COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2013年 10月号 [雑誌]

  • 163人登録
  • 3.46評価
    • (4)
    • (15)
    • (25)
    • (2)
    • (0)
  • 19レビュー
  • 講談社 (2013年8月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910132231035

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2013年 10月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • コンプレックスが僕を成長させた。たまには休息をとって栄養補給するすべを学ばないとリーダーとしては立派とはいえない。

  • どこへいっても良し悪しがあるが、自分の人生は自分で決める。労働法は調べた方が良い。年齢と転職の成功の良し悪しはもはや相関関係にないのか。

  • 海外への憧れが増しました。
    閉塞感のあるこんな国に居続けるより海外に出た方が身の為だと感じました。

    巻末についている日本土産は読んでいて楽しかったです。

  • 特集としてはとても興味をそそられるものであった。
    初めてこの雑誌を読んだがあまり良質とは言えないと感じた。噂話を読んでいる気になる。ソースが不明確?雑誌なんてみんなそんなものと言ってしまえばそうなのだが。。。
    ただ、日本ではあまり語られない、海外の視点をかじるには良いと思う。

  • やっぱり、海外で暮らしてみたい。

  • やっと読了。
    今回の特集は「やっぱり、海外で暮らしてみたい。」で、とても期待して読みました。

    載っていたケース(ロケーション)は、7つ。
    ロンドン、パリ、NY、ハワイ、マレーシア(KL)バンコク、シンガポール。

    LA、サンディエゴあたりも気になるので、引き続き調査するとして、
    物価、利便性と移住後のライフスタイルを掛け合わせると、マレーシアあたりが良さそうで、次点バンコクってところかな。
    パリやNY、シンガポールはやっぱり高いですね。

    もう一息貯めたら、本格的に移住計画すすめたいです。

  • 海外で暮らすチャンスを自らが手放して...もったいなかったのだろうか?

  • 自分にとって、
    住む場所はどこでもいい。
    いつだって、世界と繋がっていれば…
    いつだって、世界の人達とやり取り出来れば…

    だけども、色んな国に
    家があるってやっぱりいいなって思う。
    あそこに家がある!
    あそこに快適な空間がある!
    そう思うだけでも、
    なんだかそこに親近感が沢山湧く。

    みんながいつだってそう思える、
    場所を作りたいなってなんだか全然的外れかもしれないけども、
    思った一冊。

    来月号が楽しみ。

  • 2013/09/02 購入。

  • 内容薄め。海外の暮らしは日本より苦労が多い。しかし、得るものも多い。人生一回しかないなら色んなことを経験・習得したいな。

  • 今回はちゃんと取材してるな。と感じた号だった。2,3年前のクーリエを思わせる内容で楽しめました。新興国に住む人の部屋のリアルさといったら無いです、本当にああいう感じですよ。海外に住むって一口にいっても結局パリとかに住んでるのは現地に住んでる人と結婚した日本人女性だったりして、前時代的って言うか、もっと前衛的な姿勢で海外で暮らしている人もいるはずだからそういう人を取材したらもっといいと思うんだけどなああ。誰もが憧れるようなものではないにせよ、それこそ21世紀と言えるようななにかがやっぱり欠けてる。

  • 別に、海外で暮らしたくない。
    と思う人は多いはず。このコピーは正直イマイチ。

    昔ほど「海外=成功」という単純な図式ではないのだけれど、そこんとこどうお考えなのでしょうか?と問いたい。

    グローバル化が進むと、海外が否が応でもあたり前になってくるのに、今さら「やっぱり」って。
    あんまり頭よくないのかな、と思ってしまう。

  • 海外暮らしのメリットだけでなく、落とし穴などについてもしっかりケーススタディとしてまとめられていて面白い。

  • もう少し海外生活の国々にバラエティが欲しかったです。

  • やっぱり、海外で暮らしてみたい。ということで、海外生活、海外で働くこと、生活することについての特集である。
    暮らしてみた感想は、本当に面白いということ。閉塞的で、サラリーマンの塊のような、半沢直樹の世界そのものの日本から、
    海外で開放的且つ自身がやりがいと責任を感じながら仕事をすることは非常に良い経験になる。あとは、日本人としてのアイデンティティと、
    日本文化について考える契機となることだ。英「モノクル」誌が選んだ暮らしやすい街ベスト20で、1位はデンマークのコペンハーゲン、2位はオーストリアのメルボルン、3位フィンランドのヘルシンキ、4位は東京である。ワークライフバランスが出来上がっているコペンハーゲン。5時に退社するライフスタイルが当たり前。税金が高くて人口が少ない、街自体に魅力があり、生活費が高く、カフェやレストランが充実している。これは東京でも実現できると思うが、どうだろうか。

  • イシキタカイ系を煽る印象の強いクーリエらしからぬ、現実的な話が主だった。考え無しに飛び出して路頭に迷った元公務員のケースとか。

  • そろそろ1年ぐらい海外に行きたいなぁ。

  •  閉塞感漂う日本。ベンチャーが育ちにくい日本。日本にいると「宇宙人」扱いされてしまう人。そんな中で海外に移住して一旗揚げよう、環境を変えて自分を変えようなど様々な理由で海外を目指す人に関する特集が載っている。

     東アジア、東南アジア、西ヨーロッパ、アメリカが特集に取り上げられている地域になっている。移住と言って浮かぶのは、アメリカ、しかもニューヨークだ。ニューヨークは「アメリカン・ドリーム」というコンセプトを世界中に宣伝して人を引き付けている。その夢がフィクションで終わるか、ノンフィクションになるかという分かれ道があり、成功して取り上げられる人の倍以上はフィクションのまま実現することなく人生劇場の幕を閉じる方が多い。

     それでも、人生1回限りなのだから自分の可能性に欠けてみたいという方には一つの参考になるかもしれない。

     フランス人記者があの新宿駅に足を踏み入れた時の様子が取り上げられている。「目印のない空間に入り込む」と表現している。巨大なジャングルと言ってもいいあの新宿駅(東京駅も縦横が長いから複雑さでは引けを取らない)を「森林」とも称している。

     時間の正確さをJR新宿駅の副駅長から説明を受けてフランス人記者は、「この国の人々は時間をコントロールできれば世界をコントロールできる、という幻想を抱いているのか」と思ってしまったようだ。

     19世紀から変わらないとして、そばを例に挙げている。そばと言うのは立ち食いソバやでそばを自動販売機で食券を買って店員に渡すとアツアツのそばが出てきたとある。そばは昔から変わっていないと述べている。

     完全保存版として「世界の人が喜ぶニッポンのてみやげ」としていろいろなものが掲載されている。フムフムと思うものから意外なものまで外国の方に喜ばれるてみやげ。てみやげの世界も奥が深いなあ。ハリウッドセレブがTOKYOで買ったもの、食べたものという記事で、意外なものをリクエストした方がいる。それは読んでのお楽しみにしたいと思います。

     

全19件中 1 - 19件を表示

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2013年 10月号 [雑誌]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2013年 10月号 [雑誌]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2013年 10月号 [雑誌]を本棚に「積読」で登録しているひと

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2013年 10月号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする