週刊 東洋経済 2013年 8/31号 [雑誌]

  • 24人登録
  • 3.18評価
    • (1)
    • (2)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
  • 東洋経済新報社 (2013年8月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910201350834

週刊 東洋経済 2013年 8/31号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • 「ワーキングマザー」特集で購入。

    こういう特集を、男性雑誌・女性雑誌でよく取り上げられていますが、どちらも、一方の主張を(女性誌では男性の意見を、男性誌では女性の意見を)強調しすぎな気がします。
    だから、「ほれ見ろ!これじゃあ歩み寄れない!」雰囲気になり、「じゃあ、どうしたら共存できるか・・・」という場がないのが残念です。
    「ゆるキャリママ」と「バリキャリママ」もそうです。
    どちらもいても良いと思いますが、対決させないと記事にならないのでしょうね?

  • 見出しが興味深く、思わず手に取りました。

    「ゆるキャリママ」の、下記の主張が印象的でした。
    ・育児放棄寸前のバリキャリママは、結局子供が思春期になったら問題児に育ち、そこに手がかかるためひっそりと仕事を辞めていく。自分たちのように、バランスを取りながら両立したほうが、仕事も長続きするし家庭も幸せだ

    また、某人事担当者の、下記のコメントも。
    ・幹部候補生はキャリアプランを年単位で作っている。子供を産む気なのかは非常に気になるが直接は聞けず、社内で交際のある人から密かに情報収集を行っている
    ・正直、2人目を産まれると、通常の昇進コースに乗せることが難しくなる

    そして、
    ・15歳未満の子供よりペットの数のほうが多い
    というデータにも衝撃。

    多分、数十年後に振り返れば、「なんて頭の悪い時代だったんだ」となるのでしょうね。
    自分のやりたいようにやるのが一番。

  • 首相は浦でいろいろな人に会っているそうだ。

  • 表紙のサブタイトル等で、期待が高かった分、中身が、既知の情報の寄せ集めでがっかりした。

  • 地元の図書館で読む。エジプトに関する記事を読む。西欧的価値観を信じるエリートがクーデタを支持する。逆に、伝統的価値観を持つ民衆は、旧政権を支持する。タイに似ている。

  • ワーキングマザー特集は、女性がいるチームの管理職となってから読むと、
    また違った印象を持つのかも知れない。

    「バリキャリ」や「ゆるキャリ」など、多様性を維持しつつ、組織として
    パフォーマンスをどう追求するかは、考えさせられる内容。

    以下、コラムで印象に残った内容。

    ■日本株式に対する投機的投資(野口悠紀雄)

    ①ユーロ危機の変化を受けて、欧州から日本の
     短期国債へのネット投資が、11年7~9月期に頭打ち

    ②それに伴い、円高が是正された。
     それを受けて、円安に向けての積極的な投機が始まった。

    ③円安による輸出産業の利益増大が予想されるので、
     12年8~9月頃から、日本株式に対する米国からの
     投機的投資が始まった。


    ■教育界に革命を起こす公開オンライン講座(妹尾堅一郎)

    ・MOOC(Massive Open Online Course)は、
     世界から優秀留学生を獲得する手段という本音がある。
     マイケル・サンデル教授の「白熱教室」によって、
     どれだけ世界の優秀な学生がハーバード大学を目指すようになったか。

    ・まず、基本的な知識はオンラインで事前学習し、その上で対面授業に臨む。
     つまり、教室での対面授業は知識活用を訓練する場として位置づけられる。

    ・教員は、単なる知識保有者として「確かめられ体系立てられた知識を、
     順序立てて教える」だけの「知識伝授」役では務まらなくなる。
     それについては、世界の超一流「グローバルプロフェッサー」に委ね
     られるようになるからだ。

    ・集合座学による知識伝授の大部分は、オンライン反転学習に置き換わるだろう。
     (反転学習=知識習得と課題調整の役割が従来と「反転」すること)

    ・産業においては、事業や技術をフルオープンにしては競争力は得られない。
     オープン領域とクローズド領域を切り分けと組み合わせが重要。

全6件中 1 - 6件を表示

週刊 東洋経済 2013年 8/31号 [雑誌]はこんな雑誌です

週刊 東洋経済 2013年 8/31号 [雑誌]のKindle版

ツイートする