極大射程(下) (扶桑社BOOKSミステリー) [Kindle]

  • 31人登録
  • 4.15評価
    • (5)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 染田屋 茂 
  • 扶桑社 (2013年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (260ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
小川一水
ジェフリー・ディ...
カート ヴォネガ...
アーサー C ク...
ロバート A ハ...
有効な右矢印 無効な右矢印

極大射程(下) (扶桑社BOOKSミステリー)の感想・レビュー・書評

  • 時間かかったけど面白かった。ボブ・リー・スワガーかっけえ、と思ったらこの後シリーズ物になってるのね、納得。でもこれ、何でPoint of Impactが原題らしいが、何でまた極大射程・・・題名で損してると思うなぁ。

  • ボブが最後の最後で逆転して勝利を収めるだろうと予想は出来ていたが、ギリギリまで追い込まれて正直ダメかと思った。逆転後の一気の判定がサバサバしていて面白かった。

    シリーズ物らしいが、続編は翻訳がひどいらしいので、ボブシリーズはしばらくお休み。訳がこなれるまで欲しいものリストに留めておこう。

  • この手のヒーロー物にずっと出会えていなかったので、夢中で読んだ。今はなきA・J・クィネル以来だろうか。
    とにかく主人公の人物造型が抜群。準主人公や脇役もなかなかいい。ストーリーは多分にご都合主義的だけれども、そのようなことはどうでもよいと思えるくらい、ヒーローがカッコイイのだ。
    幻の第1作で良かった。当分このシリーズで楽しめそうだ。

  • 「極大射程(下)」(スティーヴン・ハンター)を読んだ。いやー、面白いにも程があるだろっていうくらいに面白かった。銃社会アメリカの暗部がどうのとかの小難しい話はこの際置いておこうじゃないか。そうしておいて読めば痛快である。が、しかしまあ、アメリカアメリカだな、良くも悪くも。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

極大射程(下) (扶桑社BOOKSミステリー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

極大射程(下) (扶桑社BOOKSミステリー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

極大射程(下) (扶桑社BOOKSミステリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

極大射程(下) (扶桑社BOOKSミステリー)はこんな電子書籍です

極大射程(下) (扶桑社BOOKSミステリー)の文庫

ツイートする