ワイルド・スピード SKY MISSION ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

  • 211人登録
  • 3.88評価
    • (26)
    • (37)
    • (29)
    • (3)
    • (1)
  • 32レビュー
監督 : ジェームズ・ワン 
出演 : ヴィン・ディーゼル  ポール・ウォーカー  ジェイソン・ステイサム  ミシェル・ロドリゲス  ジョーダナ・ブリュースター 
  • NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2015年9月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102320768

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ワイルド・スピード SKY MISSION ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • ヨーロッパ全土で暗躍していたオーウェン・ショウ率いる国際犯罪組織の壊滅を成功させるとともにレティの奪還にも成功したドミニクや仲間たちは、ようやくロスで平穏な日々を迎えていて今や家族とも呼べる固い絆で結ばれていたドミニクたちだったがそんな彼らのもとに一本の電話がかかってくる。それは 弟オーウェン・ショウの仇打ちに燃えるデッドカードからの宣戦布告だった。ジェイソン・ステイサムが悪役だったのには驚きました。出演者全員がカッコ良く覚悟を決めた戦いに挑む男たちの姿はシビレました。アクションもハラハラドキドキで見応えがありました。ポールウォーカーの遺作で最期にポールへ捧げるを読んだら泣けてきました。もっと活躍して欲しかった大好きだった俳優さんでした。今でも亡くなった事が信じられない思いで一杯です。
    ずっと観たい映画だったので観れて大満足です。

  • ポールが亡くなっているので、本作はレクイエムですね。アブダビの高層ビルを突き破って、隣の高層ビルに突っ込むという、荒唐無稽なシーンは、IMAX3Dで迫力満点でした。劇場で観るべき痛快作です。でも、寂しい。

  • やっと書く気になった。
    ポールを偲ぶ作品。このシリーズが好きだったら泣く。映画館でても泣けた。
    纏ったチームでありいい家族だった。相変わらず無茶し放題だったけど互いに分かり合ってる仲って感じで良かった。降下シーンとか楽しかった。性格をよく知ってる(笑)
    終盤にかけてはもう…皆の想いだよねあれは(T_T)

  • 委細構わず系のアクションの釣瓶打ちがすさまじい。通常のカーチェイスの枠を逸脱して、空中、山腹、高層ビル、ヘリとの対決と激しいバトルを繰り返す。どうやって撮ってるのかと思うが、そのアイデアと努力には拍手を惜しまない。見たかったアクション映画はこれだという出来でした。最後、ポールとの別れを意識したシーンで終わる。並走していた車が別れていくシーンがとてもキレイだった。

  • 最後が素晴らしくて泣いた。
    ポール、残念だ。
    このシリーズが大好き。

  • やっぱり最高ですねこのシリーズは、回が進むほどによりハードでよりスリリングにしていながら見る側をシラけさせたり、飽きさせたりは絶対にしない作りは毎度脱帽です。脚本家や製作陣がほんと素晴らしいんでしょうね。まぁドムがどんどん神格化してってる気がしないではないですが…今回は世界中の空を飛び回ってました(笑)映画だからですけど、さすがにロスだとドローンがあんな派手に暴れちゃう前にLAPDのヘリとか出てくるんでしょう。ちょっとやり過ぎですよね。
    このシリーズもポールが逝去しちゃいましたから終わっちゃうんですよね〜とても残念です。とてもいいチームだったので活躍をもっともっと見続けていたかったです。

  • この作品の歴史がしっかりつまっている。
    あんな最後見せられたら泣いちゃうってば。

  • シリーズ途中から完全にアクション映画!カーレースが後付みたいになってますけど…。 ヴィン・ディーゼルとFBIのムキムキの人が無敵すぎる。ポールのシーンが一部、弟さんの代役になっているみたいだけど全く気にならない。というか気付かない。すごいね。ラストはどうしても泣けてしまう。ふたりの行く道が分かれてしまうのが切ない。

  • シリーズ見ていないのだけど、地上波放送していたので視聴。
    ハチャメチャ具合が、何も考えずにスカっと楽しめる娯楽映画。
    大富豪が金庫にしまっていた車でビルからビルへの大脱出を試みるのには流石に派手すぎて笑った。

  • 良かった!
    カーアクションは興味ないと思って、見始めたらどハマりして、ほとんど立て続けにここまで見ました。
    だから、ドムとブライアンの友情とか、みんなとの絆とか、色々思い出して、ポールの事故もあいまって、終わりは声出して泣きました…
    愛が詰まってた。曲も最高だった。
    最初からこの終わり方だったのかな。ここまで作ってくれたスタッフたちにも感謝。
    ワイルドスピードはカーアクションだけじゃなくて、肉弾戦も銃撃戦もみんな強くてかっこいい!
    普通の走り屋じゃこうならないんじゃないの?なんでみんなそんな強いのよ!って思うけどそれがいい!
    車が空飛ぶ流れも好き。赤い車ー!って思った(笑)
    ポールのシーンは弟もやったってきいてたけど、全然違和感なかったな。海岸シーンは声聞いちゃうと思うけど、吹き替えでみればそれもふっとぶ。CGもすごいんだもんね。
    って感じで、ポール愛がすごいけど、ドムとレティの関係も良いんですよ!エレナのこと思うと切ないけど、ドムにはレティ。レティにはドムだなと。
    みんな幸せな海岸シーンホント好きだな。
    あと最後の分かれ道ね。。。
    あー、結局ポール大好きです。

  • 「金曜ロードショー」にて。前作はシリーズ最高傑作かと思える出来でしたが、本作も面白い。車ごとスカイダイビングしたり、隣の超高層ビルに突っ込んだりと、いやはや金のかけかたがすごい。

    ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサムと、ハゲマッチョ濃度の異様な高さにもクラクラ。ファミリーを大事にし「地元を知っている奴が強いんだ」というオラオラ感が見事なヤンキー映画でもあります。

    そして忘れていけないポール・ウォーカー。彼のために作られたラストシーンは感動的でした(地上波ではカットされたのでネットで観たのですが)。彼は永遠のファミリーになったわけか。

    「ワイルド・スピード」
    http://booklog.jp/users/myjmnbr/archives/1/B006QJS7TK

    「ワイルド・スピード×2」
    http://booklog.jp/users/myjmnbr/archives/1/B006QJS7S6

    「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」
    http://booklog.jp/users/myjmnbr/archives/1/B000J6HYNQ

    「ワイルド・スピードMAX」
    http://booklog.jp/users/myjmnbr/archives/1/B0030ZRYUG

    「ワイルド・スピード MEGA MAX」
    http://booklog.jp/users/myjmnbr/archives/1/B005C2O25K

    「ワイルド・スピード EURO MISSION 」
    http://booklog.jp/users/myjmnbr/archives/1/B00F2AJD1K

  • 車関係ないアクションが多かった印象。
    他はそれなり。

  • ワイルド・スピードシリーズを1から見ている人は、もれなく全員ラストシーンで泣いてしまうのではないか?それくらいポール愛が詰まった映画。足りないシーンをポールの兄弟が演じて映画を完成させた製作チームに拍手。

  • 泣けるよね。どうしても。。曲聴くだけで泣けそう。

  • 車が空飛びすぎで目が覚めました。

  • ラストは映画的にこれ以上ないお別れの仕方かと。シリーズ全て見てるほどのファンではないけど、それでもうるっときてしまいました。アクションシーンも派手で飽きないしおもしろかった。

  • 2015.5.2(新座)

  • ワイルドスピードシリーズみたことないのに、泣きそうだった。
    ポール・ウォーカーへの愛がいっぱいすぎて、いっぱいすぎて。
    かつて、こんなに亡くなった俳優にたいして敬意を払う映画があっただろうか。

    すげー、申し訳なくなったので、近いうちにワイルド・スピード特集します。

  • スカッとしたいときにはこれ!!!

    止まることのないアクションシーンの連続で、一瞬も気を抜けない。
    ところどころに挟み込んでくる、家族・仲間への思いもエッセンスが効いている!

    ジェイソン・ステイサムがカッコよすぎる!

    次回作に期待!!!

  • 字幕: 松崎広幸

    ポール・ウォーカーがこれで最後というのは、やっぱり残念だけど、それはそれとして内容的にいかがなものか。

    前作の敵の兄とやらが敵討ちで現れる、のがメインストーリーかと思っていたら、それも最初の数十分ぐらいで、それとはあまり繋がりがないように見える政府関係の話の方がメインになる。派手な海外ロケと、火薬とアクション(とそのCG)のバーゲン状態で、それぞれのシーンは確かに画として面白いんだけど、多すぎて途中からうんざり。

    そして、「そもそもこれ、車の話だよね?」と思わせるくらい、カーアクションの魅力が減ってしまったような。砂埃とオイルまみれのザラザラした、いかにもラフなにーちゃんたちが作ってる、という「生身」の感触が全然ない。

    こうして振り返ってみると、やっぱり5が一番面白かった、ということになるのかなあ。

    字幕もちょっと吹替え寄りなのか、いじり過ぎ感があった。別に字幕で個性出さなくても…。


    ポール遺作に敬意を表して★3。でも作品自体だけで考えると、2.5より下ぐらい。

  • 熱い!熱すぎる!!
    思えばこのシリーズ、当初は敬遠してたのに、このスカイミッションが劇場公開時にあまりに評判が良かったために観始めたという経緯がある。シリーズ序盤は「面白くなくはないが、まぁこんなもんか」って思ったり「何だこのクソ映画は!」って思うものもあったりしたけど、4作目以降加速度的に面白くなり、気付いたら大好きなシリーズになってた。
    とにかく何と言っても一癖も二癖もある主要キャラ全員に愛着が湧き大好きになったのが大きい。今作においてはレギュラー陣に加えジェイソン・ステイサムとカート・ラッセルがクールに、そして渋い演技でお大味になりがちなアクション大作をギュッと引き締めている。
    そんななか今作のクランクアップ前に流れたポール・ウォーカーの事故による訃報は残念でならない。
    これまでならドクとブライアンが車で横並びになったら必ずレースになるところ、今作でのラストシーンはそうならず、直前の会話や出来事も含め映画のストーリーと亡くなったポール・ウォーカーに対する別れをリンクさせる完璧なエンディング。
    制作陣からの彼への最大級の愛情表現に涙。


    5.0点

  • 前作の引きでステイサム登場して、その続き。
    話としてはまあ、普通なんだけど、俳優陣が豪華で、ステイサム、カートラッセルと新しい参加者がいい感じ。
    アクションも監督のジェームズ・ワンが見せ方が分かっている感じで、空からの車下降作戦とかビルを突き抜けるとか馬鹿馬鹿しいがとても素晴らしい感じで良かったです。
    ポールウォーカーがお亡くなりになってしまい、その後兄弟が代役として出たと言う悲しい話も背景にあって、エンディングのブライアン・オコナーの総集編には涙しました。
    8作目もあるみたいだけど、この流れでブライアンとミアはお休みしてもらう感じになるのかなあ。

  • 2015/9/19 あり得ない設定だけど…かなりいけてます(笑)執拗なまでに敵と闘うシーンは意味のない闘いもあって長いところもあったけど、カーアクションと同時に体当たりアクションもあって チーム関係最高ですね。亡くなってしまったとは映画観てると とても思えない…ポール.ウォーカーは本当に残念で悲しくなる ラストシーンもヴィンゼルと車で別々の道を別れていくところ 今までのワイルド.スピードの映像とともに何だか泣けてしまった。アクションもスゴイけど…チームワークの良さに心温まる。やり過ぎな部分もあるけど 娯楽として最高ですね。

  • 車オタクのスピード狂が、よくぞここまで育ったな。
    ドウェイン・ジョンソン最高!

全32件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ワイルド・スピード SKY MISSION ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ワイルド・スピード SKY MISSION ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ワイルド・スピード SKY MISSION ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする