白夜 (角川文庫) [Kindle]

  • 29人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • KADOKAWA / 角川書店 (2001年1月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (72ページ)

白夜 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 主人公と少女の出会いやいきさつなどから始まる。
    後半の主人公と少女の愛の語りあいの表現がとても良かった。想像していてお互いが愛し合っているのを感じた。
    まさかとは思ったが、最後に愛していた人が現れ、夜があけるように二人の関係が終わり、普通の関係に戻る切ないストーリである。

  • 愛すべき饒舌さとセンチメンタリズム、これこそが僕の読みたかったドストエフスキーなのだ。

  • 全篇痛々しさが漂う作品。
    主人公とナースチェンカ、どちらの気持ちも切ないね……
    とか思いながら、最後のオチでつい笑ってしまったw
    若い時に読めば別の感慨にひたれたかもね。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

白夜 (角川文庫)はこんな電子書籍です

ツイートする