オレたち花のバブル組 [Kindle]

  • 261人登録
  • 4.35評価
    • (51)
    • (46)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 文藝春秋 (2010年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (245ページ)

オレたち花のバブル組の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • オーディオブック
    半沢直樹シリーズの第2段

  • 現在大人気の『半沢直樹』の後半部分の原作本。



    もうドラマを見ていて読みたくなってしまったので、Kindle版で購入しました。



    昨日、何とこれとロスジェネ版と2冊を一気読み。



    とっても読みやすくなっていて



    しかも読んだあとはスッキリ!



    仕事へのすっごい活力になる本です。



    原作を読んでいて、登場人物もドラマとかぶせられて

    そういう味わいもありました。



    大和田常務・・・・ドラマよりもワルキャラです。

  • 2013.8/24 ドラマも後半に入ったし、原作も同時にゆっくり読んでいこうと思ったけど一気読み(;^_^) ラストが予定調和じゃないところも深かったね。

  • ドラマ未試聴。番宣の「倍返しだ!」は覚えていた。小説のシーンでは、そこまでインパクトなかったかな。嵌められた後、復讐するまでにもう一回曇天返しがあるかなーと思ったけど無かった。読後の爽快感は良いですね。

  • 東京編。金融庁vs.銀行、粉飾決算、行内派閥ととにかく話題が多い。半沢の同期、近藤が壁にぶつかりながらも徐々に本来の自分を取り戻し始めていく過程がとても好き。怒りってすごい原動力だと思う。

  • 「オレたち花のバブル組」(池井戸 潤)電子書籍版を読んだ。なんかこう水戸黄門とか桃太郎侍とか遠山の金さん的なノリの面白さだねえ。

  • 面白かった。読み出したらなかなか止められなかった。
    前作と同様、窮地に追い込まれてからの怒涛の反撃、不正を暴いてい行く過程が痛快で良かった。

  • おもしろいです。エンターテイメントとしては◎。
    テンポよく一気に読めちゃうし、それだけ物語に引き込む力もあると思います!

    ただ、今作は前回と比べてもリアリティにかけると感じた点がいくつかあって、ところどころで興が削がれる部分もあります。

    悪いことするのに、脇が甘過ぎる人おおすぎ!

  • ご存知半沢直樹シリーズ第2弾です。
    相変わらず銀行内部ってこんなにどろどろしてるの?って疑いたくなる内容です(^^;

    正義感にあふれた半沢直樹が銀行内部の不正を暴いていく物語。
    リアリティはないのですが、臨場感という意味ではとても面白い作品です。

  • 引き続き大逆転はぶりは痛快!
    ただ、敵役が隙だらけなのが気になるところ。もっと手強い相手でもいいんじゃない?
    あと、本のあとに気になってドラマ見た。本の方が面白いね。あと花がいい人になってる…

全24件中 1 - 10件を表示

池井戸潤の作品

オレたち花のバブル組に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

オレたち花のバブル組を本棚に「読みたい」で登録しているひと

オレたち花のバブル組を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オレたち花のバブル組の単行本

オレたち花のバブル組の文庫

ツイートする