高慢と偏見 [DVD]

  • 31人登録
  • 4.88評価
    • (7)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
監督 : サイモン・ラングトン 
出演 : コリン・ファース/ジェニファー・イーリー 
  • IVC,Ltd.(VC)(D) (2013年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4933672242118

高慢と偏見 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • ほぼ20年前のコリン・ファースがスラッと長身で魅力的だった。21歳のエリザベス役のジェニファー・イーリーさんがどこから見てもおばちゃんに見えたけど目をつぶろう。その姉ジェーン役のスザンナ・ハーカーさん美しい~トロ~ン。
    作家ジェーンオースティンの作品はどれもすばらしい。今の時代に見ても心打たれる。イギリスの紳士、淑女たちのプライドや世の中の偏見が見事に描かれている。せつない気持ちにさせてくれた。
    このリンク先は俳優陣のことがかかれていておもしろい
    http://bronze.client.jp/cinema/group_ko/pride_and_prejudice.html

  • ひゃあ~ぁ、あ~ぁ、やっぱりやっぱり面白かった!

    新潮文庫の新訳を読んで、面白くって、
    「高慢と偏見」大好きな気持ちがまた高まり、
    この想いを一気にBBCドラマ視聴へ
    ぶつけてみました!

    実は、DVD持っているのですよ…フフフ

    今回は吹き替え版で観てみました。

    前回Huluの無料期間で視聴したときは
    全部で10時間くらい…なんて書いているけど、
    実際は323分なので、5時間20分くらいでした。
    すみません。

    私の好きなシーンは

    エリザベスちゃんがお友達のシャーロットの家に
    遊びに行ったとき、
    ダーシーさんの挙動不審、からのプロポーズ、そして玉砕。

    その後、ダーシーさんのお屋敷のペンバリーで
    突然エリザベスちゃんと再会したダーシーさんのどぎまぎ、からの親切。

    そしてキャサリン夫人との「対決」!、

    ダーシーさんとエリザベスちゃんが素直になって結ばれるところ、
    など観ても読んでも、嬉しく楽しいわい!

    また、キャスティングも素晴らしく、
    お友達のシャーロットさんのブスさ加減も絶妙でうなるほどだわ!
    (ひどい書き方のようだけど、シャーロットさんが
    上手い具合にブスじゃないと話が進まないの)

    また、皆が嫌いなコリンズ氏が、
    髪の癖ですべての毛が前に向かってうねっているところをみても
    ほんとにつくづく、気持ち悪い!!アハハ、当たり役~

    ベネット夫人も、ウィッカム氏も、リディアも、
    ほんとみんな馬鹿!!
    あー、でもこんなに明るい気持ちで
    後ろめたくなく「馬鹿」と言えるのが
    すがすがしいわ。

    本来なら若い綺麗な女優さんにありそうな、
    ダーシーさんの入浴、お着換えなど
    サービスシーンもおりこまれております。
    (やはりダーシーさんに夢中の私の様な人間にむけてかしら?)

    景色も綺麗、お洋服も素敵、

    物語の最後の方が省略されて、
    私の好きなダーシーさんをからかうエリザベスちゃんをみて
    ダーシーさんの妹がびっくりするシーンなどがなく
    そこは残念だけれど、

    このDVDは買って正解。

    いまは意地悪なビングリーさんの妹キャロラインの
    吹き替えの物まね
    (ゆっくーり意地悪ーく低い声で言うのがポイント)
    を練習中でーす。

全2件中 1 - 2件を表示

高慢と偏見 [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする