オーガストウォーズ [DVD]

  • 59人登録
  • 3.37評価
    • (5)
    • (7)
    • (14)
    • (2)
    • (2)
  • 16レビュー
監督 : ジャニック・ファイジエフ 
出演 : スベトラーナ・イヴァーノヴナ  エゴール・ベロエフ  マクシム・マトヴェーエフ 
  • Happinet(SB)(D) (2014年1月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953043725

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

オーガストウォーズ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 思ってたよりずっとずっと良い!
    解説読んで、よくありそうな映画かな?って思い込んでたけど、ワンシーンみてなんだこれ??って疑問を持ってからの本編!
    冒頭からの男の子目線で ファンタジーで、けどCGの使い方がすごく好み!ダイナミック!
    それから大人の女性目線で、可愛くてギャグでスカッとして。親子愛もあって、アクションあり。
    味のあるおじちゃんおばちゃんもまた良くて。

    だからマイナー映画はやめれない!

    けど、なんとなくプロパガンダもあるのかなぁ…

  • 突如勃発した南オセアチア紛争の戦闘地域に取り残された息子を救出するためママが戦場を駆け回るロシア映画。トランスフォーマーのパクリという触れ込みだったが期待したほどパクっていなかった。リアル戦争もので、戦闘は迫力があるし軍人がプロらしく描かれているしママは可愛いしラストはニヤリとできて満足な出来。これだからロシアは恐ろしい。
    トランスフォーマーに似ているといえば、導入部の日常描写のひどい退屈さがよく似ている。

  • ロシア版「トランスフォーマー」てな紹介があったので、ロシアのB級映画と思って観た。なんのなんのとてもまっとうな見ごたえのある戦争映画で、思わず★5つにしてしまった。ロシア映画も珍しいが、南オセチア紛争をモデルにした迫力がある映画だった。

  • 美人シンジルマザーが父親のとこに
    子ども預けたとこが戦場になってしまい
    助けにいく話。

    ロボットものかと思いきやなかなかまじの戦争もの!
    ロボのくだりはパンズラビリンス的な作用だったんだね。
    とーちゃんのシーンは悲しい

    ただこの話の因子となる母親
    確かに超頑張るし命がけで我が子を助けに
    戦場を駆け巡るんだけど。
    いま産後で母性ホルモン駄々漏れだからか
    なんかイラッとしたな

    戦闘シーンは結構な迫力だなあと思ってたら
    ロシア軍全面協力
    ジャケ詐欺で 斜めにかまえてるぶん
    素直に観れなかったところがあったのも少し自分の中で残念

  • チョーマはロボットの空想が好きな少年でシングルマザーのクセーニアとモスクワに住んでいる。
    チョーマは父ザウールの住むオセチアに遊びに行き、クセーニアは恋人とソチへ旅行に行く予定をたてていた。
    しかし、グルジア軍によるオセチア侵攻のニュースが流れ、クセーニアはチョーマを救いに向かうが…。

    トランスフォーマーっぽいSF物を想像していたけど、ミリタリー物だった。
    この手のマッチョな映画はアメリカ正義なイメージだが、ロシア映画らしくロシア軍いい者でアメリカ黒幕ってとこが斬新だな~。

  • 母親というより「お嬢さん」、といった感じの主人公が、息子を救出するため戦場と言う極限状態を体験し、突破することで、色々と自覚して成長してゆく物語…ですかね。

    銃撃戦とか戦闘シーンは迫力があるのですが、戦争下で狂気的であるはずの精神状態の描写がかなりソフトで(みんな優しすぎる…)、生々しさとかリアリティはあまりなかったです。

    母の愛はうるっときたのですが、元夫と義理父母が息子の目の前で殺されたりしてるのに、何だろう…、触れられることなく、結局、ラストは新しい出会いと恋愛の予感でおわるって、そんなものなんですかね…。

  •  ロシアとグルジアで南オセチア紛争が勃発。戦地に取り残された空想好きの少年を救おうと母親は戦争の真っ只中に乗り込んでいく。

     昔、湾岸戦争の映像を見てまるでテレビゲームみたいだとみんな思ったわけですが、これはまさにそれを表現した映画だと思う。戦争というのはゲームやテレビの様な映像美。ただ、その下では人が街が破壊され死ぬ現実がある。
     ロボットのCGもそれ以外の戦争の映像もすごくしっかりつくってある。ロシア軍全面協力だそうで、すごい。
     他の人のレビューでプロパガンダ的だという意見も多かったけど、けっこうその辺もしっかりつくってあるなぁと思う。ロシアはただの被害者ではなくちゃんと反撃すれば100%勝てる強者なわけで、そこをちゃんと描いてる点は評価。

     大人も子どもも見れるロシアの戦争映画の良作。

  • パシフィックリムっぽくなってる感じだけど、売り方が完全に間違ってるとしか……。
    結局、ロボットとかは子供の妄想世界の話なので、そこが焦点ではないのだよなあ。
    パシフィックリムとは全く違う感じで良い映画だと思うんだけど……。
    まあ、しかし、パシフィックの失敗版だなと思って僕みたいなのが借りるからそれはそれでありなのか……。
    ロシアのプロパガンダ映画でもあるので、その辺のぐんにょり感を受け入れられるかが肝になるかも。
    それ以外では、母親と子供視点の今時戦争映画な感じで、それなりに面白く見れると思う。
    まあ、軍事関連の突っ込み所は僕にはよく分からないので、そう言う理由で良作となったのかもしれないけど。

  • 凄い、凄い、凄い・・・
    素晴らしい映画でした(泣)
    こんなにも緊迫した戦争映画なかなかありませんよ。
    ロシア映画なんてあまり見る機会がありませんが、ハリウッドなんかよりもよっぽど面白いですね~
    内戦や紛争のある地域らしい緊張感、切迫感の伝わってきかたが半端ないです。バス移動の際の雰囲気を見れば本来、朴訥としてゆったり大らかな文化圏なんだぁ~って感じるけど、国境を接し合う国と国の歴史考えると「戦争」って常に身の回りにあるんだなぁって何だか切ない気持になりますね。しかし、母親の強さって凄いです。
    本当に素晴らしい映画でびっくりです。ロボットはあんまり要らなかったかな~

  • ハリウッドものじゃないので、
    良くここまでって感じだが、
    ロボットものじゃないのね?

    先の情報に偽りがあって、
    単なる戦争こどもものでした。。。

全16件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

オーガストウォーズ [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

オーガストウォーズ [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

オーガストウォーズ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

オーガストウォーズ [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする