文藝春秋 2013年 09月号 [雑誌]

  • 30人登録
  • 3.29評価
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 文藝春秋 (2013年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910077010931

文藝春秋 2013年 09月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • 第149回芥川賞受賞作 藤野可織『爪と目』。
    二人称で淡々と進む「わたし」から「あなた」への語り口がとにかく不気味。
    最初の一文と最後の一文とが、素晴らしいと思った。面白かった。

    MVP: なし

  • 機内で読む。いつもながらに新聞エンマ帖がおもしろい。
    1. 自民党のTBSへの取材拒否について紙面で「言論には言論で」と社説で取り上げたのは毎日新聞だけ。
    2. 赤旗は九州電力やらせメール事件など時にスクープをとばすのであなどれない。
    3. 「各紙とも消費税増税について明確な方針を示す勇気を持ち合わせていないのだ。各党の曖昧さや論理矛盾を追求しながら、社説で消費税増税を含めた増税論議を避けているのは自分たちだという自覚はみじんも感じられない。」

  • 芥川賞受賞作 「爪と目」 目的で読んだ

  • 芥川賞受賞作品掲載号なので。
    その辺りだけ読んで、あとは流し読み。


    目が痛い。
    女は怖い。

    二人称で進む話というのが新鮮だった。
    話が客観的にも主観的にも見える、不思議な書き方。

全5件中 1 - 5件を表示

文藝春秋 2013年 09月号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする