トーク・トゥ・ザ・デッド [DVD]

  • 15人登録
  • 2.75評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
  • 2レビュー
監督 : 鶴田法男 
出演 : 小松彩夏  加藤和樹 
  • オデッサ・エンタテインメント (2013年12月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4571431210116

トーク・トゥ・ザ・デッド [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 2014年7月3日

    <TALK TO THE DEAD>

  • <私的ホラー映画祭㊾>
    携帯というありきたりの装置を使っているが、ホラーの定石をしっかりと踏んでいる鶴田監督ならではのクオリティー。小松彩夏が結構かわいい。

    【ストーリー】
    母が出奔したため、デリヘル嬢として働き幼い弟を養う百合(小松彩夏)。弟が病気にかかっているとわかっていながら一人にしてしまったところ、弟は死んでしまう。
    自責の念にかられる百合は、あるとき、同僚のマユから死者と話せるアプリの存在を教わる。そのアプリを使うと死者と話せるが、死者から「会いたい」と言われ、それを承諾した場合、自分も死の世界へ引き込まれてしまうらしい。まさかと思いつつ、そのアプリを試してみると、電話口の向こうから死んだはずの弟の声が聞こえてくきた。
    弟を死なせたことを悔やみ続けるデリヘル嬢が、死者と話せるアプリに手を伸ばすホラー。監督はビデオ『ほんとにあった怖い話』が反響を呼び、「リング0 バースデイ」「POV~呪われたフィルム~」など数々の恐怖映画を手がけ、Jホラーの先駆者と呼ばれている鶴田法男。幼い弟を養うデリヘル嬢を、日テレジェニック2004に選出された後、「NECK ネック」「武蔵野線の姉妹」など女優としても活動する小松彩夏が演じている。他、「神様ヘルプ!」の加藤和樹、「ばななとグローブとジンベエザメ」の桜井ユキ、「ヘヴンズ ストーリー」の嶋田久作、「宮城野」の毬谷友子、「ぼくはうみがみたくなりました」の大塚千弘らが出演。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

トーク・トゥ・ザ・デッド [DVD]はこんな映画です

ツイートする