エンド・オブ・ホワイトハウス [Blu-ray]

  • 127人登録
  • 3.20評価
    • (3)
    • (17)
    • (22)
    • (5)
    • (4)
  • 22レビュー
監督 : アントワーン・フークア 
出演 : ジェラルド・バトラー  モーガン・フリーマン  アーロン・エッカート  アンジェラ・バセット  メリッサ・レオ 
  • TCエンタテインメント (2013年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4571390733664

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

エンド・オブ・ホワイトハウス [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • この後に出た《エンド・オブ・キングダム》が面白かったので、前作に戻って見た。
    前半のホワイトハウス襲撃のシーンは圧倒的。《エンド・オブ・キングダム》のように荒唐無稽ではあるが、そのを凌ぐスピード感とアイデアがある。アメリカ人が見たらさらに衝撃的だろう。
    ホワイトハウスに軍が来るのに15分かかる。ホワイトハウスを乗っ取り作戦は13分で実行される。修理が入って壁が二重になっている。ホワイトハウスを占領してもすぐ奪還されるだろうにと思うが、大統領が避難する地下に同行することで、攻撃をうけずにテロを実行できる。といった作戦がよくできている。
    攻略したのは北朝鮮のテロリストで、目的は第七艦隊を撤退させる。これで韓国を併合することができる。もう一つはケルベロス・コード入力。これは誤って核発射してしまった時のために核を自爆させるためのコードで、これをスタートさせることでアメリカ本土で核爆発を起こすことができる。外から核攻撃しなくても内側で攻撃できてしまうわけだ。
    真偽の程は定かではないが、アクション映画の設定としては十分。
    そして単身戦いを挑む主人公。
    《ダイ・ハード》のホワイトハウス版を期待するところだが、ここからが急に話がつまらなくなる。主人公は自分が死んだように工作しながら、画面で安っぽい大口を叩く。妻にのんきに電話する。戦い方にアイデアも何もない。テロ側も地下にいれば安全なのにのこのこ出てくる。主人公との追跡劇にならないのはどうしてだろう。建物の構造を活かした戦闘があってよさそうだが皆無。前半とは別人が撮ったような出来だ。
    最後銃に撃たれはするが、生き残った大統領。玄関から出てくるのに待ち構えるのには兵士ばかり。しばらく歩いて担架が来る。こうしたちょっとしたところの不自然さが全体の緊迫感を削いでしまってる。

  •  ホワイトハウスが大規模な襲撃を受ける! ホワイトハウスの地下で大統領を人質にとったテロリストに立ち向かうのはたった一人のシークレット・サービス。

     悪くはないんだけど、同時期の『ホワイトハウス・ダウン』と比較するとどうしても見劣りする。
     『ホワイトハウス・ダウン』は起きることがうまい具合にやり過ぎで見ていて面白いが、『エンド・オブ・ホワイトハウス 』は敵のテロリストが変に強すぎる以外は別に普通なんだよね。どうやってあそこまでの武器を持ち込んだんだろう?って気になっちゃう。
     あ、でもナイフ・アクションは悪くないですよ。決してつまらない映画ではない。

  • 序盤30分のワクワク感はとても高い。

    大統領息子とともに、ホワイトハウスをよく知るふたりだからこその逆襲か?と思いきやあっさり息子解放。。

    そうなると孤軍奮闘に説得力がないなぁ。
    ひとりでじっくり逆に尋問までできてしまうのは無理があるな。。
    ラスト30分は冷めていった。

  • あまりにも安易にホワイトハウスが陥落して少しびっくり。

  • ホワイトハウス×映画とくれば、
    テロ対象として多く描かれる場所となりました。
    この作品も、同様にガンアクションで
    ど派手に攻め込まれています。
    しかし、王手はとられずに、無事決着。
    アメコミ系アクション派じゃないアクション映画好きの
    期待を裏切らないストーリー展開です。
    アメリカの勧善懲悪の型ストーリー。

    女性陣がコレを見て楽しめるのは、
    ちょっと枯れオジ分野の代表格、ジェラールバトラ―が
    ゴリゴリじゃないアクションをしている姿に
    きゅんとするんじゃないでしょうか。



    本作以外にも、他のホワイトハウス攻め作品を
    観ていて感じるのは、
    現地は実際に見学場として
    公開されていることから、色々な攻め方で
    取り扱われて、ホワイトハウス側も協力している部分も
    あるようですが、これだけ色々扱われても、
    地下施設については肝心の防護装置等について
    語られていないので、うまいこと宣伝効果的に
    ホワイトハウス側が利用しているなー、
    ハリウッド×ホワイトハウスの互いの提携戦略の
    すごさを暗に感じます。
    そういった、互いを強く繋ぎながら利用しあう密約みたいなの、過去に結ばれていると面白いですよね?
    金と権力と暴力と秘密は、政府とカウンターパートが
    持ちえる唯一共通のものだと思うのですが。

  • レンタル。先に映画館で『ホワイトハウス・ダウン』を観たのでまたホワイトハウスでダイハードやってるなと。
    でもこっちの方が面白い。

  • これ、北が見たらどうなる?と言う位の映画でした。

  • 日本ではホワイトハウスダウンの宣伝しか見ませんでしたが。
    どちらが良いのかは、ホワイトハウスダウン見てないので分からないですけど、
    何と言うかダイハードのホワイトハウス版と言う感じでそれなりに楽しめた感じではあります。
    ダイハードと同じくらい滅茶苦茶な所も含めて。
    しかし、やっぱり、外国人の区別がなかなかつきにくくて、最初に誰が死んでどういう関係だったのかがイマイチ分からずにぼんやりした感じでした。
    まあ、向こうからしてみればアジア人がそんな感じなんだろうけどね。

  • つまらない。
    見どころはモーガン・フリーマンくらいしかない。
    後一本のホワイトハウスのほうが面白かったし、展開として楽しめる。

  • ついこの前『ホワイトハウス・ダウン』を観たばかりなので「そうそう、この噴水の周り!」とか「あーー!この前壊れたばっかりなのに!!」とか、ちょっと話が混同しそうになったw
    『ホワイトハウス・ダウン』がギャグ要素もふんだんに盛り込んだ娯楽アクションなのに対し、この『エンド・オブ・ホワイトハウス』はガチガチのミリタリーアクション。
    たった10数分でホワイトハウスが落とされるという国家として過去最弱のアメリカが描かれた映画(?)。そしてその危機を救うのは元シークレットサービスであるバニングたった1人。ストーリーはまぁ有りがちで特に目を見張るものはないけど、緊迫した銃撃戦は中々の見応え。自分的にはやはりモーガン・フリーマンの存在感に注目。

  •  北朝鮮のテロリストがホワイトハウスを乗っ取り、それを奪還するお話。
     緩急ありつつもテンポよく進んでいくので飽きなかった。

  • NG集の“ファック”の数を数えよう、来日会見の映像はジェラルド・バトラーの人の良さが伝わります、多分宣伝巡業で疲れてるんでしょう、映画本編よりも痩せてる感じに見える

  • 【2013年 映画館鑑賞】

    テロリストの奇襲により15分でホワイトハウス陥落...。
    こんなに手に汗握るハラハラドキドキの銃撃戦は初めて!
    ほんと凄くて圧巻の一言です。
    ラストまで緊迫して疲れちゃいましたが面白かったです。(^^)

  • 今までにないアメリカ弱すぎ設定で最初からハラハラドキドキ感あって、ずっと引き込まれたままラストまでテンポよかったです。普通に面白かった。

  • アクションシーンに迫力あって結構おもろかった。

    アメリカ弱すぎ設定。

    同時期に公開された映画「ホワイトハウス・ダウン」とタイトル酷似で混乱したけど、こちらの原題は「Olympus Has Fallen」。そうしとけよ。

  • 哀しいかな、先が読める・・予定通りでまったく驚きも新鮮さも面白さもない…。まあ、わかっていましたが。

  • ジェラルド・バトラー目当てなので満足。予告見てモーガン・フリーマンが大統領だと思ってたら違った。よくこんな映画作ったな、というくらいアメリカ弱すぎで頭悪い。大統領は脅威の治癒力・・・。

  • エンドオブホワイトハウス、設定はアメリカの病的な部分そのものって感じなんだけど、アクション作品としては良作だった(*´ω`*)
    特に肉弾戦のディテールがなかなか凝っていて痺れたよ!でもジェラルドバトラーはマシンガンプリーチャーに続き脱がないよ!

  • [2013年作、劇場鑑賞]<ユナイテッド・シネマ札幌>
    北朝鮮ゲリラの襲撃戦略はある意味で古典的で陸空からの陽動作戦と韓国訪米団に紛れ込ました潜入部隊で大統領以下を拉致してバンカー(地下の核シェルター機能を備えた大統領危機管理センター)に立てこもるもの。要求事項は日本海域からの第7艦隊撤収と核爆弾作動コードで、米軍の無力化を図るのが目的・・・。んっ、韓国軍、自衛隊の戦力だけなら自国戦力で戦える、ってわけかな。後半は『ダイ・ハード』のジョン・マクレーンか『24』のジャック・バウアーかという主人公の超人的活躍でメデタシ、メデタシ。北朝鮮の国際戦略は?陸海の武器満載陽動部隊はどんな手段で警戒網を突破した?といった説明は一切無く、アクションを見せることに徹している所が潔い。・・・アシュレイ・ジャッドが出ていると思ったら始まって直ぐに死んじゃったヨ!

全22件中 1 - 22件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

エンド・オブ・ホワイトハウス [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

エンド・オブ・ホワイトハウス [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

エンド・オブ・ホワイトハウス [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする