大人のいない国 [Kindle]

  • 10人登録
  • 4.25評価
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 内田樹
  • 文藝春秋 (2013年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (100ページ)

大人のいない国の感想・レビュー・書評

  •  本書に出て来た「矛盾」のとらえ方・考え方がおもしろかったです。
     『韓非子』に出てくる話は,矛と盾の話は,人口に膾炙しているのでよくご存じでしょう。
     世界一強い矛と盾を売っている商人に向かって「それでは,おまえの盾をおまえの矛でついてみろ」と言われて,商人が言い返せなかった…みたいな話だったと記憶しています。だから「矛盾」なんです。
     ところが,内田さんは,その男は「にやりとわらったのではないかと思う」といいます。そして,「どうなると思う?」と聞くのです。
     矛盾した言説に対して,それにどう折り合いをつけていくのか…それこそ「大人になっていくということだ」と内田さんたちはいいます。
    「矛と盾を並べて売ることではじめて,「無敵の武器=最終兵器」の出現は回避されている
    という文章が,とても腑に落ちました。
     「最終兵器は存在してはならない。」

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

大人のいない国はこんな電子書籍です

大人のいない国の文庫

ツイートする