アウトロー [DVD]

  • 247人登録
  • 3.32評価
    • (8)
    • (33)
    • (56)
    • (8)
    • (3)
  • 32レビュー
監督 : クリストファー・マッカリー 
出演 : トム・クルーズ  ロザムンド・パイク  リチャード・ジェンキンス  ヴェルナー・ヘルツォーク  デヴィッド・オイェロウォ 
  • パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2013年11月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113765381

アウトロー [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イギリスの人気小説の映画化。オープニングで無差別に5人が射殺される。

    そこに物凄い陰謀が隠されているのかと思わせながら、実は大した事なかった。

    複雑な意図があるようで無かった。敵のボスも簡単に倒されてしまう。

    トムクルーズ主演の映画って当たり外れが分かれる気がする。それでも、トムのキャラクターでなんとなく許せてしまう。恰好の良いトムを味合う。それでヨシとしましょう。

    テレビの正月番組を見るよりはマシかなにします。

  • うーん男のロマンって感じ……。前に見たのをあとから思い出した。

  • amazonprimeにて

  • 射撃の名手。ジェームズバー。
    5人の無差別射撃殺人。その犯人が ジェームズバーとされた。
    現場に落ちていた薬莢、そして 駐車場のコイン。
    コインについた指紋がジェームズバーのものだった。
    エマーソン刑事とロディン地方検事で、有罪を確定する。
    ジェームズバーは、ジャックリーチャーを呼べと言うメモを渡す。
    ロディン検事の娘が ジェームズバーの弁護をする。
    親と娘の葛藤が、この物語の主軸となる。
    ジャックリサーチャー/トムクルーズは、弁護士ロディンを助ける。
    トムクルーズは、現場に行って、なぜ?
    という疑問があった。
    射撃する場所が、標的が逆光なのに?
    なぜ、5人を無差別に射殺したのか?
    薬莢をなぜ落としているのか?
    駐車場に、なぜコインをいれたのか?
    という疑問から、トムクルーズにはみえてきたものがあった。
    そして、ジェームズバーの足取りと5人の被害者の状況を調べることとした。
    トムクルーズは、酒場に行ったら、サンディと言う美少女に声をかけられた。
    サンディにからんだということで、5人の若者に囲まれるのだった。
    あっという間に、その5人を ぶち倒す。
    映画では、銃撃戦よりもやはり格闘場面の方が生きている。
    トムクルーズの闘い方とスピードが並大抵ではない。
    あくまでも、急所を すこんと攻撃するのだ。
    それが、この映画の一番のみどころかもしれない。
    簡単に 警察に逮捕される。ここから、
    警察の内部に、なにかがあると言うことだ。
    トムクルーズは、警察に追いかけられる身になる。
    そして、謎解きは スピードアップしていく。
    弁護士に必要な情報を流して、
    刑事か父親である検事が黒幕かもしれないと示唆をする。
    トムクルーズのポイントは 射撃場だと思った。
    ジェームズバーは、射撃の練習魔だった。
    オハイオ州に その射撃場があり、そのオーナーである
    元海兵隊員に 応援をたのむのだった。
    元海兵隊員は 人を殺すのでなく、確実にポイントを狙う。
    いやはや、この映画のヒーローは 元海兵隊だったね。

    トムクルーズの推理、展開、格闘技の圧倒的な強さ。
    魅力が 満載。おもしろい。

  • テレビ観賞

    撃ち合って殺しあって…の映画かな?と
    思っていたら、意外と奥深い内容だった。

    ラストは、恋に落ちてアウトローじゃなくなる?を
    裏切ってくれてよかった(笑)

  • 分かり易い勧善懲悪もので良かった。女性弁護士が役立たずで鼻に付いたが、最後の最後でその意味を持ち、役所を取り返せて良かった。

  • クリストファー・マッカリー 監督は《ミッション:インポッシブル》も撮ってる。この作品では、ちょっとスタイリッシュで重厚なトーンにしている。暴力のニオイが充満していて、語り口が全くちがう。間を十分にとりヘビーなアクションを目指している。トム・クルーズの声のトーンも低い。

    5人のチンピラに囲まれるがコテンパンにやっつけるなんてのはよくあるシーンだが、重々しいので見てる方も力が入る。リアルなタッチでもトム・クルーズは『元米軍の秘密捜査官として名を馳せ、今は街から街へと放浪を続ける一匹狼。真実だけを追求し、正義のためには手段を選ばず事件に立ち向かう男であった。』というスーパーマンで殺られる心配はまずない。このあたりアンマッチがこの作品の面白いところ。アクションだけではなく、推理力を発揮するところもあって面白い。これもシリーズになるといいのだが。

  • 無差別射殺事件の容疑者が、1人の男の名前を書き残し、一体何者か?と調べていたところに本人がやってくる…という設定。

    面白かっただけに、最後の敵との対決時の有り得ない射撃だけは超人過ぎて笑っちゃう…

    射的場のじいさんが良い味出してた。

  • 3本ローラーのおとも。

    トムクルーズはミッションインポッシブルだけかと思ってました。ジャックリーチャーも面白かった。

  • 銃乱射事件の容疑者として、元米軍スナイパーのバーが逮捕される。証拠はすべて揃うも犯人は黙秘を続け、「ジャック・リーチャーを呼べ」と紙に書いて要求する。警察が身元を探ると、突然リーチャー本人が姿を現した。証拠など信用しない彼は、己の正義に従い真相解明に乗り出すが、やがてこの“完全犯罪”に潜む巨大な闇に気づき…。CGもスタントもなし!トムが自ら挑む、生身のド迫力アクションが炸裂!

全32件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

アウトロー [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

アウトロー [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする