リトル・ダンサー [DVD]

  • 91人登録
  • 4.34評価
    • (24)
    • (8)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
監督 : スティーヴン・ダルドリー 
出演 : ジェイミー・ベル  ジュリー・ウォルターズ  ゲイリー・ルイス  ジェイミー・ドレイヴン 
  • ジェネオン・ユニバーサル (2013年11月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102158194

リトル・ダンサー [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 先生とブギを踊るシーンが爽快

  • 私の大っっっ好きな映画!!!

    観ると元気をもらえる映画!!

    ちょっと久しぶりに観たんだけど、
    泣いて、笑って、すごい元気もらった!!


    主役の子がすごくいいんだよ!!

    ダンスやってる!っていうきれいな筋肉のついた体で。

    この歳でしか出せない、
    葛藤とか子供であるがゆえの無力さとかエネルギーとかバレエが好きで好きでたまんない感じとか
    そういうのがもうね、眩しくてね、いいの。好きなの。大好きなの!!!

    私が最初にこの映画観たのって多分この子と同い年くらいの時だったと思う。
    だからかな、なんかすごいぐっとくるんだよね。

    もうね、パワーがね、溢れ出ちゃうエネルギーがすごいの。
    元気もらえる。


    そして挿入歌がどれもたまんなくいい!!
    「アイラブトゥブギ」大好き!!
    昔、あのシーンだけ何回も何回も観た!!


    ダンスシーンが!!素晴らしいの!!
    エネルギーがあって!!
    バレエが好きでたまんないのがびしびし伝わってきて!!
    大好き!!
    タップもまざるのもたまんない!!


    そしてお父さんは私を泣かせるのよ。・゜・(ノД`)・゜・。
    お母さんからの手紙とかもう号泣(T_T)(T_T)


    先生もかっこいいの!!
    あの体育館で後ろからライトで照らされて一人待ってるシーン。
    くぅ~!かっこいい!!

    ビリーが先生に言った「負け犬」って言葉はきっとその通りで、
    でもビリーは一生先生のことを忘れないと思う。


    トニーのおませ可愛い。
    マイケルも好き。
    お兄ちゃんも好き。
    おばあちゃんが抱きしめてくれるシーン泣く(T_T)


    作品全体にある閉塞感と
    ビリーのバレエ好き!!って爆発力が
    たまんない。


    とにかく久しぶりに観て、
    やっぱりたまらなく好きだわ、っていうのを再確認しました。

  • バレエ・ダンサーを目指す少年の家族の成長・愛情に感動します。サウンドトラックもお薦めです。

  • サウンドトラックもお勧めですよ。

  • 人のオススメで観た映画。
    ビリーが意を決して、父親の前で踊るシーンが印象に残った。

  • サッチャー政権のイギリスの炭鉱町が舞台。バレエが好きな11才のビリーの家庭は母が病死し、炭坑で働く父・兄、痴呆気味の祖母との4人暮らし。父と兄は組合労働者として長期ストライキ中。バレエの先生の主人も失業中。ビリーがロイヤル・バレエ団の入団オーディションを受けるのがメイン・ストーリーだけど、1980年代の炭坑都市の雰囲気、組合主導のストライキとスト破り、ゲイの級友の存在、炭坑労働者住宅の町並み、などサイド・ストーリーが色々。役者たちもみな好演。

  • ストーリーの終盤で、主人公がダンスを学ぶためにダンス学校の受験をする場面がある。
    受験や入学以降にお金が必要になるため、主人公の父はストライキを諦めて探鉱で働くようになるシーンがとても印象的だった。

    大人になると自分の夢を見ることが難しくなる。
    なんだかんだ無意識のブレーキが効くようになってしまう。
    家庭があったりすると新しいことにも挑戦しにくくなる。

    だからこそ、自由に夢を描ける子供が尊い存在に思え、
    そんな子供の夢をかなえる手助けをしたいと思うようになるのだろう。

    そんな大人に私もなりたいと、クソみたいな人格の私が言います。

全10件中 1 - 10件を表示

リトル・ダンサー [DVD]に関連する談話室の質問

リトル・ダンサー [DVD]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

リトル・ダンサー [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

リトル・ダンサー [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

リトル・ダンサー [DVD]はこんな映画です

ツイートする