「考える力」をつける本 (三笠書房 電子書籍) [Kindle]

  • 22人登録
  • 2.71評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (5)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 轡田隆史
  • 三笠書房 (2013年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (144ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
デール カーネギ...
藤田 晋
三浦 しをん
ジョン・キム
ヴィクトール・E...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

「考える力」をつける本 (三笠書房 電子書籍)の感想・レビュー・書評

  • 請求記号:141.5/Kut/2
    資料ID:50075552
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • 「考える力」というよりも、日々どのように過ごしていくべきかを書かれた本。

  • 抜群の表紙と、知的好奇心をくすぐるタイトルに誘われて購入。

    でも読んでがっかり。共感できたのは2点。

    『自分の持っている力をどこまで引き出す事ができるかが勝負どころなのである。とかく人は力の有無を云々したがるけど、力の差とは力そのものの差であるよりは、自分の持っている力の引き出し方の差なのである。』 

    まさにその通り。自分の力を過信して、それを引き出す努力や準備を怠る人はいっぱいで、ベテランと言われる人に多く見られるように思う。必死で準備をする若者は、たとえその時点でちからが無くてもすぐに追い越していく。ハタからみていて共感できるし応援したくなる。

    『せっかく買っても読んでつまらなかったらどうしようと考えて本を買うときに躊躇する人に、、 失敗も読書のうち。読んでつまらないと感じるのは読んだからである。つまらないと感じてもそれを失敗と考えてはいけない。つまらない本をつまらないと感じられる人は、面白い本を面白いと感じられる人。失敗を心配するよりも、本質的につまらなく、くだらない本を、面白いと感じているかもしれないほうのことを心配するべきなのだ。』

    これも全く同感だが、このくだり、よっぽど自信のある本で書いてもらいたかった。私本を買うとき躊躇はしないが、やはり期待を裏切られたり、面白くなければ後悔する。この本はそっち側だ。

全3件中 1 - 3件を表示

轡田隆史の作品一覧

轡田隆史の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする