世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか? [Kindle]

  • 56人登録
  • 3.38評価
    • (0)
    • (12)
    • (6)
    • (2)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 戸塚隆将
  • 朝日新聞出版 (2013年8月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (222ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
伊賀 泰代
ロバート キヨサ...
岸見 一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?の感想・レビュー・書評

  • ① 人の「つながり」を大切にする
    ② 「自分磨き」を一生継続する
    ③ 「日々の成果出し」に強くこだわる
    ④ 「世界的な視野」を常に意識する
    ・1週間に最低一回、社外の人と会う時間を確保する
    ・一冊の本を一気に読み進めた時に2時間かかるとすれば、その3倍の6時間を考える
    ・「正解のない問い」は世の中にたくさん転がっている。日ごろから、世の中の現実課題に目をやり、自分なりの解を見出す努力をすることが、ビジネスパーソンとして成果を出すには重要。新聞は「世間の反応」を考えながら読む
    ・斬新な「思いつき」よりも、骨太な「意見」を重視する。自分なりの骨太の意見を持つためには、それを支える論理力が不可欠。
    “So Whate?だから、何?”“Why so?それは、なぜ?”「空→雨→傘」で脳に汗をかく

  • この本はあくまでも「基本」を列挙したにすぎない
    だが、この基本が出来ると出来ないとでは大違い。

    一つ一つは決して難しいものではないので確実に出来るようになろうと思う。

  • 朝の報告、自分ノート、会社用のノートは鉛筆で書く、話を聴きながら図をとる、など、役に立つことが多々あった。

  • 「資料はまず手書き」を実践してみた

  • 紀伊國屋書店でランクインしていたこちらの本。

    たまにはビジネス書でもと気が向き、選びました。


    著者戸塚氏はゴールドマンサックスとマッキンゼー出身者。

    世界トップ企業で功績を築いた実績の持ち主。

    社名からのイメージ通り学歴はおろか、経験も素晴らしくいわば超が付くエリート。

    世界をまたぐサラリーマンの時間の使い方、仕事への考え方、ビジョンはどんなものなのか、

    興味深い点が色んな項目に分かれて書かれており、解決されていくような感じでした。ハウツーです。

    「多忙」という言葉が一番よく似合う中で、誰よりも努力して時間を制していることがわかります。

    かっこいいな♡

    だけどやはり、人との出会いが全てをつないでいると思いました。

    どんな人でも、国境、業界、人種を超えて沢山の人との実りある出会いの繰り返しが大事だと思いました。


    仕事が出来る人って、私生活も美しいと思いました♡

  • 際立った内容ではないが、その分地に足着いた、なるほどなあと思うことが書かれている。

  • 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?

全9件中 1 - 9件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?を本棚に「読みたい」で登録しているひと

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?を本棚に「積読」で登録しているひと

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?はこんな電子書籍です

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?の単行本

ツイートする