経済学を学ぶ (ちくま新書) [Kindle]

  • 46人登録
  • 3.77評価
    • (1)
    • (8)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 岩田規久男
  • 筑摩書房 (1994年9月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (149ページ)

経済学を学ぶ (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

  • どうしてインフレ・デフレが起こるのかなどという基本的なことを説明してくれて分かりやすかった。身近な問題を経済学的に見ることができるという観点もなるほど〜と思った。

  • 経済学の考え方や概念、仕組みの基礎の基礎を分かりやすく説明した入門書。

    経済学は個人的にどうも敬遠してしまう分野なのだけど、この本は平易で読みやすい。

    結局最後の方に書かれているように
    「読者がさらに経済学を学ぼうとする場合に、読者は経済に対する何らかの問題意識を持っていなければならない。問題意識があるからこそ、その問題に対して理解を深めるために経済学をさらに学ぼうとするからである。」
    という意識が重要なんだな。特に経済に関連することなんてごく日常にありふれてて、ネタはいくらでもあるのだから。


    価格の機能
    費用・効用は必ずしも貨幣換算されない
    金銭以外の効用、見せびらかしたり羨ましがらせたり
    市場の大きさによって分業は制限される
    市場の役割、資源配分と所得配分
    需要と供給と均衡価格
    価格弾力性、代替性
    神の見えざる手:個人の意図に関わりなく、結果として社会全体の利益になるメカニズム
    市場メカニズムを導入し、経済的な誘引メカニズムによりインセンティブを与えることで、難しい問題を解かせる
    所得配分と機会の平等、シビルミニマム
    市場経済は必ずしも完全雇用を保証しない
    法による支配、自由放任(レセフェール)
    4つの市場の失敗:費用逓減産業、外部性、公共財、不完全情報
    GNP、付加価値、国民総支出、分配国民所得

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

経済学を学ぶ (ちくま新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

経済学を学ぶ (ちくま新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

経済学を学ぶ (ちくま新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

経済学を学ぶ (ちくま新書)はこんな電子書籍です

経済学を学ぶ (ちくま新書)の新書

ツイートする