ブレイキング・ドーンPart2/トワイライト・サーガ [DVD]

  • 89人登録
  • 3.48評価
    • (3)
    • (11)
    • (10)
    • (2)
    • (1)
  • 8レビュー
監督 : ビル・コンドン 
出演 : クリステン・スチュワート  ロバート・パティンソン  テイラー・ロートナー  マッケンジー・フォイ 
  • 角川書店 (2013年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111289124

ブレイキング・ドーンPart2/トワイライト・サーガ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ジェイコブの美しい心が最大の見所と思います。

    ついにこのシリーズの完結篇になります。5作品にもなるシリーズをこれほど短期間に見切ってしまった作品は過去に有りませんでした。

    ベラとエドワード。そしてジェイコブ。三人の愛と友情を描いて居るシリーズなのだと私は感じていますがその境界は難しい。特にジェイコブの存在。その揺れ動く心が切なくも美しい事が最大の見どころではなかったか?と思います。

    この作品の中ではベラとエドワードの間に誕生した娘‘レネズミ’の存在を巡ってヴァンパイアのヴォルトリー一族とカレン家の最後の戦いが壮絶に描かれています。予告編を見てどんな戦いになるのか楽しみにしていましたが、意外な結末に驚きましたがそれも良い驚きでした。

    ‘ヴァンパイア’と‘吸血鬼’と呼称は二通り有りますがヴァンパイアの方に私は軍配を上げたいと思います。

  • 2011年 アメリカ
    クリステン・スチュワート、テイラー・ロートナー、ロバート・パティンソン

    ベラ、エド、ジェイコブの奇妙な三角関係もいよいよ終了!!
    シリーズ第4弾?の2部作。さすがに、、、、歳を取らないはずのヴァンパイア、シリーズで撮ると実際の俳優陣が歳くっていくからつじつま合わないよね、もう終わらないと(笑

    ベラ(クリステン・スチュワート)と美しすぎるヴァンパイア、エド(ロバート・パティンソン)の結婚式から始まるPart1
    長い長い新婚旅行先でなんとヴァンパイアと人間で妊娠してしまいます。そんなのありかよ!!

    相変わらず曖昧な三角関係でどんどん大きくなるおなかを見守り、何とかおなかを裂いて出産(出産というのか?)
    そしてヴァンパイアになったベラ
    ベラの子供はなぜかジェイコブ(テイラー・ロートナー)と刻印を結びます、、今までのシリーズでもたびたび出てきた刻印という言葉、何なんだ、、といまさらながら不思議に思いますが。

    Part2ではオオカミ族とヴァンパイアとが結託し、ベラの子供レネズミを守り、そして別のヴァンパイアと戦う、、、、
    どんどんイミフな方向に進んでいきましたが、原作通りなんでしょうね、きっと。

    そして、最後の最後に知りました。
    エド役の彼はハリー・ポッターで死んでしまった彼なのね!!

  • シリーズ大団円。

    いつもどおりツッコミたい設定が
    冒頭から満載です。
    でも、シリーズここまでがんばってみたんだから!
    とこの作品もとりあえず最後まで
    がんばって見ました。

    …感想?
    永遠に生きる人間、いや違った怪物が量産されるぞ!
    と恐怖におそれおののく怪物は一人も居ない。
    大丈夫か?
    秩序とかそんなの全然ないが、愛のもとにゆるされるのか?
    それとも命が惜しいから許すのか?
    謎の結末である。

    あなたならどう解釈する。

  • 前作からかなり時間を開けて観賞したため、冒頭からのバリバリCGに違和感を感じたし、レネズミの初期のテクスチャーに苦笑い。それでもやはりこのシリーズは女子の心を鷲づかみ!ですね(笑)幸せな結末、そしてこれからも永遠にそうであると判るエンディングでよかったです。

  • 前のを見てからだいぶ時間をおいて見たから、色々設定が抜け落ちているのだけれども、楽しめました。
    ベラさん、強すぎて笑うレベルだった…。
    ジェイコブを飛ばしまくるところは何とも…^^;
    そして知っていたけど、ジェイコブは良いやつだった…。
    出てきたときから知っていたけど、良いやつだった…。
    レネズミが可愛くてね…。

    まとめて原作読もうと思います。

  • オープニングの映像が綺麗でうっとりする。
    氷の結晶がどんどん育っていく。素晴らしい。
    そして今回のベラ、このシリーズで一番綺麗!
    このためにあの陰気なベラがいたのね。
    白さもあまり気にならないし、ただもう少し動作が洗練されたらなあ。
    レネがとにかく可愛い。お人形さんのよう。

    ベラは新生人となり、レネはジェイコブやロザリーにべったりと可愛がられて成長する。
    その成長の早さに不安を覚えるカレン家。
    そんな時、レネの存在がイタリア陣の知るところとなる。伝説の「不滅の子」の存在は許されない。
    レネは「吸血鬼」ではないという証明にカレン一族は世界中から仲間を呼び寄せるが。

    前回からカーライルの顔がまんまるだよね。気になる。
    そして途中から、大好きなアリスがジャスパーと姿を消してしまうし。
    出てきたらジャスパーが!!
    「だからエドワードは見ないって言ってるでしょ!Mちゃんがオニイくらい大きくなってからみて!」(M6)
    「オマエ、勝手に消そうとすんな。また最初からみることになったらこの怖いの最初から見るんだぞ!」(S10)
    むしろ見ないでください、と思い、度々目隠しもしたのにチビちゃんたちはとうとう最後まで見て、そしてホッとしていた。
    「いつからなの。いつからだった?」(S10)
    アロがもう少しゴージャスでもいいんじゃ、と思いつつ、戦闘シーンも迫力あって楽しかった。
    最後にカーテンコールのようにクールワンのみなさんが登場するなんて、美形の皆様を堪能できてグー。

  • 地味な高校生だったヴェラが、どんどん強くなっていく。戦闘シーンは怖かった。

  • 吸血鬼と人の恋。
    退屈だけどついつい見てしまうシリーズです。
    長かった、シリーズがやっと終わりました。

全8件中 1 - 8件を表示

ブレイキング・ドーンPart2/トワイライト・サーガ [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ブレイキング・ドーンPart2/トワイライト・サーガ [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ブレイキング・ドーンPart2/トワイライト・サーガ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ブレイキング・ドーンPart2/トワイライト・サーガ [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする