テストN [DVD]

  • 19人登録
  • 1.27評価
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (8)
  • 8レビュー
監督 : マーク・リプキン 
出演 : アモス・フィリップス  ピーター・ミューア  トレヴァー・ヴォーン  マイケル・プレストン 
  • 東宝 (2013年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104077004

テストN [DVD]の感想・レビュー・書評

  • \*\ 何じゃこりゃ?? /*/



    観てしまった95分間、返せーッ!!と言いたい作品。

    「es」などの作品が云わんとしていた主訴のようなもの、
    そのモード何となく分かる気がしないでもないのだけれど。

    それにしても展開が平坦、且つチープ!
    本編の大部分が残虐(リンチ)シーンにあって、とにかく画面が暗いったらありゃしないので、
    具体的に何をしているのやら「見えましぇ~んッ!」

    …なので終始、イライラ感で終わったというトホホな作品。
    まだ云い足りない、「95分間、返せーッ!!」

  • くっそつまんない上に暗くてみえないw

  • わからない。見えない。

  • ここからかも…とかそろそろかも…とか希望を持ち続け、頑張って観ていたのにそのまま終わっちゃいました。
    「もう〜、なにこれ!ひどすぎる!(怒)」が感想。
    途中でやめる、という決断ができなかった自分が悔やまれる。

  • レビュー読まなかったらストーリーが分からなかった。バカなのかと思ったけどみんなそうみたい

  • 素晴らしくつまらない…
    ナチスの収容所で行われた想像を絶する恐怖の人体実験が再現されるシチュエーションスリラー!!
    とあったので、esとかそっち系だよね!ということで借りてみたのだけど…
    ワクワクしながら観たんだけど…
    この壮大なグダグダ感は一体なんなんだ?
    本当にグダグダ…
    最初から最後まで終始グダグダ…
    恐怖も感じないし…
    いや、そうか…
    これは…
    ある意味恐ろしいのか…
    想像を絶する恐怖のつまらなさを体験したいなら是非!

  • 祖父の死を、安楽死という形で迎えさせた映画監督。
    遺品をあさっていたら古い日記が。

    「えっ、あのジーさんナチだったの?
     腕の焼印はユダヤに紛れて逃げるため?
     ナチの拷問を生き延びたユダヤ人ってのは嘘だったの?」

    唯一の肉親にだまされており、その血を引いていることから
    大ショックをうけちゃった彼は贖罪でもしようというのか、
    その日記に書かれた拷問を自らが受ける形の映画の撮影を開始。

    はじめは喜んで演じていたナチ役の役者も辟易としていく中、
    気弱な撮影監督が段々おかしくなってきて…

    というね。
    [es]とかの線を狙ったんでしょうけど、正直いって何やってんだかわからん!

    絵が暗すぎるし、展開もダルいし。

全8件中 1 - 8件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする