日本人が世界に誇れる33のこと [Kindle]

  • 21人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 株式会社あさ出版 (2014年1月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (99ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 和明
宮部 みゆき
落合博満
ジェームズ アレ...
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

日本人が世界に誇れる33のことの感想・レビュー・書評

  • 店に入る時に傘をハンカチで拭く行為は日本人ならではの気遣いだそうです。

    自分はそんなことしたことありません。入る前に傘を振って、店先にある傘専用のビニールに入れてから入ります。これでも十分な気遣いなのでしょうか。

    今度海外行く機会があったら、傘の光景見てみようと思います。

  • ハワイ出身で日本在住20年以上の著者。

    33のことのうちいくつかはネガティブなこととして言われるときもあるけど、ものは言いようというか捉え方によって全然変わるんだなということの再確認。
    それなら何事にもポジティブに自信持ったほうがいいよね。
    その上で謙虚だったりしましょ。

  • 2014/3/16 Kindleで読了、【2014年-12冊目】1988年から日本に滞在するルース・ジャーマン・白石さんから見て感じた、日本が世界に誇れること。読み終わって日本人として誇りを持てるような、ちょっと嬉しいようなそんな本でした。印象に残っているのは、感謝を表す言葉や仕草が日本には実に様々あること。「すみません」「ありがとう」「恐縮です」「お世話になりました」「お疲れ様でした」・・・、そしてちょっとしたお辞儀やお土産の文化など。筆者曰く、「ありがとう」をここまで極めている文化は日本以外にないとのこと。「ありがとう」を中心に考えると、必然的に自分ではなく相手がフォーカスされ、相手のためを考えて行動するようになること。政治も経済も難しい時代だからこそ、我々も「ありがとう」の心を忘れずに生きていきたいですね。

  • 日本人のことをこれだけ良いと感じてもらえて、読んでいてうれしくなった。
    われわれは何も考えなくてもしなくても日本人だけど、きちんと認識して、よき日本人であるように、日本人らしく、考え振る舞えるようになりたいと思った。
    読みやすくて、楽しみながら、思わず熱くなりながら読めた。
    日本は本当に世界平和を一番実現できる位置にいるんじゃないかと思った。がんばろう、にっぽん。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

日本人が世界に誇れる33のことはこんな電子書籍です

日本人が世界に誇れる33のことの単行本(ソフトカバー)

ツイートする