クリスマスを探偵と [Kindle]

  • 274人登録
  • 3.56評価
    • (15)
    • (20)
    • (48)
    • (2)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • 河出書房新社 (2010年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (28ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

クリスマスを探偵との感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あっという間に読み終えてしまった。伊坂幸太郎作品はやっぱり面白い。

  • 短編だけど洒落ててよかった。オチは想像と違った。

  • クリスマスが近かったのでタイトル買い。
    井坂さんが学生の頃に初めて書いた小説というのも興味深かった。

    すぐに読み切れてしまうような短い作品だけど、話の展開、慎重な言葉選び、理屈の通ったフィクションなど、今の伊坂作品に通じるところが多く、とてもおもしろかった。
    ひとつ、読点の使い方が最近の作品とは少し違うように感じた。

    圧倒的な存在感はないが、心の隙間を埋めてくれる温かさがあり、個人的には好きな作品のひとつ。

  • 坂氏が大学一年生の時に、生まれて初めて完成させた小説のプロットを使って作られた物語だそうです

    楽しい~作品です(^_^)/

    現在探偵業を営むカール
    クリスマスイブの今、彼は浮気男の尾行中
    話しかけてきた男がいた
    何故か、彼と彼の父親の話をすることになり・・・・・というお話

    幼い頃の家族の思い出
    現状の自分
    そして・・・・・
    クリスマス・イブ

    伊坂氏の短編です
    何も言うことなし!!!
    想像力を働かせてこの世界に没頭してください!!!!

  • 伊坂幸太郎氏が初めて書いた小説の完全リメイク。電子書籍版。 どんな物事も捉え方によって違った見方をすることが出来る。それによって見えていなかった事が見えてくる。そんな話が頑なだった主人公の心をいつしか解きほぐしていきます。そして、主人公がクリスマスの夜にもらった贈り物はとても素敵なものでした。 とても短い作品ですけど、クリスマスにぴったりのお話です。 ぜひ読んで見て下さい。

  • 伊坂幸太郎が大学1年のときに初めて書いたプロットをもとに加筆修正した短編。なぜかドイツが舞台。この頃から既に現在のスタイルを確立しているんだな、と思わされる。いつもながらの伏線と最後の展開が面白かった。

  • 舞台はドイツ。探偵カールがクリスマスの夜に出会った不思議な男とは…?

    伊坂幸太郎が初めて書いた小説で、それをリメイクしたものだそうです。

    ニヒルなようで心あたたまるかわいらしいお話だと思いました。
    現実とファンタジーが素敵に交錯した作品です。

    切り絵の表紙と扉絵がとてもかわいいです。

  • ストレートに童話です。
    伊坂節が効いてるので、ニヤニヤしながら
    読めちゃいます。

  • 短篇なんだけど、ちょっとほっこりするようなお話。
    ものの捉え方を変えると物事がガラッと変わってしまうよねっていう伊坂さんらしいお話だったな。

  • なんとなく…で購入したのだけど、なかなか良かった!
    今の時期にピッタリな内容だったし、大人のための童話かも。
    短い話なのですぐに読めちゃうし、これはオススメかな。

全26件中 1 - 10件を表示

クリスマスを探偵とに関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

クリスマスを探偵とを本棚に登録しているひと

クリスマスを探偵とを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

クリスマスを探偵とを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする