少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫) [Kindle]

  • 89人登録
  • 3.87評価
    • (4)
    • (6)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 桜庭一樹
  • KADOKAWA / 角川書店 (2013年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (174ページ)

少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 七竃と雪風、二人のやり取りの透明感のある美しさとその中の人間らしい感情に惹かれます。本当に美しい話だと思いました。

  • ラジオCMでナナカマドの話が流れるたびに思い出すが
    あのCMはなんのCMなんやろ??
    切ない系です。内容が重いのにイヤラシさがないです。

  • 好きな本の一つで私が桜庭一樹さんのファンになるきっかけになった作品です。
    すれ違った人は必ず振り返るほどの「かんばせ」をもつ主人公の話です。
    普通それだけの美貌を持って入れば鼻に付くような態度を取ると思いますが、当の本人は自分の美貌はいんらんな母親のせいだと思っていて逆に快く思っていません。
    なのでいろんな意味で感情移入することができました。
    また、登場人物の淡々とした会話もとても良かったです。いろいろ伏線がありいい感じで気になるのもとても良かったです。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)はこんな電子書籍です

少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)の単行本

少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)の文庫

ツイートする