マリアビートル (角川文庫) [Kindle]

  • 507人登録
  • 3.93評価
    • (41)
    • (74)
    • (37)
    • (8)
    • (0)
  • 57レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • KADOKAWA / 角川書店 (2013年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (362ページ)

マリアビートル (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 安定の

  • 伊坂節って感じです。
    シリアスかつ荒唐無稽。
    ちゃんとオチがあるのがよい。

  • レビュー書いたよφ(`д´)メモメモ...
    http://cheeky-supreme.hateblo.jp/entry/2014/01/09/183513

  • 個性的な殺し屋たちのバトルロイヤル的なお話だった「グラスホッパー」の続編。
    疾走する東北新幹線の中で、またまた個性的過ぎる殺し屋たちが能力全開でバトる。前作よりもさらに会話も展開もスリリングで、あっという間に読み終わってました。
    この展開、もっと読みたいかも!シリーズ化熱望な一冊でした。

  • 伊坂幸太郎さんの殺し屋シリーズ第2弾。東北新幹線の車内で「殺し屋」を生業とする業者が戦闘していくという展開。蜜柑と檸檬が死んでしまうのは非常に残念ですが、七尾とスズメバチの対決シーンは良かったです。

  • 物騒なのにポップで最後はスカッとします。クセになる殺し屋シリーズ。

  • 20170913読了
    東北新幹線でのあれこれ。引き込まれた。
    お年寄りの凄さとか、人を殺してはいけない理由とか。

  • グラスホッパーの続編。
    王子にゾワッとしながらも他のキャラクターがよく、個人的には好きな作品。
    軽快な雰囲気でさくさく読み進めることができる。

  • 息子をデパートの屋上から突き落とされた男が、満を持して犯人に仇討ちをしかけるという出だしで始まる。犯人の王子は大人を見下し、人の心理を巧みに操って犯行を重ねていた。
    この”王子”という少年の存在が、いかにも現代にいそうなサイコパスで嫌悪感を抱いた。
    教師を試したり、友人を自殺に追いやったり、AEDを殺人の道具に利用しようとしたり。仲間に恐怖心を植え付けて操っていた。
    中学生とは思えないほどぶっとんでいる。だが、こんな異常な少年に、妙にリアリティを覚えた。
    筆者のフィクションは、現代の社会問題を巧みに織り込んで進行するので面白い。ついつい読まされてしまう。
    そんな王子とは対照的な存在の主人公で息子を病院送りにされた”木村”は、何か大きな力を隠し持っているのかと思ったら、最期までヘタレでちょっと幻滅。
    檸檬、蜜柑、七尾、鈴木、スズメバチというキャラクター豊かなメンバーと、最後に登場する頼もしい祖父母たちに、終始ハラハラさせられた。
    筆者が描く犯罪は、フィクション作品に収まらない現実味がある。それは、現実の社会問題を巧みに織り込んでいるのと、彼の作り出すキャラクター一人一人の言葉、行動に、現代人が共感する部分があるからだ。
    ただ、今回の話は主人公たちが殺し屋なので(業者と呼ぶ)、境遇や行動にかんしてはあまり共感できる部分はなかったが。
    あと、筆者の引用好きは相変わらず。蜜柑の口を借りて様々な本の言葉が出てきた。薀蓄が長いと冗漫になるが、筆者の引用は程よい量で知識欲を刺激される。
    小説家の読書量に感嘆するばかり。いつか彼の本棚を観てみたい。そういう企画が既にないかな?
    同時多発的に数人の主人公が入り乱れて物語を繰り広げる手法は彼の得意技。書評を読んで、「巻き込み型エンターテイメント」と名づけられていることを知った。
    他の作家でこの手法を用いているものもあるが、話の進行のスピード、読者を巻き込んでいく手腕は筆者が一番うまいと思う。退屈する暇が一切ない。
    彼の作品を全部読んだわけではないが、初作の「オーデュボンの祈り」に垣間見えた作風の幼さが消え、最近は構成、進行ともに冴えわたった内容を描いている。



    *この本は「グラスホッパー」を読了してから読むといい(今作に前作の鈴木が出ているから)けど、知らずに本書から読んでしまった。でも十分楽しめた。

  • 通勤帰宅の電車で読んでいたら、読み終わるのに結構時間がかかってしまったな。
    とにかく出てくるキャラクターがホントいいキャラばかりだな。
    グラスホッパーの時もそうだが、まだまだ別の作品で活きそうないいキャラがどんどん死んじゃうのがもったいないくらい。
    他の方のレビューでは王子がかなり胸くそ悪いように描かれているが、アタクシはそこまでじゃない。
    まだまだガキだなーという感じだったかな。
    それにしても、木村の両親の正体がわかった時が驚きだった。
    ホントよい作品。
    殺し屋シリーズもっと読みたいわ。

全57件中 1 - 10件を表示

マリアビートル (角川文庫)のその他の作品

マリアビートル 単行本 マリアビートル 伊坂幸太郎
マリアビートル Audible版 マリアビートル 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

マリアビートル (角川文庫)に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

マリアビートル (角川文庫)を本棚に登録しているひと

マリアビートル (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マリアビートル (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする