Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 9/19号 [雑誌]

  • 41人登録
  • 4.07評価
    • (4)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
  • 文藝春秋 (2013年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910268530934

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 9/19号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • イチローについて、かなりの記事量です。

  • イチロー4000本安打の記念本。
    イチローぐらいになると、何度も記事になっているので、切り口も大変でしょうね。いろいろ考えないと。
    引退時は、必ずPLUS発売になるでしょうけど、そのときも大変そう。
    ま、引退のPLUSは、記事の再録メインでしょうけど、そのチョイスだけでも大変そうだ。

    個人的には、森くんの今が少し知れてよかったです。SMAPじゃなくなって、どうしてるんだろう?ていうね。

  • 通算4000本安打を記録したイチロー特集。
    愛工大名電、オリックス、マリナーズ時代のイチローが見られて楽しめました。

    今回気になったのはイチローよりも斉藤和己。
    113頁のスポーツ惜別録を読んで切なくなりました。
    ホークスに「斉藤・和田・杉内」がいたころ野球を好きになったので、斉藤が投げるところをもう一度見たかったなあ・・・と。

  • 今回は、4000本安打を達成したニューヨーク・ヤンキースの外野手イチロー選手が特集されている。日米合算の数字だけに賛否両論あるが、少なくともいえることは、この数字に一点の曇りもなく、薬物の力も借りずに、ハードなトレーニングの賜物だ。

     本人いわく、年齢に対する偏見の壁を破りたいと4000本達成した試合の後の記者会見で述べていたので、これからどうなっていくのか楽しみだ。

     ヤンキースに契約した時に控えいなっても構わないという条件でサインしたので、必ず試合に出られる保証はない。今シーズンも終わりに近づいているが、けがをしていた外野手が戻ってきて、イチローが試合に出場しない場面を目にするようになった。そうなるとヒット数が嫌でも減っていく。それでも少ないチャンスをものにしている。

     雑誌でも言及しているが、4000本安打を打つ前日、9回に代走に起用された。そこでmごとに代走の役割を果たした。

     脅威と言わざるを得ないのは、やはり39歳という年齢にありながら、同い年のメジャーリーガーたちと比較すると活躍度が違う。雑誌でも言及しているが、100試合以上出場していて、活躍しているところがキラリ、いやキラキラに輝いている。

     イチローゆかりの人が様々な視点からイチローを論じている。イチローはこれからどのように進化あるいは深化していくのか。それは誰にも分からない。

  • 今回のNumberは、日米通算4,000本安打を達成したイチロー。




    そのイチローの今までを、数字と関連づけて特集されています。




    特によかった記事は

    「ピート・ローズを黙らせろ。」ですね。




    イチローがこれから目指す数字になる

    ピートローズの4,278本。




    この話題を辛口な文で書かれていて、とってもおもしろいです。




    ○イチローなら「空前の40代」を実現してもおかしくはない。

    「40歳の2割8分」を見て人は加齢をささやくだろうが、

    「45歳の「2割8分」は、こっと驚嘆の眼で迎えられると思う。







    あとはやっぱりイチロー語録。

    これは、その時々の記録にインパクトを与えた言葉ですね。

    今、読んでも味があります。







    ○小さいことを重ねるのがとんでもないところに行くただ1つの道だと思う。




    ○(ピートローズの4,278本について)

    算数が苦手な人はそこが近く見えるかもしれないですけど

    僕は割と得意な方なので、それは遠いということはよく分かっている。




    ○4割をファンに見せたいけど難しい。

    200本は怪我がなければいけると思う。

  • 野球の神に愛されたといわれれば、

    おそらく愛してもらう努力をしたからだというであろう。

    誰もが認める天才打者。

    言わずと知れたイチロー選手であります。

    僕たち凡庸な人間は、天才という言葉を知っていても、

    何をもって天才というのかを知らない。

    天才が歩いた後には数字が残り、その天才が歩いた残り香を感じることで

    僕たちはイチローという選手を感じるのである。

    イチロー選手みたいになりたい人は星の数ほどいるだろうけれど、

    イチロー選手であり続けるほうが難しいことなんだと・・・

    とりあえず、次の草野球の時にバッティングホームをマネてみようかなと思います。。。

  • 登録1番乗り!(2013年9月5日 15:53:56に登録)

全9件中 1 - 9件を表示

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 9/19号 [雑誌]を本棚に登録しているひと

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 9/19号 [雑誌]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 9/19号 [雑誌]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 9/19号 [雑誌]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 9/19号 [雑誌]を本棚に「積読」で登録しているひと

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 9/19号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする