珍夜特急4―東欧・バルト3国・北欧― [Kindle]

  • 57人登録
  • 3.69評価
    • (1)
    • (16)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
  • クロサワ レタリング (2013年8月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
村上 春樹
デイル ドーテン
有効な右矢印 無効な右矢印

珍夜特急4―東欧・バルト3国・北欧―の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 柔軟に計画を練り直す旅、その先にある偶然の景色、人との出会い。旅に出たくなってきた。

  • ドイツでバイクを整備後、予定の無かった東欧、バルト3国へ向かってからの話。
    夜の歓楽街で恥ずかしい出来事も包む隠さず書かれています。
    だんだん、ハシシと呼ばれる大麻にハマっているので、大丈夫かいなとおもいながら、
    結構、名言を残しつつ関心させられた。

  • ・5/11 読了.北欧は野宿するにはいくら夏でも過酷な地域なんだろうね.やっぱりどこも国の南に首都があるものうなずける.一度行ってみたい.

  • 気づけばどんどん読んでる。完全にはまってる。主人公の何とも言えないキャラクターがいいのかな。特にいやらしくもなく、自然体で、そこがいいのかも。

  • これまたどんどん読めてしまう。本当におもしろい。最近まじめな本を読んでなくてやばい。

    kindle unlimitedにて。

  • 大麻吸ったり、女の人を買ったりっていう事を当たり前のように書いちゃうところが、男らしいというかなんというか…。
    そう言った楽しみだけで、同じ国に何日間もいて、所謂観光名所の記述がないのも、何だか勿体無いような気もする…

  • 2015/07/07

  • ポーランドは行ってみたいんだよね。五木寛之の「ワルシャワの燕たち」が原因。バルト三国も。それにしてもタリンのフィンランド人…。

  • 愛車のバイクを持ち込んでの、インド~ポルトガル間ユーラシア大陸横断紀。バイク乗りなら心躍ること間違いなし。出会い、現地の空気感、バイクならではのトラブルなど見どころ満載。

全9件中 1 - 9件を表示

珍夜特急4―東欧・バルト3国・北欧―に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

珍夜特急4―東欧・バルト3国・北欧―を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

珍夜特急4―東欧・バルト3国・北欧―を本棚に「積読」で登録しているひと

珍夜特急4―東欧・バルト3国・北欧―はこんな電子書籍です

ツイートする