くちづけ [DVD]

  • 204人登録
  • 3.93評価
    • (39)
    • (32)
    • (23)
    • (7)
    • (3)
  • 45レビュー
監督 : 堤幸彦 
出演 : 貫地谷しほり  竹中直人  宅間孝行 
  • TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2013年10月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988101173518

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

くちづけ [DVD]の感想・レビュー・書評

  •  知的障害者の自立支援施設”タンポポ荘”に住み込みのスタッフとして、休業中のマンガ家”愛情いっぽん”とその娘のマコが新たに入所する。二人は施設のスタッフや他の入所者とも打ち解けるのだが…

     俳優さんの演技がどの方もすごかったです。いっぽん役の竹中直人さんはじめ、入所者の家族や施設のスタッフ役の人たちはもちろんなのですが、
    マコ役の貫地谷しほりさんをはじめ知的障害を持った入所者の役を演じた俳優さんたちの演技がどれも真に迫っていたと思います。

     障害者同士のピュアな恋愛、父親の愛情、姉弟の絆などヒューマンドラマとしても秀逸な作品ですが、鑑賞後心に残ったのは知的障害者をめぐる現状でした。

     障害者年金を使い込む保護責任者、自活することができず犯罪を犯したり、浮浪者となってしまう障害者、偏見にそして介護の問題…、西暦は2010年を越えたのに未だに問題は山積みです。

     映画の中のセリフで印象的だったのが「抱えることの大変さを知っているから、簡単に誰かを頼れない」といった趣旨のセリフでした。

     その大変さを、誰かと簡単に共有できることができる社会が来れば、上記の問題も映画内で起こった悲劇も起こらなかったのかもしれません。

     目をそらしたくなる問題に触れた作品ではあるのですが、それでもいろんな人に見てもらってほしい映画でした。

  • バリからジャカルタに行く飛行機の中で見た映画。

    その時は、日本ではまだ未公開の映画だった。

    今までで一番泣いたかもしれない映画。

    最初はかなり面白い。途中までもかなり面白い。

    でも最後に近づくにつれて涙が止まらなくなる。

    たぶん、お父さんは責任感が強すぎて、1人で抱え込みすぎちゃったんじゃないかな。

    人に頼るのが苦手な、不器用な人なのだと思う。

    なんだか、もう半年前に見た映画だけれど、

    すぐ思い出して、悲しい気持ちになってしまうが、

    この映画は、絶対見た方が良いと思う。

  • あぁ、ただただ、涙がとまらなかった映画でした。
    どうして…何で…。どこかに救いを求めることは難しかったのでしょうか。
    うーやんの演技すごいなぁと思って調べたら、もとは彼の脚本で舞台の作品なんだ!
    だからつくりが演劇ぽかったんだな~。

    それにしても、障害のある人を支える余裕がこの社会に無くなってきているのかなぁ。みんな自分のことで精一杯で。
    私はいっぽん先生がしたこと、あってほしくないけど、絶対に間違いだ!と言うことも出来ない。
    本当は、障害のある子のお父さんお母さんが、安心してさきに旅立てる社会だったらいいのにね。

    気づけば私、橋本愛ちゃんが出ている映画をたくさん観ているけど、怒る演技がいつも同じような…。ツナグの時の絶叫はすげぇ!!!って思ったけど、今回はちょっと浮いてた感じだったな。

  • この映画を観た翌日まで、気分が晴れない、モヤモヤとした、悲しい気持ちで胸がいっぱいになりました。登場人物の誰一人として責められるような人がいないのです。悪者がひとりでもいれば、この悲しい気持ちをそいつのせいにしてスッキリしてしまえたのに。橋本愛ちゃんのクラスメイトの発言も、きっとそう。彼女も悪者ではありません。
    実際に起こった事件をもとにしたということもあって、社会問題の提示がたくさんあります。ハッピーなパッケージとは裏腹にたくさんの現実を突きつけられます。一種のドキュメンタリーです。

  • 「はじまりのみち」「くちづけ」を同じ日に鑑賞したが、種類は違うがどちらも泣ける作品だった。映画観て泣いたのひさしぶりだった。
    とにかく劇場予告を観て以来、気になっていた作品。

    「ちりとてちん」のヒロインだったことは知りながらも、朝の連ドラ観ていなかったので、
    個人的には「パレード」以来の、その存在感が気になっていた貫地谷ちゃん。
    意外にもこれが映画初主演ということと、知的障害という難しい演技をどのようにするのか、
    ストーリーも含めて興味津々だった。

    映画の公開と前後して、ニュース「アンカー」で特集していた、同様のテーマについての特集も観ていたので、いいタイミングだったと思う。

    ストーリーに関して、何の予備知識も入れずに観に行ったのだが、
    途中から、勘の悪い私でも、ぼんやり悲しい結末が待っている事にようやく気づかされ、
    どうしようもなく涙したが、ただのお涙頂戴ものではなく、
    はっきりとテーマがあり、それを作品として我々に投げかけてくれた、
    貴重な作品だと思う。

    もともとお芝居だったものを映画作品にしているということで、
    「キサラギ」以来の密室系?ワンステージものだったのが新鮮だった。

    貫地谷ちゃんはもちろん、宅間孝行を、この作品を通じてはじめて知ることになるのだが、
    これまたすごい人がいたものだ!
    うーやん。
    歴代忘れられないひとりになりそう。

    ちょうど時期的に観ていた、過去の作品ではあるけれど、「SP」にて重要人物を演じていた平田満氏が、ここではとってもいいお医者さんの役でほっ。
    橋本愛ちゃんも、あまちゃんでのユイちゃんとはまた違った高校生をピュアに好演。

    折に触れ、また観たい作品。

    http://onionmovie.jugem.jp/

  • いろいろ考えさせられた。
    いっぽん先生のマコを想う気持ちがとても強く感じられた。

  • 泣けた。めっちゃ泣いた。
    最初観始めたときは、何これうける。と思ってたけど
    知的障害のある人の話なのか!とハッとして、
    しばらくしたら涙なみだ。
    みんなとってもピュア。
    大好き!って気持ちがすごくストレートですごい。
    愛が溢れてる映画だと思う。

    貫地谷しほり最近すごくよく見てるけど
    ホントに本当に演技派女優さんだと思う。
    何を見ても、何回見ても、色んな役をこなしてる。
    この映画でも本当にステキだった。

    うーやん役の人の名前がわからなかったけど
    すごくよかった。
    あーゆう子いるいる!と思って見ていた。

    ただ最後の終わり方は、やや「ん?」と思わされた。
    色んな解釈をしていい結末にしてるのかな?
    ぱじゃまでシネマで観たからこんな終わり方なのか?
    途中で切られたのか?と疑ったくらい。

    細々とこの人はどうなったの?とか
    なんでこうなってるの?とか
    気になるところはあったけれどすごく良くできた映画。
    あっという間の2時間だった。良かった。

  • ◆きっかけ
    クーヨン2013年6月号。公開当初にCMを見て気になったいたのを思い出して。2016/7/22

  • 泣いた。

    いっぽん先生が雨の中で、夏目ちゃんと電話で話すシーン、凄いな。
    あの時、夏目ちゃんの嬉しい話しが無かったらって、思うよね。

  • 障害を持つ少女と病気で余命が少ない父の、愛おしい日々と切ない最後。
    貫地谷しほり初主演映画。

  • ほう、舞台っぽいなと思ってたら、やっぱり舞台の映画化だった。
    これはなかなかによい作品。
    テーマがテーマだけに色々重いんじゃないかと思っていたが、それをいい意味で軽く、コメディーにしていたのでそこまで重々しくはなかった。
    かといってテーマをないがしろにしているわけではなく、きちんとそこにも向き合っているところがまたよい。
    最後はこういうことになっちゃったわけですが、まあそれもある意味リアルなのかな。
    そうだよね。
    残していけないものね。
    残酷だけど、世の中はもっと残酷だものね。

  • 元漫画家の愛情いっぽんは知的障害者のグループホームひまわり荘で住み込みスタッフとして働くようになる。
    知的障害をもつ いっぽんの娘マコもひまわり荘で暮らし、住人のうーやんに心を開いていく。
    しかし、いっぽんには周囲に言えずにいる事があった。

    演劇っぽいと思ったら、もとはやはり舞台みたいです。
    障害のある方の働くお店に行くと こういう会話聞けて ほっこりさせられるよね。
    あるシーンはええっと思うのだが、そういう事の起きない社会にしようというメッセージと取れば良いのかと思う。

  • 知的障害者の自立支援施設が舞台となった、ヒューマンドラマ。

    娘の幸せを願う、ただひたすらに愛の物語。

  • 大笑いしてシクシク泣いて、心がぎゅうとなりました。
    たくさんの人に観てほしい。

  • 入り込めなかったー。

  • 大好き!
    の気持ちが、こんなにも嬉しくて幸せで、なのに重くて悲しくて、どうしようもなくて切なくて
    とても泣けて泣けた作品だった

    うーやんやマコちゃんたちのピュアさが可愛かった

    マリコさんの「奇跡が起きたの、奇跡が」と心底驚くところが好き

    (見てないはずなのに、なぜかあらすじを知っていて、すごく不思議な気分で見た。なんだろう、テレビで特集か何か見たのかなぁぁ)

  • 最初は、「なんて騒々しいのだ」と感じ最後まで観続けられるのか自信がなかったけれど、物語が進むにつれて落ち着いた雰囲気になっていったので最後まで見続けることができた。
    後ろ1/3くらいから泣けてきた……。
    どんなに大変なことがあろうとも、他人の人生をどうにかしようなどと考えることは傲慢だと思った。
    自分の考える娘の将来は見通しが明るくないのかもしれないけれど、実際、どうなるのかなんて誰にもわからない。

  • GYAOにて。老老介護なんかでもたまにこういうことが起こるけど、「こういう事だって起こり得る」んだっていうことをしっかりと認識しておかなければならない。そして、「起こり得る」ことを実際に起こさないためにどうしたらいいのかをちょっとでもいいから考えることが必要なんだと思う。
    演出面で言えば、警察が絞殺を自殺と判断することはまずないと思う。自殺→殺人とすることでより強い衝撃を与えることを狙ったのなら的外れだし、一旦自殺と判断されたのならいっぽんは自首しなかったことになる。それもあり得ない気がする。
    役者の演技はすばらしい。

  • 問題提議と思って見るととても重い。
    けれど、愛の物語としてみると 静かで、優しくて、切なくて、悲しくて、ぬくもりのあるお話です。
    障がい者 というキーワードがあると、現実と違う、とか バカにするな、とか 綺麗事だ、とか とことん攻撃をしてくる方がいますが、
    例えばこの作品はロミオとジュリエットのような悲恋(親子愛ですが)と同じジャンルではないでしょうかね。
    障がい者のテーマってだけでムキになって批評するのは、差別しているのと同じ気がします。私は。

    そういう、おもたーーく捉えず見てもらえれば、もっとたくさんの人に見てもらえるし、同時に実際にこのような事件があったことなどを心に置いてもらえるとおもう。
    ほんとに、たくさんの人に見てもらいたい映画です。

    貫地谷しほり、竹中直人、宅間孝行の演技が素晴らしいです。
    心に響きました。
    テンポ良いコミカルな会話も好きでした。
    ミナミの存在だけが胸くそ悪かったです。ミナミは悪くないという意見には賛成出来ません。確かにミナミと同じ人はたくさんいるかも。でも多数=悪くない なの?
    悪でしょ。そもそも面と向かって人の悪口、しかも初対面を笑いながら言うっていうのはどう見ても悪…。
    分かりやすい悪役の存在を表に出すのは必要だったかなあ?

  • わりと長いし、室内のシーンだけなのに飽きずに見れました。
    感動っぽいコメディもいいね。
    シリアスなシーンで竹中直人の顔芸が気になってしまうが、そこが楽しかったりもする。

  • とても深く、涙無くしては見れない作品。役者がみんな上手いし、作品としても良かった。

  • これはちょっと言葉に出来ない。
    苦しくなった。
    この手の事件、新聞やニュースで時々見る。
    三面記事の片隅。
    もう本当辛い。
    何か他の道はないんだろうか…。

全45件中 1 - 25件を表示

くちづけ [DVD]に関連する談話室の質問

くちづけ [DVD]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

くちづけ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

くちづけ [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする