キャリー [DVD]

  • 130人登録
  • 3.38評価
    • (9)
    • (19)
    • (23)
    • (11)
    • (1)
  • 28レビュー
監督 : ブライアン・デ・パルマ 
出演 : シシー・スペイセク  パイパー・ローリー  ジョン・トラボルタ 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142966926

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

キャリー [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 物語の背景などはミニマムだけど、各キャラの目線(カメラワークっていうんです?)がすごくわかりやすくなってて面白かった!高校生の時は、ヤバイ母親に育てられた気の毒な娘という印象しかなかったけど、いやいやプロムではにかむ表情なんかも奥深く見応えありました。トラボルタと女性教師はとんだとばっちりで気の毒だ。

  • とってもかわいそうな物語でした。
    力に、気づいても大切な人には手を出さない人間てきなところがあり、
    やはり、母親の育て方さえ良ければもっと良い人生を送れていたよ。
    きちがいな母親とストレス溜まりまくりのいじめっ子たち。

  • 請求記号:97K087(館内視聴のみ)
    所蔵資料はレーザーディスクです。
    今出川資料(11月中京田辺に取り寄せ。)

  • ネットで視聴

    原題:Carrie

    公開時に映画館でみたのだが、久々に見たら(ということは40年ぶりか!)、やっぱり面白かった。
    字幕なしだったけど、それも関係なし。

    いやはや、名作です。
    最後はやっぱり飛び上がってしまった(このシーン、すっかり忘れていた)。

    ニコニコ動画でもみれますね。
    必見の映画です。

  • オリジナルはやっぱ良い。
    リメイクは、ね。

  • お母さんがもうずっとクローディアかな?って感じだったからキャリーもヘザーみたいになるんかなって思ってたらもっと怖かった。ホラー映画(心霊モノ)と思ってたんだけど全然違ってサイコサスペンスって感じだった。人間が一番こわい。

  • 何度観ても夢オチなのかいまだにわからないけど
    キャリー、あなたはあなたなのよ

    【キャリー】予告編
    https://www.youtube.com/watch?v=sG2UTWfVxbI&feature=youtu.be

  • ■タイトル

    タイトル:キャリー

    ■概要

    クラスメートにいじめられてばかりのキャリー。
    しかし、彼女には隠されたパワーがあった。あるパーティで突然
    クイーンに選ばれに選ばれ有頂天になった彼女だが、それがクラス
    メートの残酷な悪戯であったことを知る。舞台に立つキャリーに
    真っ赤な血が降り注ぎ、彼女の悲鳴が、そして次の瞬間本当の惨劇
    が起こった──!
    (From amazon)

    ■感想

    題材は、スティーブンキング十八番の超能力です。
    ですが、この映画、凄いです。
    感情の表現が、凄い。
    これでもか!と色々な感情が詰め込まれています。

    また、後半の虐殺までの盛りあがり方が凄い。
    映像の見せ方も独特であり、かなり印象深いダンスシーンになって
    います。
    また、ダンスシーンからのキャリーが幸せの絶頂に登るまでの演出
    、そこから一転する地獄絵図も見事です。

    見ている方は誰もが、くるぞ、くるぞ~と分かります。
    それでも、そこから、視聴者を釘付けにさせる映像と演技は相当の
    ものです。
    本当に反省している人間、事情を知らない人間、味方となっていた
    人間をもことごとく殺してしまう、この描写は見事だと思います。

    「爆発した怒りは、誰の言葉も受け付けない」という事をこれでも
    か!!と描写しています。

    最後の終わりも壮絶です。

    キャリーを助けようとした同級生のシーンも、分かっていながら、
    実際に地面から手が出てきた時、思わず「わ!!!!」と叫んで
    しまいました。

    この分かっていても怖がらせる映像って何なんでしょうね。
    凄い技術と感性だと思います。

    面白いサスペンス映画が見たい人には、かなりオススメです。

    久しぶりに怖く面白いサスペンスを見ました。

    ■自分がこの作品のPOPを作るとしたら?(最大5行)

    サスペンスの見本ともいうべき作品。
    恐怖とはこうあるべき!というのが表現されています。
    文句なくオススメです。

  • 最近のキャリーを観た後でやはり昔のも観なきゃと観ましたが、いや凄かったです。

    話自体はあまり面白くないと思うのですが、主役シシーの迫力と圧倒的な演技力にくぎ付けです。
    暗くてさえない…いじめられるのもちょっととわかるなって感じの女の子。
    でもおしゃれしてパーティーに行って…。ドキドキしてるしぐさの可愛らしいこと!表面だけでなく中身の可憐さがあふれ出てて、目をうばわれます!

    いじめ役の女の子(ロボコップに出演)やその恋人役のトラボルタも魅力的でした。

  • 友人からも嫌われ、母親からも疎まれている、さえない容姿の女子高生キャリー。だが彼女には怒りを引き金として念動力を発揮する力があった。プロムの夜、悪質ないたずらとも知らずクィーンに選ばれたキャリーの頭上に、ブタの血が降り注ぐとき、惨劇が幕を開けた…。

    スティーブン・キングの原作をブライアン・デ・パルマが脚色した映画。ストーリーはやや退屈ですが、学校で苛められ、家では狂信的なキリスト教徒の母親に抑圧される、というキャリーの悲哀を丁寧に描いているからこそ凄まじいクライマックスに繋がっていると思います。ブライアン・デ・パルマによる演出も随所に効いていますが、クライマックスは画面分割ではなく細かいカット割りの方が効果的な気がします。

全28件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

キャリー [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

キャリー [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする