珍夜特急6―南欧・西欧― [Kindle]

  • 53人登録
  • 3.91評価
    • (4)
    • (12)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
  • クロサワ レタリング (2013年8月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

珍夜特急6―南欧・西欧―の感想・レビュー・書評

  • ユーラシア大陸横断の単独バイク旅も最後。
    普通の男だがおっちゃこちょいの凄い旅。
    出会い別れと、まさに人生を感じさせらる。
    就職をせずに、こういう旅をすることの方が、とても貴重な人生に思う。

  • ・5/14 読了.完結.すらすら読めてなかなか面白かった.写真が無いのが残念だったけど、若いからか結構無茶もしてるんだね.旅に出ていなかった自分とは確実に違う人生を歩むことになったと思うから、人生が変わったのは間違いないよね.このままの勢いで南北アメリカ編も読んでしまうか

  • まあ面白かったよね。読者を楽しませようと特にしてないあたりが良かったのかな。「世界をバイクで走ったくらいで、何かが変わるとでも思っているのか」って究極の問いだね。これは何にでも当てはまるじゃん。答えは、変わる事があるし、変わらないかもしれない、かな。それが自分の体を通り抜けた時に何も残らないってのはつまらない考え方だと思うし、体を通っていった体験は自分の中に必ず残ると思う。いいなあこの旅。俺もしてみたい。

  • やはりおもしろく。本編の最後はなぜだかわたしの方も達成感を感じてしまった。このような経験をされた筆者が素直に羨ましい。

    kindle unlimitedにて。

  • 読み終わった!!
    自由に思いつくままの旅ってすごく羨ましいけど、若かったとしても自分にはやっぱり無理かなぁ。
    2ndも購入済みだけど、取り敢えず休憩(笑)

  • 1から6まで、ほぼ一気読みでした。6巻はいく子さんとの出会い、再会、三度目の再会。しる子さんとのささやかな再会、そしてノッチ、シルビアとの再会、別れ、と、後半になるにつれどんどん人との関係に主眼が移っていくけど、この旅における主眼の変化というのは良くわかるし、懐かしい。僕はライダーではなかったし、世代的にももう1ノッチ上だと思うけど、でも、判るなあ。これは名シリーズです。電子書籍でこっそりってのが不思議。深夜特急とも、やっぱりある意味共通した世界があるんだよね。自信なく悦に入ってるあたりとか。あー楽しかった。2nd Season有るそうですので、そちらも突入確定だ。

  • 愛車のバイクを持ち込んでの、インド~ポルトガル間ユーラシア大陸横断紀。バイク乗りなら心躍ること間違いなし。出会い、現地の空気感、バイクならではのトラブルなど見どころ満載。

全8件中 1 - 8件を表示

珍夜特急6―南欧・西欧―に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

珍夜特急6―南欧・西欧―を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

珍夜特急6―南欧・西欧―を本棚に「積読」で登録しているひと

珍夜特急6―南欧・西欧―はこんな電子書籍です

ツイートする