図解「やっかいな相手」がいなくなる上手なモノの言い方 (角川書店単行本) [Kindle]

  • 15人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 谷原誠
  • KADOKAWA / 角川書店 (2013年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

図解「やっかいな相手」がいなくなる上手なモノの言い方 (角川書店単行本)の感想・レビュー・書評

  • 上司にオススメされた本。
    最近、社内でのコミュニケーションで問題をちょいちょい起こしていたので、さっそく読みました。

    とても勉強になる。
    んだけど、読みながら一番感じたのは、

    あぁ、これ、もう前に勉強したわ

    でした。
    返報性の法則とか、相槌の取り方捉え方、
    オープン・クローズクエスチョンの使い分け、
    ポジティブ・ネガティブクエスチョンの使い分け
    などなど一度以上勉強してることが大半だった。

    で、勉強してんのに使いこなせてないもののなんて多いことか。

    この本も、特に後半非常に具体的に分かりやすく書いてあります。
    自分の頭の中に具体的な「やっかいな相手」が浮かぶ場合は、
    その人のタイプに当てはまる部分を読み込んで具体的な対処法をイメージすると良いですが、
    そうでなくてコミュニケーション全般に活かそうという場合は、
    あまり細部を「覚えて」もしょうがないです。

    ベースとなる考え方の理解に努めた方がいい。

    【やっかいな相手をつくる5つの要素】
    1、自分の「感情」や「言動」に問題がある
    2、相手の「自己評価」が低い
    3、相手の「自己中心性」が強い
    4、相手が「勝ち負け」で考えている
    5、相手の「感情」が暴走しやすい

    このうちのどれか、もしくは複数が影響して「やっかいな相手」と感じることになる。

    対処法として大事なのは、必ず1の自分の原因を先に探ること。
    まずは自分をまず直す。その方が圧倒的に簡単だから。

    自分に原因がない場合は、相手が何に詰まっているのかを判断する。
    判断する前に相手に流されて反応してはいけない。
    相手のタイプが事前にわかっていない場合に特に難しいのはこれでしょう。

    ここは一番むずかしいとこだと思うので、頭で分かっててすぐできるものではないと思うけど、
    少しでもうまく対処するためにしっかり理解しておくべきなのは、
    「返報性の法則」でしょう。この本のベースといってもいいぐらい。

    返報性の法則…相手から何かを与えられると、こちらも何かを返したくなる心理。

    ・好意をもって接してくる相手には好意を抱きやすく、
    反対に悪意を持たれるとこちらも悪意を持ちやすい。

    ・「話をきちんと聞いてくれた」と感じると今度は自分が聞く番だと話を聞きやすくなる

    などなど。感情や言動や鏡のように相手に伝わる、というもの。

    これをしっかり頭に入れてコミュニケーションを取ると、
    相手のマイナスな感情をうつされている自分に気付けたり、
    まずは自分がポジティブな態度で接しようと心がけたり、
    ということが「やっかいな場面」でも少しずつできるようになっていく。

    気がします。
    これからやっていきます。

全1件中 1 - 1件を表示

谷原誠の作品一覧

谷原誠の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

図解「やっかいな相手」がいなくなる上手なモノの言い方 (角川書店単行本)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

図解「やっかいな相手」がいなくなる上手なモノの言い方 (角川書店単行本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図解「やっかいな相手」がいなくなる上手なモノの言い方 (角川書店単行本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図解「やっかいな相手」がいなくなる上手なモノの言い方 (角川書店単行本)を本棚に「積読」で登録しているひと

図解「やっかいな相手」がいなくなる上手なモノの言い方 (角川書店単行本)はこんな電子書籍です

図解「やっかいな相手」がいなくなる上手なモノの言い方 (角川書店単行本)の単行本

ツイートする