恋人はセックス依存症 [DVD]

  • 64人登録
  • 3.48評価
    • (2)
    • (12)
    • (16)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
監督 : スチュアート・ブルムバーグ 
出演 : グウィネス・パルトロウ  マーク・ラファロ  ティム・ロビンス  ジョエリー・リチャードソン  ジョシュ・ギャッド 
  • アメイジングD.C. (2013年11月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4580189024524

恋人はセックス依存症 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • グウィネス・パルトロウとマーク・ラファロ共演によるラブコメディ。SEX依存症に悩むアダムは、パーティーで出会った肉食系美女・フィービーと急接近。だが、「依存症の人はお断り」と言われてしまい…。

  • 日本語のタイトルが最低。中身は良いのに!
    見たら"thanks for sharing"の原題の意味がよくわかるよ。

  • 原題は「thanks for sharing」である。邦題の「セックス依存」に引きずられてちょっとはエロスがあるだろうと期待していたが、残念ながら青少年向けと言っていいほど真面目なストーリーである。「sharing」とは「分かち合い」を意味し、依存症当事者ブループで使われる12ステップという回復ツールを有効にするための重要な鍵となっている。しかしこれはおそらく本作のメインテーマではない。ストーリーは三者のサブストーリーが同時進行していくものだが、それぞれ二者間で互いに影響し合いながら回復していくプロセスである。つまり、自他の相互変化を無意識にshareし合いながらリカバリー(有害な嗜癖行動から離れていく)していくプロセスである。すなわち、無意識がコミュニケーションの本質であり、それがリカバリーの鍵となっている。これが自助グループの本質であり、本作の訴えたいことであろう。

  • 典型的な“経過を見せたい”映画との印象。

  • gleeのホーリー先生が表紙だったのでレンタル!

    物語的にはうーん、イマイチ私の好みじゃなかった。ロードバイクでてて、フフフな気分にはなった。

  • 話はありがちだけど、全体的にみんなよかった。
    あぁ、そーか、おれはセックス依存性なんだ、と気付いた。結局これは克服できるのだろうか…でも、この映画を見て頑張ろうと思えたし、いわゆるこの映画を見て頑張ろうと思いました的な映画って、悪くないと思った。てか、おれにはセックス依存性じゃない人がいるってのが不思議…

  • 内容は邦題のイメージと違って、真面目な作りです。何に限らず、依存性を克服するのは大変ですね。

  • 題名から明るいコメディタッチの映画なのかな?と思ってみたら、そうでもなかった。
    確かに作中の雰囲気はわりと明るいんだけれど、作品のテーマとなっている「依存症」の実態や苦悩が重くて。克服にはきちんとした環境(治療)や周囲の理解が必要なんだなぁ、と思った。
    それから、依存症を乗り越えようと立ち向かう姿、支え合う姿が素晴らしかったです。原題「Thanks for Sharing」という言葉がこの映画をよく表していると思う。

  • 原題は『Thanks for sharing』。
    まだ多くの人に病気の実態は知られていない、「セックス依存症」。アルコールや薬物と同じように、病気だから、適切な治療や周囲の人のサポートが必要だということがよくわかった。
    という、けっこう暗いテーマを三人を主役にして明るめに描き、かつ、他の依存症も入れて「人とのかかわり」を描いていて素敵な映画だった。
    観てよかった。

  • 依存症に悩む人達が最初の一歩を踏み出すまでの葛藤をユーモアを交えて・・・、というあらすじを聞いて想像する通りの単純な映画だが、キャスティングの魅力で結構観られる作品になっている。主演の2人はもちろん、Tim Robbins、Josh Gadなど脇役陣も芸達者で、ミュージシャンのP!nkが重要な役所で健闘している。

全10件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

恋人はセックス依存症 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

恋人はセックス依存症 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする