未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる [Kindle]

  • 71人登録
  • 3.72評価
    • (9)
    • (6)
    • (11)
    • (3)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : ちきりん
  • 文藝春秋 (2013年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (88ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
伊賀 泰代
ロバート キヨサ...
デイル ドーテン
有効な右矢印 無効な右矢印

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられるの感想・レビュー・書評

  • 人生80年(もしかしたら100年)の時代に、人生50年の時代の定型ライフプランはもはや成立しない。確かにその通り。現実の変化に合わせて、自分の考え方・生き方をもっと柔軟に変えていっていいんじゃない?という提案。こういう本を読むと、知らないうちに随分と固定観念に縛られている部分が多いことに気付かされる。「自分が本当にやりたいことの優先順位」というのは毎年はじめに見直していこうと思う。

  • この本の中にもでててくる「ワークシフト」という本を読んで、ちきりんさんなりにまとめたのが、「人生は二回、生きられる 」ということです。20歳を過ぎてからの最初の就職。2回目の仕事は、40代半ばで決断する。右も左も分からない状況で選択した仕事ではなく、ある程度世の中が見えたうえで、どういった仕事をするべきか考えようということです。

    本を読み終えた時には、2回目の仕事をどうするかというだけではなく、どうやって自分が生きるべきか考えさせられます。それは、ワークシフトというレベルではなく、ライフシフトとも言える、もっと大きな視点で生き方を考えることができるでしょう。

  • 考え方は好きだけど、世の中の人全員に適用できる働き方ではないとおもう。ある程度恵まれた環境に生まれて、かつ地頭のいい自信のある人間には適用できるのかな。

  • 当たり前のことが分かりやすく書いてある。世間とか常識とかに惑わされないで、自分はどう思うか、自分はどうしたいか、考えよう、ということ。考えることは、こむずかしいことを積み重ねることじゃなくて、そぎ落としていくことだと思う。

  • ・9/28 読了.2日間でアッという間に読み終えた.思いがけず自分がこの人の言ってることを実践してしまっていた.ただもっと言うなら2回どころか3回ぐらいは生きられるんだと思うね.ただ人生は思ったより短いから4回ぐらい生き方変えたらおしまいだろうなぁ.4回目は老いのために意図せずに生き方が変わっちゃうことなんだろうけど.グローバリゼーションと格差是正の問題は前に自分が思ってたのと同じことが書いてあって面白かった.考えてみれば当たり前のことなんだけども.

  • 確かに大学時代、教授に「遊んで暮らしたい」と言ったら怒られました。(まあ、あれは社会でこういうことを言うなという経験の一つだったかもしれませんが。)
    大学時代、研究しなければ人生終わりだという強迫観念のある環境にモヤモヤしたものがありましたがすっきりしました。
    人はパンのみにて生きるにあらず。

  • 「ワークシフト」を読んだちきりんさんが、自分なりの未来の働き方を考えて書かれた本。

    最初はこの混沌とした先行きが見えない将来の中で、子どもを自立させるためには何を目標に勉強させたり、親として教えていかないといけないか、そのヒントが欲しいと思って読み始めた。
    けれど、むしろ、本の内容としては40代を前にした私の背中をおすようなヒントがたくさん描かれていた。

    子どもに前もって頑丈なレールを敷き詰めるよりも(むしろ、親が敷いたレールは、どうもとんでもない方向に行く可能性が高いようだ。)自分自身が迷いながらも、「私はこう生きたい」という道を模索しながら、考えて少しずつ行動をおこしていくこと、これが一番の私が子供にしてやれる教育なのかな。。と思うようになった。
    迷いながら、この年でも社会で稼げることを少しずつ子育て中に、家事、育児、仕事の算段を「考えてる」。
    そう、忙しさを言い訳に自分の人生を考えず、夫のため、子どものため、という言い訳ですべてを自己犠牲にしているという感覚は、甘えだな。海外で住んでいるから、長年専業主婦をしているから、何もできない、というのも甘えだな。
    この子育ての素晴らしい時間の中にも、ママとしてだけではなく、「私」という一人称を育てていくことに、小さな光をみつけた。

全7件中 1 - 7件を表示

ちきりんの作品一覧

ちきりんの作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられるを本棚に「読みたい」で登録しているひと

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられるを本棚に「積読」で登録しているひと

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられるはこんな電子書籍です

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられるの単行本

ツイートする