20代にしておきたい17のこと (だいわ文庫) [Kindle]

  • 21人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 本田健
  • 大和書房 (2010年4月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (115ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
伊坂 幸太郎
アンドリューカー...
有効な右矢印 無効な右矢印

20代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前にもどこかで見かけていた気がしていて
    そのときはあまり気にならなかったのですが、

    20代も半ばが過ぎたいま
    ちょうど自分にとってタイミングだったのか、
    やけに気になったので購入しました。

    ーーーー

    20代でやるべきことが17個あって、
    10年で17こと考えると、
    1年で大体2個ずつくらい消化していけばよい。

    そう考えると結構いけそうかなと思っていたのですが、本書の17の項目は「人生最大の失敗をする」「没頭できる趣味を見つける」「一生付き合える親友を作る」など一つ一つが重要でヘビーだ。

    確かにやっておくべき内容ばかりで、これをやっておけば30代以降人生をいい意味で加速させられると素直に受け入れられた。

    全体的な方針としては、20代はまだ失敗できる段階だからガンガン挑戦して経験を積め!という感じ。

    その中でもちょっと意外でなるほどと思ったのは、
    「親と和解する」という項目。

    確かに、反抗期で喧嘩したままという人も意外と多い。親との和解を行えていると、人生に安心感をもてるようになり、チャレンジしやすくなるのだそうです。

    ちなみに自分が17個の項目の中で最も難易度高いと感じてるのは、「死ぬほどの恋をする」という項目でした(笑)

    本書は、人生でやるべきことがリスト化されていて、人生の道しるべになる。さすがはベストセラーといった感じ。

    ちなみにとなりに『30代でやるべき17のこと』があり、そちらも内容の違いが気になってパラパラ見ていたのですが、「親との死別に備える」「資産を形成する」など、20代でやるべき内容に比べ、より地に足が付いた感じになっていて考えられているな・・・と感じました。

    本書は、17のリストを確認するだけでもオススメです。人生の達成度のチェックシートとして活用するとよいかと思います。

  • 抽象的なことが多く書かれてて具体的にどんなことをやれば当てはめられるのか分からない部分もあった。とはいえ、共感できた部分はしておきたいと思った。

  • 2回目の読了

    んー入ってこない笑

    あーしろこーしろ言われるのがキライだからかな。じゃぁなんだ読んだんだって感じだけど>_<

    意識高い人には合うのかな?


    好きなように生きればいいじゃんっ!

    2015.10.30

  • レビュー書いたよφ(`д´)
    http://cheeky-supreme.hateblo.jp/entry/2013/12/14/211055

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

20代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)の文庫

20代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)の単行本

ツイートする