
    勤勉であることが美徳としてフレーム設定されているために、自らが絡め取られ、ベルトコンベアから自ら降りる選択ができなくなっている人々。そうして、そういう人々が集まって作った社会、そこには人々が発する観念が底流に流れていてビリーたちが住む世の中である『豊かではないけど、喜び溢れる』居場所はない。

    岡村隆史似のビリーも妻も子どものルークも前途多難だけど、彼には安住はない代わりに、強く、深い幸福感は約束されている。

    2017/03/25

  • (The Angels' Share; 2012/英・仏・ベルギー・伊、106min.)

    舞台はスコットランドのグラスゴー。労働者階級の青年の非行/更生/社会格差と失業問題といった社会問題に、スコッチ・ウイスキーがエッセンスとなって話が進んでいく。
    結局は犯罪行為なんだけどなぁ.. 倫理的には「良い」とは言い難いのだけれども、味わい深い人間味と&いろんなお国事情が垣間見れて楽しめた。

    ハリウッドでは作れない映画。

    2012年
    - カンヌ国際映画祭、審査員賞(ケン・ローチ)

  • パッケージにあった「ウイスキーの才能に開花して」みたいなのにたどり着くまでの「僕たちこんな境遇なんです」が長いので、なんだかダマされた気分ではあったが、「グッド・ウィル・ハンティング」に「トレインスポッティング」と「フーリガン」を足して割ったような感じで地元の若者を描いた映画としてはなかなか面白いものでした。仕事を得るには犯罪を犯さなきゃならないのね、大変だね。
    周りの助けてくれ方も含め、青年は彼女と子どもができると変わるのだ、というわけですね。ロマンですねぇ。

  • 問題を抱える憎めないバカ達が進める非効率な話が面白い。

  • 字幕: 太田直子

    ケン・ローチだからなのか、ロケーションだからなのか、テンポが独特。
    それにしてもScottish難しい…。

  • スコットランドの貧困層出身のロビー(ポール・ブラニガン)は傷害事件を起こすも禁錮刑を免れ、社会奉仕活動をする罰ですむが、恋人レオニー(シヴォーン・ライリー)の出産に立ち会えず、出産直後に会いに行くもレオニーの家族の妨害にあう
    教育も教養もないまま父になるロビー
    そんなロビーを親身に庇ってくれる社会活動の監督ハリー(ジョン・ヘンショー)が自身の趣味のウイスキーを楽しみ方を教える
    自国のスコッチとその背景を教わり興味を示し、鼻も聞くことに気が付くロビー
    あるウィスキーの会で幻のウィスキーがあることを知るロビーとその仲間たち
    ソレを手に入れ一攫千金(やっぱり犯罪傾向が強い)
    そしてよその町で就職もできたら、妻と子と新しい人生が送れることが出来るかもしれない
    ロビーは人生の再出発をすることが出来るのか!?
    馬鹿の友人は馬鹿のままなのか!?

    暴力傾向が強く、麻薬も常用していた青年を主人公にしたら急に善行善人にしないところが興ざめしないところ
    友人たちも笑える馬鹿を用意してるので最低な社会のドラマになるところをコメディになってるので安心して最後まで観れる
    逆にいうとシリアスな設定で進行してるドラマが夢の様な終わり方で納得しない人もいるかもね、かもね、ソーかもね
    タイトルが「天使の分け前」なんだから「シリアス設定で終われよ!」って人は観んなよ。わかんだろって感じ
    主人公ロビー演じるポール・ブラニガンは昔のナインティナイン岡村をかっこ良くした感じ

    The Angels' Share (04/12/'14)

  • 蒸留所の様子が美しくてよかった。
    ラストで主人公が仕事を得る過程がずる賢くて、
    この辺りの展開はハリウッド映画じゃありえないだろう。
    でもそこがこの映画の魅力でもある。

  • アメリカ映画と較べながら観ると面白かった。まず、英雄はいない。主人公は犯罪に懲りておとなしく家族生活を営むのかと思いきや、再び犯罪を犯す。その理由は、「気づかれなければいい」。また、かすかに希望の感じられる結末だけれども、ふたたび堕ちていく可能性も充分に感じられて、これでこそイギリス(スコットランド)、と思わされる一作だった。

  • 中盤までは好意的なイメージで観てたんだけどね……。
    それ以降は「え、結局盗むんだ?」というモヤモヤした気持ちに。
    あえて「ありがちないい話にはしない」という手法を取ったのかもしれませんが。うーん。ハリーさんは主人公からのあのプレゼントを、本当に喜んでくれるのだろうか。
    キルトでの変装シーンや台詞の言い回しなどはとても好きでした。

  • 予告編をみて借りてみた。ウイスキーのテイスティングで成功する話かと思っていた。
    盗みで新しい生活のきっかけをつかむ、というのはどうかなぁ…とは思ったけれど、最後は映画らしくハッピーエンドだったから、まぁそれもいいか。

  • しばらく映画が観られていなくて、撮りためていた中からやっと観た作品。

    正直、華のない主人公のビジュアルだったから、なんとなく惹かれなかったんだけど、早く観れば良かった!

    ダメだったやつが、親になることで道を切り開いていくストーリーなんだけど、なかなかクレバーで爽快。
    悪を全く捨てるわけではなく、ギリギリのラインを疾走するような痛快な物語。
    そんな中にも仲間を想う気持ちや、大切な人へ向ける気持ちが良いバランスで盛り込まれていて素敵な作品でした。

    最後には華がないと勝手に決めていた主人公に、すっかり惹かれた。
    学生時代に、あまり目立たなかった人にだんだん惹かれちゃったみたいな感覚でした。

    わはは!

  • ★★★★☆
    ウィスキーのような香る作品
    【内容】
    恋人と生まれてくる子どものために人生をやり直そうとしていたロビーはトラブルを起こし社会奉仕活動を命じられる。彼は現場の指導者でウイスキー愛好家のハリーと出会った。

    【感想】
    巨匠ケン・ローチ監督作品。
    『麦の穂をゆらす風』など重厚なイメージのある監督ですが、非常に見やすくてライトです。

    あまりに綺麗に行き過ぎな感じもしますが、まぁこのギスギスした世の中で、こんな清涼感があってもいいですよね。

    "天使の分け前"とは、ワインやブランデー、ウィスキーなどを熟成中に蒸発して目減りすることを示し、樽で年間2%前後減るそうです。

    バーを覗きこむシーンでは、スタッフと思われる人物が窓ガラスに映ってしまっていますww

  • ケンローチの作品て、どれも地味にいい役者さんが出てる気がする。

  • 天使の分け前とは、ウイスキーが樽から空気へ蒸発する分のこと。1年で2%。


    彼等は彼女の父が言うとおりこの街でやり直すことなんてできない。周りにいるやつらも悪いし、歩いてるだけで警察に尋問受けちゃうし。
    人についたイメージを払拭するのは簡単なことじゃあないんだなー

    でも別の見解としては、そんな環境でも必ず手を差し伸べてくれる人はいるし、やり直すチャンスはある、ってこと。

    でも盗んだお金でやり直す結末は疑問。

  • 【天使の分け前】
    ウイスキーなどが樽の中で熟成されている間に、年2%ほど蒸発して失われる分のこと。

    このオシャレなタイトルが全てかな~。しっかりとラストに掛かってるし。
    一発逆転を掛けた大勝負は「それでいいのか?」って思ったけど、この映画自体がコメディーだと思えば、まぁいいのか…ってw
    警察に職質受けてるシーンで「うわわ、やるぞ!絶対やるぞ!!」って思いながら観てて、予想通りだったにもかかわらず、思わず「あ゛ーっ!!!!」って大声出ちゃったw

  • モルトウィスキーの工場見学できた気分。モルトミル飲んでみたい。

  • 法廷の場面で、すっと映画の世界にひきこまれた。

  • 初めてのケン・ローチ監督作品がこれ。
    この監督の入り口としてこの映画からというのは
    本流では無いとはわかっていたが
    どうしても見たかったので観た。

    なかなか良い映画でした。

    親の代から続く悪い輪廻にとらまえられている主人公が
    父親になるのを機に更生しようと決心。
    ややあって“ウィスキー作り”と出会い・・・

    しがらみから逃れるのはやはり難しい
    どうにかして更生の足場を作るために
    思いついたのが窃盗というなんともな内容ではあったが
    本末転倒なんのそので突き進む。

    終わりよければ全てよし的に「これも有りか」とは
    納得しきれないけれどサクッとしたウイット感と
    ちょっと足りない仲間との交流が楽しかった。

    更生のきっかけをくれた監督官のおじさんへの
    贈り物にはホロッとしますしね。

    この英語のなまりがけっこう耳になじめなくて
    「?」が浮ぶところが逆に新鮮でした。

    これがケン・ローチ監督の異端だと肝に銘じて
    既存の作品を見たいと思います。

  • 何を描くのかが曖昧模糊とした印象を受けました。

    自身はウィスキーの話として
    鑑賞したかったのですが、
    人間ドラマでも、群像劇でも、
    グルメでもなかったです。

    嫌味や痛みのない作品でした

  • 想像と全然違って、ちゃんとしっかりウイスキー話だった(笑)

    主人公のロビーは、カッとなると止まらない性格で暴力事件を起こす。
    「子どもがもうすぐ産まれ、いい影響を受けつつある」、という理由から、服役を免れ社会奉仕を言い渡される。
    息子が無事に産まれ、奉仕活動のリーダーでウイスキー愛好家のハリーから、お祝いだ、とスコッチをもらう。初めて飲んだロビーは、ハリーに蒸留所に連れてってもらったりしてウイスキーの違いを勉強するようになる。

    ……ってかハリーが良い人すぎる!!
    途中、とっても貴重なウイスキーのオークションに忍びこみ、拝借して売りさばこう、って計画を4人で立ててる時には、「きっと失敗するよ…なんでまた悪いことしちゃうのよ…ちゃんと働きなよ…はらはら」って観てて、でもって、ちょっとお馬鹿な男が瓶を割っちゃった時には「あ!!!」と声をあげちゃいましたが、
    最終的にはよかったよかったー。

    2本10万で売るのかと思いきや、やっぱりワルだなー。1本10万で売って、あとの1本はハリーにあげるという。「チャンスをくれてありがとう」という言葉がステキだった。
    その後、ロビーは蒸留所で働くことに。よかったねー。

    でも、モルトミルを盗み出さなくても…よかったのでは…。
    この方のブログの感想にとっても共感したのでご紹介↓
    http://tamacine.blogspot.jp/2013/06/angels-share.html

  • スコットランド版フルモンティっていう触れ込みだけど、制作会社の失敗としか思えない。この手の映画の金字塔のフルモンティとは比べ物にならないよねー。
    最後のおちも犯罪だし、駆け落ちだし、社会の底辺と呼ばれる人が抜け出すにはそういうことしないといけないのかな。現実はきれいじゃないってことなのかー。それ以外の意図があるのかもしれないけど、私にはケン・ローチさんの意図は汲めなかった。

  • 普通の労働者階級の人々を善い悪いの価値観をつけずにそのままの描いてるのがよかった。

  • あらすじ書くのは苦手だし冗長だし、良かった! とまずはひとこと言いたい映画。
    公開中見逃していたので、早速借りた。


    犯罪でしめるのか~とちらっと思っていたけど、angel's share の意味するところが、物語の最後のピースみたいにかちっとはまったとき、素直にじんわり感動が広がったし、チャンスをいかすっていう、まっすぐなテーマがわかりやすく描かれていて楽しめた。

全35件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

天使の分け前 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

天使の分け前 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする