社長失格 [Kindle]

  • 61人登録
  • 3.52評価
    • (4)
    • (9)
    • (6)
    • (3)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 板倉雄一郎
  • 日経BP社 (1998年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (122ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
岸見 一郎
カイザー・ ファ...
ヴィクトール・E...
ジェームズ アレ...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

社長失格の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・事業を創出する能力と起業を経営する能力は別物である

    ・優れた事業モデル、人材を揃えても"タイミング”を見誤れば崩壊してしまう

    ・ときに、ベンチャーではたった一人の優秀な人材の存在が大きな意味を持つことがある。それを失うのは、経営者失格である

    ・アメリカでの成功を信じきっていた頃に、経営に影が現れ始めていた。こういった脇の甘さから崩壊は始まる

    板倉氏の目線から、主にハイパーネットの創業から破産にいたるまでの経緯が生々しく描かれている。
    資金調達計画の重要性、社内コミュニケーションの欠如による不振感が生む不和、時代(当時の金融改革による無担保融資からの一転した貸し渋り)に飲み込まれていく様は失敗のケーススタディとして、企業経営というものの学びとなる。

  • 本書は当事者が企業の倒産した後にそれまでの経緯を記した貴重な資料であり、特に会社が発展して行く中での課題や当時の外部環境に影響されている事象など興味深く読むことができた。現在のIT環境をみると同社のビジネスモデルが現在まで継続できていなかったと思われるが、著者がもし現在も事業継続できていたらどのようなサービスを展開しているのか気になるところである。

  • 起業家(起業)と企業家(経営)は違うということがよく表されていた。経営とは、やるべきことをコツコツやる、地味なオペレーションも重要だということがわかり、勉強になった。

  • 010

    ベンチャー企業の興廃を社長自ら綴った本。

    ⑴派手好き・豪腕・IT・破天荒・時代の寵児。
    そんな典型的ベンチャーが祭り上げられては
    ブームが過ぎ去り廃れている様はいつの時代も変わらない。
    15年前に書かれた本だが、今読んでも違和感は全く感じない本。

    ⑵起業するのは後先考えないタイプ
    「不格好経営」でも触れていたが、起業する人は勢いなんだなと改めて思った。「まずコンサルで」とか思っている人は多分起業するタイプの人間ではないんだろうなと思った。悪い意味ではなく。
    自分のアイデアを盲目的に信じられる楽天家であり思い切りのよい人、というのが起業する人の大前提なのかなと思った。

    ⑶事業者の敵としての銀行
    この本に書かれている銀行の描写はマジでえげつない。
    リスクを取らず、ただ勝ち馬に興味があるだけという銀行の態度は
    まさに「晴れの日に傘を貸して、雨の日に取り上げる」感じ。
    これがまたノンフィクションだから困る。
    来年から銀行で働くのが不安になった一冊でもある。

  • 当事者(社長)による、会社倒産ドキュメント。繁栄からの転落があっという間すぎてたいへんこわかった。当事者による反省目線なので、良かった時期も裏側ではいろいろなひずみがすでに起こっていたのであった、という述懐が多く、全体としてホラーテイスト。どこかひとつに原因が収斂するわけではなく、複合的な要因が絡み合っているところもこわい。たいへん面白かったです。

  • 会社を経営することの難しさが、裏表なく書かれていますが、読み終わった後に、なんと言っていいか分からない気持ちになってしまいます。お金、人、サービス、取引会社、融資先。様々なものが繋がって、ひとつの会社があります。そのすべてのバランスがうまく取れているうちはいいのですが、何かがほころび始めるたとき、会社の危機がやってくるのでしょう。

    画期的なアイデアを思いついて事業化し、一気に急拡大しようとしたのが、失敗の原因だとは思います。しかし、銀行などの融資先のさじ加減ひとつで、会社というものが、ここまで傾いてしまう事実に言葉がでません。かなりリアルに様々なことが書かれているので、この話に引き込まれ、一気に読み切ることができました。

    男性の人は共感できる部分が多い本ではないでしょうか。現実の厳しさも感じますが、それ以上にもっと大きい仕事をやってみたいなぁと思わせてくれました。著者の失敗をケーススタディにし、この本から学んだことを実践していかなければいけないと思います。

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

社長失格を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

社長失格を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

社長失格はこんな電子書籍です

社長失格の単行本

ツイートする