ダイナソーinL.A. [DVD]

  • 18人登録
  • 1.92評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (7)
    • (4)
  • 8レビュー
監督 : ジョセフ・J・ローソン 
出演 : トリート・ウィリアムズ  ロニー・コックス  ジリアン・ローズ・リード  アンドレイ・ジョンソン  ジョゼ・ロセット 
制作 : デヴィッド・リマゥイー  ハンク・ウォーン 
  • アルバトロス (2013年12月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4532318407654

ダイナソーinL.A. [DVD]の感想・レビュー・書評

  • ■タイトル

    タイトル:ダイナソーinL.A.

    ■概要

    バイオ企業の極秘研究、それはDNA操作により恐竜を現代に蘇らせる
    禁断の実験。しかし計画は失敗し、逃げた恐竜たちが街に放たれてしまう。
    戒厳令が敷かれ米軍部隊が緊急出動するも、巨大な肉食恐竜の大群に無惨に
    襲われ、ロサンゼルス全市は地獄の戦場と化す。そんなパニック状態の中、
    元消防士のゲイブは、恐竜に襲われた娘を救おうとするが…。
    ド派手にロスを壊す興奮のアクション描写満載のモンスター・パニック映画。
    (amazon.co.jpより引用)

    ■感想

    B級映画です。
    ある企業が恐竜を蘇らせるけど、制御できずLAで恐竜が暴れる映画です。
    CGはB級にしては頑張っています。

    ですが、ストーリーや恐竜の挙動が意味不明です。
    最後もプテラノドンを倒して終わりという、よく分からない終わり方です。

    恐竜も何匹いるか分からないし、多いはずなのに、いきなり少なくなったり、
    いきなり増えたりもう設定を無視しまくりです。

    恐竜が街に解き放たれるまではいいのですが、その後が雑でしたね。
    別にCGはいいから、ストーリーをもう少し丁寧に作ればB級でも面白くなった
    気がします。

  • 笑うしかない展開ですが、恐竜かわいかったし割りと楽しんじゃったから困る。

  • ある企業がクローン技術で恐竜復活させて
    大儲けしようと思ったら、発表会で恐竜脱走。
    街は大騒ぎさ、って感じのお話。

    「街」に行く前に発表会会場での尺の方が全然長いんですけどね。

    恐竜はそこそこ数も登場し、
    見た目もなかなかなんですが、何かぱっとしない感じがしますなー。

    それはヒロインの女の子がかわいくないからかもなー。
    そのお父ちゃんが一応主役なんですが、
    これがトリート・ウィリアムズ。
    知らん!と思ったら、ゾンビ・コップの人でした。

    で、なんでかこの恐竜たちがその娘っこを追っかけて
    LAを大爆走するわけです。
    他にも獲物はいっぱいいるんですが、なぜこの娘が狙われるのかは謎。

    ただ、コイツが逃げるシーンかなんかで
    椅子に血痕が残ってたんですが(流血の描写も特にないのに)
    それを見て嫁が「生理だ!その匂いにつられて皆寄ってくるんだ!」
    と言い張ってました。…別にそれでもいいけども。

  • 突っ込みが追い付かないぐらい話の意味がわからないのに反比例して恐竜のCGがわりと上手なので恐竜ファンとしては評価にとまどうやつ。
    恐竜を大企業の謎テクノロジーで復活させたけど制御できずに町に溢れてしまいロスは壊滅寸前!でも主人公は山にたどり着いたのでとりあえず娘とホッとしました。(完)
    ああっ、ひどい。
    でも恐竜はかわいい。

  • 恐竜CGもなかなかで楽しい映画。街に恐竜が大量に!
    主人公親子がかなり自己中で他の人々を犠牲に生き残る。
    最後は自分だけ街から脱出して「わっはっは」街はどうなったのよ!
    あと恐竜に襲われてる割には役者に緊迫感ゼロ、でパクッと喰われる。
    サメのもそうだがアルバトロスは楽しい映画見つけてきますね。

  •  DNA操作で蘇った恐竜たちが、街中で暴れるというパニックアクションです。
     あまり、はらはらドキドキしませんでした。
     似たような構図や画角の映像が多いので、恐竜に襲われている恐怖がどんどん薄れていきます。カメラの動きが少なく、定点での映像が多い上に、引きの映像で人間が恐竜に襲われるので、盛り上がりに欠け、シュールさを強調してしまう作りになっていました。
     画面内に全ての情報を収めようとすると、視聴者は冷静な目で見てしまいますので、こういった映画は、ときどき体や物が画面からはみ出すくらいが丁度良いと思っています。
     物語の起伏が少ない上にその程度が弱く、常に危機的状況を映しているので一本調子に感じてしまい、段々と緊張感がなくなってきます。
     笑いを誘う描写や一息吐ける場面を交ぜれば良かったのではないでしょうか。
     消防士のおじさんがとにかく逞しい映画でした。

  • 何か雑い!作り方が色々雑い!!

    ティラノサウルスが、街中に逃げ出すシーンで、普通に自転車が走ってて…あ〜この場面に、CGで足しただけなんやろなぁ?って思ったり。
    殺し方も雑かったり。

    主人公の娘がブサイクやのに、態度悪くて感情移入できない。もう少し、可愛いヒロインがいてもいいやろうに…全てにおいて残念な作品やった。

全8件中 1 - 8件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする